CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< 12月大阪セッション追加枠 & 年末のセッションについて | main | 1月京都出張セッション >>
目覚めすぎて霊的なものと付き合っていく方も

『霊感があったらいいなぁ〜』

『オーラが見えたらいいなぁ〜』

 

と思ってらっしゃる方もいらっしゃると思います。

 

私も小さい頃はその一人でした。

 

一方………

 

『いや、なんか見たくないものが見えちゃうんですけど………』

『なんか変な声聞こえるんですけど………』

 

というご相談も受けます。

 

今日の事例は前者ではなく、後者の方(汗)

 

何かとり憑いていることがあったとしても、気にしなければいなくなったり、

ご本人の心持ちでどうとでもなるのであまり指摘しないようにしているのですが、

あんまりにもひどいと………

 

当然お伝えすることになります(汗)

 

以前にそれをお伝えしたのですが、いっときよくはなったのですけれども、

その後も怪奇現象が連発しているという………

 

今回の怪奇現象はちょっと怖すぎるので具体的にはここには書かないですけれど………

 

典型的、一般的なのは気配だけでなく、

匂いがするもの。

 

タバコ、香水などがとてもわかりやすいです。

死霊にしても生き霊にしても(こわいでしょ?)

 

通常、そこまで霊的に敏感でなければ、その原因さえなくなってしまえば

なんとかなるものなのですが、ものすご〜〜〜く敏感な方な場合は………

 

とってもとっても(除霊ってやつだ)またくっつくので、自分でなんとかする必要があります。

 

本日お伝えした手法は

 

・スマッジング(実演もした、笑)

・アロマを焚く(ミルラだった)

・鏡を使うやり方

・ぶっ飛んでくる(汗)ものが嫌うもの、絵や像を置く

・見取り図を使った、自分でできる結界?浄化の仕方

 

などでした。

 

霊的防犯対策みたいな感じといったらいいでしょうか?

 

通常気にしすぎることはありません。

先ほどあげたように気づかなければいなくなっちゃうので(笑)

 

しかし、分かっちゃう場合、鋭すぎる場合だとそうはいかないってことです。

 

対処法としては

・霊的なものを閉じる、関係ない方向でやっていく(完全に閉じるのは難しいが、ある程度はなんとか)

・むしろ霊的な繊細さ、感受性を利用して使いこなしてやっていく

 

なのですが、今回は使いこなさなきゃしょうがないところまで開いて?目覚めてしまったので、

色々レクチャーしてみました。

 

このやり方が正しい!

っていうのがあるわけではなくて、本人なりにやりやすいやり方を身につけていくのがいいんです。

 

ある一定時期修行じゃないか?ってくらい霊的現象が起こりまくることってあるのですけれど

(私もむか〜し、あった、笑)

対処していけたり、付き合っていければ怖いとかあまりなくなってきて、

割と自然とできるようにもなっていくんですよ〜

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |