CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
日常していることが瞑想になるということ。 例:禅寺

スウェットロッジ(それ以外のネイティブアメリカンの儀式もやったなぁ)だったり、

ペルーのシャーマンだったり………

 

なんらかの儀式を経て、意識が拡大したことはありました。

 

先日も書きましたがスウェットロッジのあとはぶっ倒れるという形でしたが、その後大きく変化しましたし………

 

ペルーでは儀式中も望んでたような?(予想とは違ったけど、対処できた、笑)体験をできました。

ちなみにこの儀式、某TVで有名Dが体験してたので、そのTV見ながら、かいつまんで感想書いたり、

『この人一つの転生を袋、とか言ってる!』

と超感心したりしました(笑)

 

でも、別に昨日のは………

 

ゲームに熱中してたら、いつの間にか意識状態が書き換わっていた!?くらいなもので(汗)

 

瞑想してたら、意識が拡大してた!

 

なら普通のことなのですけれど(笑)

 

そう考えるとゲームと瞑想は同じなの?って話になってしまうのですけれど………

 

某Gおじさんに個人セッションでこんなことを言われたことがあります。

 

「君最近は瞑想は順調かな?」

 

ちょうどサボってた(!)ところだったので、やばいバレた!と思うと同時に隠し事できないのわかってるので、

 

「いや〜、ちょっとサボっちゃってるっていうかなんていうか〜」

 

と答えると、こうおっしゃるのです。

 

「何も座って瞑想してるだけが瞑想ではなくてね………」

 

「?」

 

「君の場合はゲームが瞑想だからね」

 

とおっしゃる……………!!!!!!!!!!

 

「いや、それであれば、もうサボることなくやらせてもらってます………(笑)」

 

くらいで話は終わったのですが…………

 

これ、意味わかりますか???

 

スピリチュアルでは最初は瞑想だったり、瞑想が難しい場合はリラクゼーションや誘導瞑想などから瞑想に慣れていきます。

 

また、アメリカからやってきた(はやってたし、今もアメリカの本屋さんそれいっぱいある、笑)マインドフルネスも瞑想とほぼ同じだったり密接に関わっています。

日本の本屋さんにも精神世界の本棚にマインドフルネスという文字が踊ってますし、もちろんビジネス書にも。意識高い系?(笑)

スピリチュアル系よりも一般の方に取り入れやすい瞑想方法や呼吸法が提示されています。

なので私には物足りないですが(笑)

 

瞑想をすることで変性意識状態(トランス状態)に入ります。

 

その意識状態になるのは何も瞑想している時だけではなくて、普段でもしょっちゅう起こっています。

 

・テレビや演劇、映画を見ている

・読書

・スマートフォンをいじってる

 

目の前の現実に臨場感を感じるのではなく、それ以外のものに臨場感を感じます。

 

無意識で自然と起こってしまうことですが、意識的に取り組むこともできます。

無意識で起こったのは瞑想中寝ちゃう、落ちちゃうのと一緒で(汗)

意識的だと あらゆることが瞑想 になります。

禅寺はお料理、お掃除、いろんな活動を通して実践しています。まさしくマインドフルネスをやってるわけです。

 

ゲームも瞑想になりうる、ということです(笑)

 

普段ゲームやらない方でも、暇つぶしな感じでテトリスやパズルゲーム(スマホのアプリ)やることありませんか?

 

ダメな時はすぐゲームオーバーでしょうけれど、うまく行った時は延々と続けられたり、ゲームをちょっとやったらすっきりしてたり、なんだか集中しすぎてそんなに好きでもないのにやめられなかったりしたことありませんか?

 

いい感じになった時というのは ゲームが瞑想になった と言えます(笑)

 

とはいえ、普段の生活を圧迫してしまったら単なるゲーム依存、ゲーム障害と言えますが………

 

私に起こったのはどうやらゲームが瞑想になりすぎて、意識の変容があった!!!

 

それもゲームが終わったのに、意識がシフトしたまま、書き換えられた?的なくらいに………

 

ということです。

 

Gおじさんはこれを予想していたのだろうか………?(笑)

 

全くこの話題とは関係ないですが、今日は北斗の拳の日だったらしいので、これ貼っときます(笑)

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
オリャンタイタンボ(ペルーの遺跡)で体験したようなことが家で起こる!(驚)

好きなことに没頭していると、あっという間に時間が経っていたりします。

 

「これをやってると時が経つのを忘れちゃう!」

 

っていう物事ってありますか?

 

私の場合は占いやスピリチュアルに関することはもちろんですが、それと同様にずっとやめられない物事があります。

 

ライブ、読書、ゲーム

 

です(笑)

 

ライブは受身ですけれど、読書やゲームは自分が取り組まないと先に進みません。

 

未だにゲームやめられない!(gaming disorderか?苦笑)っていうのもすごいですけれど、最近は新しいのがスマートフォンですぐにできるのでついついやっちゃうわけです。

 

必ずしも、最新のゲームが面白い!熱中する!というわけではなく、レトロな、超単純なものも大好きです。

 

ドット絵だったり、ふた昔前くらいのクオリティだったり。

 

子供の頃、とにかくわがままいって(テストの点や成績によっても親に交渉、笑)ファミコンのカセット沢山!買ってもらいました。

 

今のゲームと違うとこ?は………

 

「これどうやってクリアするの?」

「これの何が面白いの?」

 

というものがかなりあったこと(汗)

 

巷ではク○ゲーと言います(苦笑)

 

そんなゲームの中でも最高峰なク○ゲーと言われていたものでも………

 

私はどういうわけだか投げ出さず、クリアしたり(と言っても昔のゲームは周回するだけ。難易度は上がっていったりする)していたのです。

 

スペランカーも3周はできましたし………(途中から鍵消えちゃうよ、笑)

バンゲリングベイも全ての敵の工場を破壊し、ほぼノーミスでクリア(っても2周めはじまるだけよ)したりも。

 

ク○ゲーに燃えるのです(笑)

 

つい先日もスマートフォンのゲームにもかかわらず、そんなものに出会いました。

レビューも散々で

『あんなの最初のステージからクリアできるわけない』

『すぐ死ぬ』

『ク○ゲー』

と言ったもの。

 

わたし的には『じゃ、慣れるまでが肝心!ということだろうなぁ〜』と早速プレイ。

評判通りゲキムズ。最初は何も倒せず死ぬばかり。

敵の攻撃ガードしても削られちゃうし、そもそもガードもタイミング合わず(瞬間的にスワイプ!する)全然楽しくない………

 

しかし、そこはゲーマー、徐々に慣れていきコツコツとスライムレベル(このゲームは相手はみんな人間だけど)の敵を倒していきます。それでも強い敵に勝手に絡まれ、また死んで………を繰り返し………

 

ちょっと楽しくなってきて、最初のステージ(15あるらしい、汗)をクリアするのに3時間くらいは経っていました。なんとか夜は明けていなかった頃に………

 

するとどうでしょう………

 

日常的に体験しない感じがするのです………

ただただ静かで、でも広がっていて………

あれ?自分というのはどこに行ってしまったのだ?なんて言う考えもすぐに消えてしまう感じに(汗)

 

深〜く瞑想している時にも似ているけど、普通の状態でこんなことはまずないし………

ペルーのオリャンタイタンボで急に意識が拡大し、身体からずるっと出そうになった時にも似ているのだけれど、身体から出ちゃう感じでもないし………

 

!!!!!

 

言葉にならない体験ですが、心のどこかで(エゴちゃん?)『といっても寝て起きたら元に戻ってるんじゃないの?』なんていうツッコミがありながらも、眠る前はず〜っと不思議な意識の状態だったのです。

 

さて起きてみても………気づいた時の強烈さにはかないませんが、まだ続いているので………

意識の拡大にまつわる本をひっぱり出し読んでみることにしました。

そこには明確な答えはなく、なんとなくこれ?みたいなのはあったのですけれど、全く同じではないし(汗)

 

そもそもどうしてこんなことになっちゃったのでしょう?

 

まるで知らないうちにOSが入れ替えれている感じ(汗)

しかも前のよりいい感じ………!

 

ウォークインではないですが、ウォークイン?って思っちゃうくらいでもあったのです。

 

この体験に似てるカードは以下です。(明日に続く………)

| 不思議 | 23:59 | - | - | pookmark |
スピリチュアル実践できると身体への感謝も生まれます

魂意識と身体意識のギャップがあればあるほど、葛藤が大きくなったり悩んだりうつ状態になったりすることもある

 

ということを昨日の記事であげました。

 

そもそも魂はサバイバルに興味ないですし、身体意識は役に立ちそうもないことには興味がありません。

 

しかし、その2つが合わさっている存在が私たちです。

 

 ビジョンバリバリ見えちゃったりわかっちゃったりして超!魂寄り!

 

ということもあれば

 

 もうなにがなんでも変化したくないし、失敗したくない………と超!身体意識寄り!

(身体意識=エゴではないのだけど、エゴ寄り)

 

になってることもあります。

 

同じ人間でもその時や、取り組んでいる出来事(イベント)によって様々です。

 

台風被害や地震の被害が出ている今現在は身体意識、サバイバル寄りになります。

あまりにびっくりしてしすぎて消えそうになってしまうような人もいますが、大抵はサバイバルや安全を確保するようになります。

 

共通の体験をしても反応はその人によります。

 

ただ、このような時は通常サバイバルモードになります。

 

被災した方は安全な生活が戻ってくるまでサバイバルモードですし(至極当然なことです)、被災していなくてもサバイバルモードになります。

スピリチュアルとかやってる場合ではないですし、天災に対してスピリチュアル的発言をする不思議さんたちもいますが、正直お門違い?的外れです(汗)

 

安全の確保が第一ですし、被害にあっていない人ほど抱えなくてもいい不安に襲われる(妄想?)こともあるので、現実的な備えを改めて確認し、しっかりとする必要があります。

 

ここ見てる場合でもない………ってことですが、ここをご覧になっているということは安全な状態だと推測されます。

 

私たちは魂意識でもあり、身体意識でもあるので、身体の面倒をみることも重要になります。

 

スピリチュアルがいきすぎちゃって(ダメな方に)身体の面倒をみることをおろそかにしたり放棄しちゃう勘違いな方もいらっしゃるのですが、それもスピリチュアルオケラさんです。

 

真にスピリチュアルな存在として生きている場合、身体に対しての感謝、慈しみやいたわりが自然とわいてきます。

 

ま、ぶっ飛びすぎちゃって達磨大師のようになっちゃうくらいまでだったら仕方ないと思いますが(汗)

 

達磨大師は瞑想が気持ちよくなりすぎちゃってその場から動けなくなっちゃって手足が腐っちゃったという伝説の持ち主。

だるまさんって手足がないのはそういうことです(苦笑)

瞑想ジャンキーになっちゃって気持ちよすぎて身体の面倒見ること忘れちゃったんですねぇ………

ヤク中と変わらない気がするんですけれども………まあアリといえばアリなのかな?

 

ここまでいきついたらスピリチュアルオケラ、なんて呼ばないです。さすがに(笑)

 

とはいえ、通常は

 

身体の面倒みない=スピリチュアルと言いつつスピリチュアルのことなんか実践できてないスピリチュアルオケラさん

 

ってことなのでお気をつけあそばせ〜、です。

手巻きライト、ラジオ&充電ができる代物。

ラジオはイマイチでしたが他は大丈夫でした。

私はあとはソーラー式のスマホ充電池と水を濾過するものを持ってます。

もちろんお水や保存食(普段はつまみ?笑)もあります。

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
ウツや落ち込みに自分自身から対処できる認知療法の本!

ある著者の方がおすすめしていた本。

 

「さて、なぜこの本をおすすめするのだろう?」

 

と思いつつ、ウツや落ち込みで悩んでいる方はとても多いですし、ものすご〜く楽観的な私でも、落ち込む時はあります(苦笑)

なので思い切って(あまり期待しないで)購入。

 

コンパクト版をご紹介させていただきましたが、私が購入したのは完全版なので、これよりプラス1200円。

CDよりも高いし、DVD的な値段?しかも手に取ってみるとめちゃめちゃ分厚いし読めるの?と疑いつつ読んでいきました。

 

翻訳の問題が少しありますが、スピリチュアル系の本に比べたら大したことないです。

スピリチュアル系の本どんだけ適当なんだ?!って思いますけれど………

 

内容は医師が患者さんに向けて書いているので、学術的難しさはなく、認知療法の例やワークがあげてあります。

 

チェックリスト方式になりますが、うつの度合いもしっかりとわかるテストもありますし、認知の歪みを自分で修正していけるワークも。

とても丁寧に書かれていて、わかりやすいです。

 

うつと診断されている方、そしてお薬を摂っている方にも対応していますし、いわゆるうつ状態、落ち込みの状態にある方にもとても効果的です。

 

スピリチュアル的に言うと

 

エゴ的なものの見方

 

のおかしさ、歪みをきちんと指摘されていて分類されています。

 

これを認知の歪みといい、以下の通りになります。

 

・全か無か思考 all-or-nothing thinking

・一般化のしすぎ overgeneralization

・心のフィルター mental filter

・マイナス化思考 disqualifying the positive

・結論の飛躍 juming to conclusion

  その1 心の読みすぎ mind reading

  その2 先読みの誤り the fortune teller error

・拡大解釈と過小評価 magnification and minimization

・感情的決めつけ emotional reasoning

・すべき思考 should statements

・レッテル貼り labeling and mislabeling

・個人化 personalization

(むむむ、訳がもったいないなぁ………汗)

 

スピリチュアル用語でいうと上記のものをひっくるめて

 

ジャッジ

 

といいます。

 

ジャッジにもいろんな種類があってネガティブはまあ大体上記のとおりです(汗)

落ちこみやうつ状態、もちろんうつ病の場合はネガティブ、悲劇的、悲惨な感じになります。

 

エゴは生きるために わかっている必要 が常にあるのでジャッジしちゃうのですけれど、ネガティブにジャッジしまくってる場合はうつと言えます。

 

私にとって衝撃的だったのはうつ病というのは(例外もあるようですが)大抵21歳以降に発症するということ。

 

これって………魂意識が完全に優勢になる時期と同じなのです。

 

ってことは身体意識やエゴが置いてけぼりをくらったのか?はたまた駄々をこねて泣く子のようにサバイバルにとどまっているのか?………

 

そんなことからもうつ状態や落ち込みに入るということがわかります。

 

多くのリーディングの経験から、

 

 魂意識と身体意識のギャップが大きすぎる場合に葛藤を抱えたり、落ち込みが激しくなる

 

のはわかってはいたのですけれど、医学的に見てもそうとも言えるのか〜!

 

生きてて落ち込まない人っていないと思うので………

 

興味のあるどんな方にもおすすめの本です。

 

もちろん『今落ち込んじゃってるよ!』って人にも。

目からウロコが落ちたり、エゴ的なものの見方から離れられると思います。丁寧にワークをやれば。

 

現在うつ病にかかっている方も認知療法からのアプローチが自分からとれますし、認知療法からもお薬からも治すことができることがわかるでしょう。その場合(お薬のこと知りたい場合は特に)は完全版の方がおすすめかも。

 

また、身内やお知り合いにうつ病、うつ状態の方がいらっしゃる方にもおすすめです。

どういう世界を見ているのか?がわかりますし、ご自身はそこまでいかなくても共感できるところもあると思います。

理解が深まります。

 

取り寄せなくても、ちゃんと近所の有隣堂に置いてありました。完全版もコンパクト版も。

ロングセラー&本当に役に立つし必要とされているのでしょうね〜

 

ちなみに完全版こんなに分厚いの(汗)読むのにうつ?かも(笑)

それは本文中にも触れられていました。

バーンズ先生はユーモアもあるし人間的で魅力的な先生です。

 

完全版は辞書並みに厚い!

コンパクト版はこれの3分の2くらいです。

| | 23:59 | - | - | pookmark |
風に弱いのも命式どおりだった(汗)

昨日寄り道したところ………

クーラー強めで涼しいのはありがたいのですが、風が結構当たります。

 

軽い食事とのんびりお酒とお茶もいただいたりしていたので………

だんだん寒くなってきました。

 

家帰ったら………お腹こわしてました。

 

私自身は算命や推命でみると火がそこそこあるので、温めすぎたり暑すぎるのが苦手

 

という話は度々お伝えしていますが、ちょっと新しい?ことがわかりました。

 

暑さはもちろん苦手ですが、

 

カラカラ、乾いちゃった!

 

があるとさらに体調を崩すということが判明。

 

一番体調崩したのはスウェットロッジ(笑)

ネイティブアメリカンの儀式なので変容や浄化も意図してますので当たり前といえば当たり前ですが、ぶっ倒れたのは私のみ(汗)

その日の夜一番豪華なお食事会だったのに、寝込んで食べられず………

 

その代わり某L女史が心配してくれてフラワーレメディ買ってきてくれたり、なんと滅多にしないヒーリングまでしてくれて………

貴重な体験ではあったのですが。

 

他にもサウナ、ハーブテント、岩盤浴………

 

一般的には身体を温めるのはいいこと!

 

とされているので一通り試しましたが、まあどれも体調悪くなっちゃう。

ギリギリなんとか大丈夫?なのがゲルマニウム温浴。肘くらいまでつけるタイプのもの。

全身じゃないのと、適度な汗なのでよかったのでしょうか?

 

無理やり汗かく系がどうもダメ!なのはわかってましたが、昨日と似た感じで前にこんなことがあったのです。

 

ライブ見ていて、最前列で張り切って!ワイワイやっていたのですが、めちゃくちゃ暑いのに空調を全くライブハウス入れてくれず。

そろそろ本編終わるか?くらいの頃にやっとクーラー入ったのですが………

これがまあ最強な感じで入れてるわけですよ(文句)

 

そうしたらアンコールの時に………

汗が一気に乾いただけでなく、めまいがして、立ってられなくなりました。

しゃがみ込んでしまったのです。

なんとか立ったりもしましたが、どうにもダメで………

 

急な冷風のせいでアンコールの際に披露された新曲まともに聞けなかったじゃないかよ!(怒)

 

これ人災(苦笑)

 

ま、こんなに怒ってる割には昨日調子崩して、あれ?これってもしかして………暑さだけじゃなくて………!

 

とやっと気づいたくらいなのですが〜

 

中医学には風邪(かぜ、じゃなくて ふうじゃ と読みます)と言います。

風が身体にあたることによる悪影響のことを言い、体表の熱を奪い皮膚や粘膜を乾燥させてしまうことを表します。

 

私たちが普通に風邪(かぜ)と使ってますが、ここからきているようです。

 

確かに風邪引く時って乾いている時ですね。

 

占いの話に戻ると私自身は五行(木、火、土、金、水)の中で陰占(わかる人にはわかる!)では水が一番少ないので………

 

速攻乾いちゃうのでしょうね(汗)

そして水を増してくれる金を取り入れると水が減らなくていい感じなのです。

とはいえ、水多すぎてもダメなので バランス なんですけれども。

 

私はもちろんなのですが、風や乾燥に弱い方………単なる風でも身体にとってはよくないことも多いので気をつけましょうね〜

タロットではそんな吹きすさぶ風の中に怪しい人が立ってます。

後ろのギザギザは嵐を表しています。

| 健康 | 23:59 | - | - | pookmark |
誰にでも経験がある?! 魂の導きあるある

午前セッション。

 

「こうじゃなきゃいやだ!」

 

ってことでどなたにもあると思うのですが、必ずしも

 

こう!

 

でなくても………

 

という件。

 

人間はエゴレベルが悟っていない限りある(悟っていても消えたわけじゃなくてエゴにフォーカスしていないだけ)ものなので

どうしても自分の思う通りでないと悩んだりヤキモキしたり、心配したり、時には怒ったり恨んだりするものです。

 

なんですけれどもエゴを超えたところ、どういった呼び方でも構わないのですが………

 

魂、ハイヤーセルフ、大いなる自己、大我、etc

 

の導きにより、エゴレベルでこだわっているのよりも実はよかった!!!

 

という風になっていることが多いです。

 

例えば

 

『どうしてもこの人じゃなきゃ嫌!ダメなら死んでやる!』(笑)

 

くらいに思っていても、後で振り返ってみると

 

『あ〜、あんな人(失礼、笑)と一緒にならなくてよかった!うまくいかなくてよかった!』

 

ってこと、経験されたことありますよね?(汗)

 

これはエゴのレベルではその目の前の方に執着していても、魂、大いなる自己、ハイヤーセルフのレベルで

 

『いや、それ(失礼〜)じゃないほうがいいよ!』

『もっと別の人みようよ!』

『その人とできることや課題(カルマ)は終わったから!』

 

っていう導きがあって、実際にそうなっていく、ということです。

 

時間が経った、正確に言うとご自身が成長したこと(エゴレベルがゆるまった)で悩んでいる時にはわからなかった視点がわかってきます。

 

その時は苦しんだけれども結果オーライ!

 

的なことは魂の導きに従えたり、自分自身が成長できたり、という証だったりします。

 

反対にいつまでも、時間が経ってもず〜っとこだわっていることがあるのだとすれば………

 

その件に関してはエゴレベルにとどまってしまっていて、成長できていない、とも言えるのです(汗)

 

午後は7月に台風でお流れになっていた楽しみなセミナーへ。

 

職業柄、ものすごく相談される分野のセミナーで、死ぬほど本も読んでいるし、自分の人生でも色々ガチ!でやっていることではあるのですが、基本独学なので、改めて学ぶのははじめての分野。

 

ぐっと詰まった濃い〜〜〜!エッセンスを教えてくださり、抽象度が高く、めちゃくちゃ腑に落ちました!

