CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< 7月大阪セッション受付終了いたしました | main | 久々にミラ通信送信! >>
アバター、化身………人生のキャラは身体?

3ヶ月に1度の歯科。

ちゃんと歯磨きできてるかチェックしてもらう&歯磨きだけではできない歯石などをとってもらいます。

 

治療は終わっているので歯科衛生士さんのみ。

 

1ヶ月ほど前から歯ブラシを変えたせいか、表面が上手に磨けていなかったのがショック(汗)

 

身体って自分で動かせたりするのに、ぜんぜ〜んわかっちゃいないから…………

 

身体に魂?意識?が乗っかってるって実感します。

 

アバターとも言います。

 

avatar ヒンズー教、仏教からきているのでサンスクリット語のアヴァターラが語源。

 

化身、っていうのですけど、この日本語自体分かりづらい(笑)

 

広辞苑第6版によると………

 

1〔仏〕衆生済度のため神仏が形を変えて人間としてこの世に現れること。またそのもの。生れ変り。

2 神仏・異類・鬼畜などが人間の姿をとって現れたもの。また、歌舞伎で、これに扮する時の隈取。

 

だそうです(汗)

あれ?アバター=キャラクター的な意味合いがないぞ。7版には載っているのかな?

 

Oxford Wordpower Dictionary は簡潔で

 

1 (in Hinduism and Buddism) a god appearing in a physical form

2 a picture of a person or an animal that represents a particular user on computer screen

 

とあります。

 

通常、神が人の形となって現れている状態をアバター、化身と言います。

 

シヴァの化身であるババジが有名です。

シヴァは神ですけれど、ババジは人間?物理的形態、肉体を持っています。

シヴァのアバターがババジってことです。

 

分かりやすく言うと、ここの次元に神様が遊びに来たいのだけど、そのままでは肉体を持っていないのでフルに遊べません(笑)

なので、人間の身体とつながって、人間として(中身神だけど)現れる、ということです。

 

同じことなので、キャラをゲームやソーシャルメディアでは選んだり作ったりしますけど、そのキャラのことをアバターと言います。

 

で、スピリチュアル的に言うと(やっとたどり着いた、汗)

 

魂が神の部分であって、肉体はアバターである、ということです。

魂が人間の体に入って(って言っても魂のほうがでかい!ので入りきってはいない)人間として遊んでいる、ということです。

 

あなたがマリオ(古いけど、笑)をするとしましょう。

 

マリオはアバターであなた自身がマリオとは言えませんが………

熱中すればするほど、マリオがやられたりすると「イテッ!」とか言ってしまいます(笑)

マリオはキノコをとって大きくなったり、ファイアーボール投げたり、スターをとって無敵になったりしますが、あなた自身に何か変化があるわけではありません。ただゲームをしていて面白い!ってなっています。

 

と言っても、プレイヤーは死んだりしないし(マリオは死んじゃってゲームは終わる)変化はないはずですが、ゲームは上達しますし、ゲームの中の体験ですけれど興奮したり、極端な例だとその経験を人生で役立てることもできます。何回死んでも諦めない!なんていうことなど。

 

プレイヤー=マリオ

魂=肉体

 

と同じ風に考えられるのです。

 

いつも思うのは、本当に私自身が肉体であったなら、もっと色々わかってもいいはずです。

調子が悪くなればその理由をわかるのはもちろん、そもそも調子悪くなる前にわかってもいいし、健康でもその時の肉体的な情報………強みや弱み、体質だってわかってたっていいわけですから。

 

身体を動かすことはできるけど、意識は保っていられなくても心臓も動いているし、呼吸もしているし、いろいろ体はやっていてくれているわけです。

身体を自由にすることはある程度できても、全部コントロールしたり、わかっているわけではないです。

 

それってゲームのキャラと似てませんか?

ゲームのキャラをコントロールはできますけれど、どういうプログラミングでできているか?どうやって作られたか?なんてわからないわけです(笑)

 

ゲームのキャラと同じくらい、自分の身体のことをわかっていない、ってことも言えます。

 

そういう考察をしていくと身体自体が生き物なんだなぁと実感すると同時に、自分=身体でないのかもしれないということも浮かんでくるわけです。

 

自分=身体の部分はあっても100%でないのなら………

 

身体の面倒を意識的にみる必要がありますし、わからないことがあっても仕方ないわけです。

 

病気になったり、身体が思うようにいかないと、ブチ切れちゃう人もいらっしゃいますけれど、それって身体という生き物に対して厳しすぎるような気がします。むしろこちらが溜めてしまったストレスや、身体の扱いがわるいにもかかわらず、身体が引き受けてくれているんです。

 

そう考えると身体をもっといたわることができますし………

 

アバターという視点から見れば、この人生を楽しんだり純粋に体験していくことが私たちのやりたいことなのかな?ということにも気づくでしょう。

 

ゲームのアバターのマリオが画面の中で縦横無尽に活躍できると気持ちいいじゃないですか?

私たちも人生の中でいろいろな体験ができれば、それはきっと私たち(と言っても体じゃなくて意識)も気持ちいい!楽しいということだと思ってます。

 

↓うちのアバターたち(笑)ココペリさん。18年ほど前にセドナで購入。神様なのにこんなにかわいい〜

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |