CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< 「いつ○○できますか?」 時期を知りたいのはわかるけど……そもそも起こるのか?という問題 | main | 私の周りに夏好きが多いのは………知らなくても自然とひかれる命式から見る相性。 >>
健康にまつわることは………お医者さんの領域???

以前にMちゃんから、

 

「肝臓にきているかもしれなないから、肝臓のサプリを飲む」

 

的なお話をうかがった時に(タロットの時に)

 

「肝臓というよりも、腎臓な気がするので(Mちゃんの命式と中医学から推測)腎臓のサプリのほうがいいかも?」

 

というお話をしました。

 

で、最近腎臓のサプリを飲んだり、腎臓をケアすることをしたら、調子がいい〜、とのこと。

 

とはいえ、Mちゃんは鵜呑みにすることなく(これ、占いやスピリチュアル、まあそれに限らず誰かからアドバイス受けた際には大切)

 

「一応肝臓系も1ヶ月試してみる!」

 

とのことでした。

 

Mちゃんとは反対に……………

 

自分の身体のことを人任せ〜というか、悪い意味で人のせい?にしてしまう方というのは多いです。

 

お医者さんにかかっても、直らなかったら、お医者さんのせいにしてしまう………

 

そういったパターンです。

 

『医者は身体の専門家なんだからなんでそうなったかわかるでしょう?』

『お医者さんなんだから治る方法アドバイスできて当たり前でしょう?』

 

って心底思ってる方というのはかなりの数いらっしゃるのですけれど……………

 

お医者さんの腕が 超一流!!! だったとしても

 

 完治しない

 

ならまだしも

 

 亡くなってしまう…………

 

なんてことは日常茶飯事です(汗)

 

「いやいや、そんな話聞いたことないし!!!」

 

と反論なさるお気持ちもわかりますけれども………

 

ここでちょっとした事実?をお伝えします。

 

『どうして自分は最善を尽くしているのに、救えない命があるのだろう?』

 

という動機でスピリチュアルだったり目に見えないことを探求しはじめるお医者様もまあまあいらっしゃるのです。

 

医者は、医療、科学で人を救うのでおおっぴらにはそういう体験、経験をおっしゃる方は多くはないのですが、実際にそういうワーク、スクール、レクチャー、セミナーにいらっしゃるのです。

 

そういった問題をわかってらして、医療従事者のみ受け入れているコース、というのもあるのも事実です。

スピリチュアル、または目に見えないことを扱ってるティーチャーの側がそういう問題をわかっていて、

 

 きちっとそういうコースを設けている&そういうお医者さんや医療に携わる人にサポートしたい!

 

と切実に思っている、ということなのです。

 

お医者さんは医療を通じて、誰かを救える!(家族も)と思って取り組んでいますが………

 

救える救えないの問題や、そもそも身体の責任を持つのは誰なのか?という問題をはらんでいます。

 

どんなにすごいお医者さん、研究者、スキル!があってもどうにもならないということがあるのです。

 

それはその患者さん自身にしかどうにもならないことだったりします。

 

 むしろどうにもならない、

 

を選択している場合もあるくらい(涙)

 

 じゃあ健康って誰に責任があるのでしょうか???

 

ここまで読んでくださった方ならお分かりになっている可能性が高いです。

 

その身体を(身体意識)を持っている?乗っかっている? 本人 です。

 

なので………先ほどあげたMちゃんのアプローチというのは至極真っ当!!!!!

 

なのです。

 

みんながみんな人体実験!!!!!

 

なのです。

 

本人が いい!!! と心底思っていることをやったり…………

 

実際にMちゃんのように試してみて決めるのが ベスト! なのです。

 

スピリチュアルや心理学的にいうとMちゃんは 

 

自立している

 

とも言えます。

 

とはいえ………Mちゃんははっきりしないことは嫌いなのでお医者さん大好きです(笑)

 

お医者さんからの意見を基に いい意味で人体実験 できているMちゃん……………

 

今後も元気でやっていけることでしょう〜^^

| 健康 | 23:59 | - | - | pookmark |