受講生のご質問の中からその高〜い抽象度から具体的なことも教えてくださり、

『そこはそういう風に実践するのか!』

ととってもためになりました。

 

巷では諸説ありすぎたり、なんだか偏っている?おかしな感じになってしまっている分野のことだったのですが、独学でやってきたことも変な情報やら変な説に惑わされず、まぁよ〜やった(自画自賛)とも(笑)

 

これ今後セッションで必要であろうという方にはオススメする可能性高いです。

なんのことやらさっぱりでしょうけれど乞うご期待!

ちなみにスピリチュアルや占いではありません〜

 

帰りはものすごく衝撃を受けたので、まっすぐも帰れずちょっと飲んでから帰りました(笑)

 

以下寄り道の際に見つけたもの。習ったテーマとも関係あるのか???

あるといえばある(笑)

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
目的をかる〜く決めると………寿命が延びる?!

やりたいことが見つからない………

 

そんな話をつい先日も聞きましたが(セッションではないけど)、年齢が若い場合には迷ってる?的な感じで全く構わないですが、年齢が上がれば上がるほど………

 

あんまりおすすめできません。

 

アメリカの調査ですが、退職後2年(それより短かった)経たないうちに亡くなってしまう方が多いのだそう。

 

セッションの中でも

 

「もうすぐ退職なのに病気になってしまった」

「亡くなってしまった………」

 

なんて話もうかがうこともあります。

 

人生と旅は似ていて、何か目的があれば輝きますし、期間延長が可能です。

オプション?な感じで滞在を延ばす、のと同じです。

 

目的のない旅って想像してみてください………

 

もともと行き当たりばったり大好きな人にとってはその日目覚めた時にやりたいことを決められてとても楽しいと思うのですが………

 

そうでない人にとってはこんな悩みが出てくると思います。

 

パックのツアーの場合(通常の人生?笑)は

『今日はどこに連れて行かれるんだっけか?』

『なんで5時おき?』

『え〜と、そのお土産や行かなきゃなの?』

『いろいろ行くけど、どこも似たりよったり。何が面白いの?』

 

個人の場合(レールから外れた人生?笑)

『あ〜、今日は何しようかな………』

『あ、やばい次のチケット押さえてないぞ』

『○○行きたい気もするけど………予約しないとダメだった?』

『ホテルにいてまったりもいいけど………何しに来たんだろう?』

 

みたいな感じになります。

 

旅やめたくなっちゃいません?

 

人生も同じです。

 

特に目的なないとやめたくなっちゃいます。

 

意識的にそう思ってなくても………

 

やめちゃう=死に近付きます(滝汗)

 

なぜ目的が決められないのか?

 

それはだいたいの方がご大層なものを決めようとするからです。

 

目的の内容にいい悪いはないんです(汗)

ものすっごくしょーもないことでもいいので、目的があれば旅も人生も楽しくなるのです。

期間が自動的に延長されていくのです。

 

私も今旅行の計画立ててますが、第一の目標はライブですけれど………

ライブがない日だってあるので、目的をこんなものにしてみました。

 

・世界の車窓から〜みたいな列車の旅。乗り鉄とも言う

・まあまあの都会をブラブラ

・その土地の偉人に触れる。偉人が本書いた宿に泊まったりも

・美味しいお酒を飲む(通常運転、笑)

・スピ系店巡り(やはり通常か、笑)

・ガイドブックにあまり載ってないところにも行ってみる

 

世界遺産の街もありますけれど、いわゆる観光!ではあまりないです。

むしろ自分が住んでいないところで、普段のように楽しむな感じ(笑)

 

飛行機も列車もすべて自分で調べて手配ですけど、それも面白いんですよね。

テーマ決まってるので、難しくないのです。

 

しょーもない目的ですが、ワクワクします(笑)

日本で言えば新幹線のぞみorひかり停車駅で降りて、そこの街を楽しむみたいな感じですね(笑)

秘境には行きません。秘境はマチュピチュやらアラスカの氷河やら行ったことがあるので今回はパス〜

 

ご大層なものでなくていいので、人生でも自分なりの目的があると楽しいです。

○○食べ尽くす!とかでも全然構わないんです。

行動範囲や人間関係も広がったり深まったりします。

 

目的がないのがダメとかではないです。目的見つけようと悩みすぎる?自分探しちゃう人もいますけど………

 

割とかる〜く目的を決めてみると、より大きな目的や、小さな目的同士が組み合わさってより大きい青写真?ビジョンが見えてくることもあるんですよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
プロテクションや浄化より効果的な 人混み人酔い対策

人混みや混雑してる場所が苦手………

 

そういったお悩みを伺うこともよくあります。

 

ヨガやったり瞑想やったりその他諸々スピリチュアル系に関わってしまうことで変に敏感になってしまうと、よりそういった環境や場所が苦手になります。

 

やたらめったらエネルギープロテクションや浄化にハマる!方々もいらっしゃいますが、それずっとやってたところで、不便さは変わりません。

 

エネルギー的な保護や浄化が効果がない、ということを言いたいわけではありません。

効果はあります!

