CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< 大阪セッション1日目 春分の日 | main | 式神、使い魔の立候補?リクルート(笑) >>
大阪セッション2日目 占いやスピリチュアルの提供の仕方によっては………しっぺ返し?

 

セッションに集中日。

 

ミラ通信でも、セッションでも

 

「え?嘘?12星座占いの木星が云々で今年の運気が悪いと思って消極的なの?」

「え?12年に一度の幸運期だからなんでも上手くいくと思ってたの?」

 

ってツッコミをすることあります。

 

占いを使う側の知識のなさ、が根本ではなくて………

 

占いを提供する側の

 

・そもそもの知識のなさ

・知識があってもそれは使う側の問題と考えて使う側に任せるといえばいいが押し付ける

・知識がないことも、使う側の自己責任とも考えないいい加減さ

 

が起因していると考えています。

 

占いやスピリチュアルってきちっとやってみれば

 

 本当に使える!

 リアルでも幸せになれる!

 

ものなのですが、

 

提供する側にも関わらず知識がない人はそもそもきっちりやってないのでそういう体験がないし………

 

そういう体験があったとしても、使う側の自己責任と考えている(ある意味確信犯)人は自分さえよければよくて………

(噓も方便、の元の意味。教えを伝えるには嘘もあり、というね)

 

知識がないことも、使う側の自己責任とも考えないのはやっぱりきっちりやってないからなのが1番の理由ですが、そもそも人様に提供することの意味を考えてない自分さえよければ、そして確信犯にもなれないといういい加減さがあって………

 

占いやスピリチュアルを提供する側としてまだマシなのは実は2番目の、自分さえよければいい? と私は思っています。

 

なぜなら、提供する際に、自分自身が使っているほどは提供できないけれども、提供の仕方(メディア、ワーク、セッション)を変えたり、報酬の上下などでもっといいものを提供することもできはするからです。

 

一流料理人が自分の店では最高級のおもてなしをするけれど、商品開発にも参加したりする、的な。

 

ですが、1番目と2番目の知識がないとか、知識がないことと、知識があったとしてもまあ別に提供することに対してどうでもいい!という姿勢は、

 

 そもそも提供する側としてふさわしくない

 

と私は思ってます。

 

占い、スピリチュアルの情報や方法って使われ方によっては危険なんですよね。

 

確信犯でやってれば鵜呑みにする人がいるのもわかりつつやるわけだから手心?が加えられるけど………

 

手心も何も

 

知識がなさすぎて「12星座占いで全部わかるもん!」

 

色々曖昧で「まあよくわからないけど、出しちゃえ!」

 

だと占いやスピリチュアルの情報を受け取る側の方々に多大なる悪影響を及ぼします。

 

前者は、そもそも結果が違うとか(笑い事じゃないけど、笑える)。

本当にいいタイミングや悪いタイミングの見極めもできないし、そもそも適職や天職などもわかりません。

たまたま太陽サインと同じ!って場合じゃなければ(笑)12分の1でわかる!じゃ話にならない(怒)

 

後者は味見も毒味もしてないのに、人には出しちゃう、提供しちゃうというとてもいい加減なものです。

 

前者は知識を身につければ治るかもしれませんが………

 

後者は知識の問題ではないのです。知識があったとしても、いい加減な態度で人様に提供し続けるでしょう。

 

ワークなどしてて頭を抱えるのはもちろん後者の方です。

 

 人間性の問題

 

といってもいいかもしれません。

 

ただ占いやスピリチュアルの場合

 

 思わぬしっぺ返し

 

が来ることがあります。

 

一番しょーもないしっぺ返しとしては

 

 占いやスピリチュアルで得た情報がだんだん混沌としてきて………

 最終的に全く当たらなかったり、使い物にならなくなったりします

 

スピリチュアル的にいうと お伺いを立てたり、情報を得たくて得たものを きちんと受け取らないばかりか、人様には適当なものを投げかける というめちゃくちゃな姿勢をとっているからです。

 

占いが当たらなくなるのは、あるある!です。

(むしろ占いの側から、

『お前がいい加減だからこれでいいだろ?』

『まあ当たるわけないでしょ?』って教えてもらえてるのだけど)

 

スピリチュアルの場合は、私がスピリチュアルオケラと呼んでいる、スピリチュアルやってるのに幸せどころか、不幸になっていく人!になっていくだけです。

 

今日セッションで一番最後の例を見てしまったんですよね。

 

すごいいい加減なの。

 

それやってても、誰のためにもならないし、むしろマズい方にしかならないんだけど………

 

そして「占い当たらなくなってもいいの?」ってお伝えしたけど………

 

わかってるのかな?

 

占い当たらなくなるくらい、っていうのは一番最低レベルで、それってマズい方向の第一歩だから………

 

第一歩どころか、知らないでマズい方向に行く道に進み続けている、ってわかってるのかな?

 

本人の人生、そういうこと続けるとちぐはぐになっていってしまうのだけれど…………

 

まあ 人間性の問題 なので一朝一夕でなおるとは思わないけれども………

 

なおそうと思わなければなおらないですしね。

 

やはり占いやスピリチュアルやる上では最低限のリテラシーや向き合い方が必須なのでは?と改めて思いました。

 

個人の趣味レベルであれば、まだしも、提供する側は間違いなく必要だな〜、と。

 

ただそもそも人間性がまとも、であれば問題にはならないんですけれどもね。

 

超悪人でまとも、って場合もあるからなんともまあ(!)ですけれどもね

(笑。意味わからないかもしれませんが、そういうのもある。悪を徹底してるといってもいい)

 

 

飛行機好きの撮る富士山

| 占い、スピリチュアルリテラシー | 23:59 | - | - | pookmark |