 

でも………それってめんどくさくないですか?(笑)

 

もちろん必要があればプロテクションや浄化はした方がいいです。

ただプロでもないのにそればっかに時間使うのってどうかと思いません?(笑)

 

簡単な方法?というかコツがあります。

 

 目的がないのに人混みや混雑の中に入っていかないこと!

 目的がある時だけ、またはどうしてもそういうところに行かなければならないのなら目的を持っていく!いる!こと。

 

これに尽きます。

 

目的がある時というのはオーラやら意識が集中していて他のことに気を取られないのです。

 

気をとられる

 

まさしく気=エネルギーがとられちゃう、のです。

 

目的があれば気をとられる、エネルギーを取られることはないのです。

 

最初にあげたように霊的に繊細になっているという理由も大いにあるかもしれませんが、そもそも人混みなどでおかしくなっちゃうのは、

 

ぼーっとそこにいたんじゃ?

何スキある感じでそんなとこにいるのよ!

 

ってだけだったりもします。

 

私自身のことで言えば、目的がない時に渋谷のスクランブル交差点や新宿や池袋に行ったり、いたりしません。

渋谷はしょっちゅう行きますが、ぶらりと行く時は、スクランブル交差点を通らなくていいルートでぶらりします(笑)

交差点を突っ切る!時はライブやらセミナーやらに行く時です。

のんびり通過せず、サクサク突っ切っていきます(笑)

 

そういう感じだと人酔いはしません。

 

オーラの観点から言えば、絶対に広げちゃダメ!です。

オーラをシュッと身体のそばに寄せてできるだけ小さく!コンパクト!にします。

そうすると密度が濃くなり、空いている箇所がないので、何も拾うことはありません。

 

オーラ=大きい方がいい!

 

という誤解があるのですが、オーラ大きくしてると、他の人々がいるところではまあヤバイ!です。

お勧めしません。

 

コンパクトにしててもオーラ大きい人、後光さしちゃってる人!はそれでいいですし、スターはコンパクトにしてても目立ちますね。

ま、オーラ消したかのように超コンパクトにしてたり存在感なくしてたりして普通にその辺にいるスターもいますけど。

 

人混み、人酔い対策には目的!大切ですので、覚えておいてくださいね〜

| ヒーリング | 23:59 | - | - | pookmark |
簡単に!才能を知る方法

才能は 魂 の分野、すなわち別の転生などによるのではなく………

 

身体に依存する

 

ということを昨日の記事でお伝えしました。

 

占いとかスピリチュアルとかに頼らずとも、簡単にわかる方法があります。

 

家族、親族、ご先祖様たちと共通のDNA、身体を持っているわけですから、彼らの持っている才能をみればオッケー!なのです。

 

体質と同じです(汗)

 

家族、親族、ご先祖様たちがかかってしまった病気や体質と似ているところがあると思うのですが、それと同じです。

 

スピリチュアルな話によせると、見えないものが見えちゃう方ってやっぱり家族や親族、ご先祖様たちに見えちゃう方っていうのがちょいちょいいらっしゃるんですよね。

 

見えない世界が見えちゃうのは才能!ではもちろんありますけれども、体質といってもいいでしょう。

 

別にスピリチュアル系のことやりたいわけでもなければ、単にいらない機能っていうか、邪魔なだけだったりします(汗)

 

スピリチュアル系のことをやらない方で、

 

「見えちゃうのですけど、どうしたら見えなくなるんでしょうか?」

 

っていうご相談をいただくこともあります。

 

なんだか勿体無い?羨ましい話ではあるのですが、ご本人にとっては切実です。

 

いちいちいらない情報?いや見えない人に会っちゃって困るのですから(汗)

 

そんな場合は見えなくなるやり方(完全に!は難しくても気にならなくなる方法)をお伝えしています。

 

そして「おかげさまで見えなくなりました!」とのご報告もいただきます。

 

いや…………お金かけて(苦笑)見えるように(と言っても素質はあったようだが)なった私としてはなんだかちょっと寂しい気もしますが…………

 

好奇心や興味は魂によるところがあるので、やって楽しいかどうかはまた別の話だったりもするのですが、家族、親族、ご先祖様がやっていたことであればまあできる!というか食べていける可能性が高い!ということです。

 

身体の基本設定、性能、スペックがそうだから!もありますけれど、環境的なものも加わって、より自然と才能を磨くことができます。

 

ちなみにうちの家族はみ〜んな事務作業得意!(細かい)ですが………

 

私は最も得意ではないですけれども、確定申告やら事務的なこと全部自分でなんとかやれますので、それも才能といえば才能です。

 

反対に彼らは占いとか興味ないですけれども………

 

母はどう考えても私より霊感あるし(笑)父は植物や動物と仲良しでものすごいヒーラーだし(笑)

 

似ている才能というのが見受けられます。

 

手っ取り早く才能を知りたければ、まず周りを見ろ!ってことです。

 

結構シンプルです(笑)

才能は天からの贈り物というよりは、身体や母なる大地、

地球からの贈り物!という方が正確なのかも?

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
過去世やってたことやれば成功するのでは?という疑問

「自分の基本設定というけれど、魂の使命や目的があるわけで、それが生年月日からわかるというのが納得いかないんですけれど?」

「アカシックとか読めないと基本設定やスペックってわからないのではないですか?」

 

そんな疑問があると思います。

 

私もありました。

 

もともと占いから入っていったので、西洋占星術などで生まれた場所、時間まで使っていくと魂的なものが垣間見えましたが、

 

『生年月日で大体分かるけどそれで判断してしまっていいのかな?』

『いや、やっぱりスピリチュアルな能力で見ていけた方がいいのでは?』

 

と思い(占いやってただけでは判断できなかった)スピリチュアルなものも積極的にならい、取り入れていきました。

 

結果わかったのは

 

いくら過去世や別の転生で○○していたからといって必ずしもそうなれるわけじゃない!

魂だけよんでればオッケー!ってわけには………全然いかないじゃないか!!!

 

ってことでした。

 

地球上に身体を持って生きているので、身体の持っている基本設定というのに影響を受けるのです。

 

例えば私自身は某G氏のセッションを何度も受けていて、いろいろな転生の話を聞いています。

 

もちろん(笑)男性の転生が多く………なんと!元祖オリンピックにも出てたのでは?

 

という(爆笑)

 

じゃあ、今世、オリンピックに出られるのか!?っていうと………

 

そんなわけないじゃないですか(汗)

 

学校で一番嫌いだったのは体育。

よくて3。大体2。

 

身体を動かすことに興味のある両親の元にも生まれず、本人も全く身体を動かすことに興味なし!でした。

体育教師の言うこと聞きたくないし。論理的じゃなくてわけのわからない根性だから。

 

その代わり!と言ってはなんですが、ゲーマーとしては優秀。負けず嫌いだし、勝つまでやるから。

ご飯も食べず(笑)

 

私が自分で生年月日のありとあらゆる占いで見ても、体力的には全く恵まれていません。

ただ………気合とかはあるのですが。

 

要するに身体を持っている以上、その身体でこの現実の中で表現していかなければいけないという制限があるので、身体の基本設定やスペックに依存するということになります。

 

興味の方向性などは魂でわかりますが………

 

何ができるのか?っていうことは

 

身体

 

をみなければ何とも言えないのです。

 

何ができるのか?=才能 と言い換えることもできます。

 

才能はあなたの肉体、身体に依存しているのです。

 

いくらどれだけ気力やら根性があるからといって体力的に恵まれていなければ、オリンピックは無理(馬術とか射撃とかアーチェリーとかはありでしょうが)なのです。

気力、根性だけではアスリートにはなれないよ!ってことなんです。

 

基本設定、スペックをみるにはアカシックでも一つ一つの転生が書いてある 人生の書 を読むのです。

 

スピリチュアル系の方でたまに占いバカにされてる方もいますが、占いもバカにできません。

下手なスピリチュアルリーダーよりもきちっと占い勉強されている場合の方が才能の活かし方というのはきちんと読めるからです。

 

スピリチュアル=万能ってわけでもありません。

 

占いにせよ、スピリチュアルにせよツールというかアプローチ方法が違うだけで、どちらにせよしっかりやっていく必要があるのです。

| リーディング全般 | 23:59 | - | - | pookmark |
<< | 2/292PAGES | >>