CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< 夢に限らず、現実でもストーリーによる【わかったつもり】が問題 | main | ニュートラルで人間関係が楽になる! 極力ジャッジ、解釈、ストーリーを作らないやり方 >>
夢から現実に気づく 夢と現実の境目がなくなっていく………

夢に向き合っていくことで、現実でも同じようなことをしているのでは?同じパターンなのでは?ということに気づいていくこともできます。

 

夢でも、タロットでも、どんな占いやリーディングでも………

ストーリー作り、解釈が先に立ってしまうと、うまく情報を受け取ることができません。

受け取った情報をおかしな形にしてしまうことが多いのです。

 

むしろ、夢や、タロットや占いやリーディングで得た

イメージ、シンボル、感覚そのもの

を生の(フレッシュな)状態でただ受け取ることが重要なのです。

 

受け取ったものを時間的余裕や精神的余裕があるときに、様々な可能性をもたせながら解釈していくと、かなり上手に読むことができます。

夢日記を後で読み返すのがいい、というやり方があるのも、自由に解釈できるようにするためです。

 

無理やりストーリーとして書き留めるよりは

夢そのものを思い出せるような単語、イラスト、感覚、をメモする方が夢に取り組むことがもっと上手になるでしょう。

 

上手に夢と付き合っていくことができると、夢の中だけでなく、現実レベルでの気づきも増していきます。

 

厳密に言うと、夢の中だろうが、起きていようが自分の意識のレベルというのは変わらないのです。

夢の中で出来ないことを現実レベルでやったことで夢の中でもできるようになる…という簡単な解決法がありましたが、夢でも起きていても、意識レベルが下がる(意識的でなくなる)と、同じようなパターンをついついやってしまうのが人間なのです。

夢の中の方が、より無意識(身体が寝ている、要するに動かないから)で意識レベルが低下しているので、無意識のパターンというのがより浮き彫りになる、はっきりと体験してしまうのです。

 

もしも身体が起きていたとしても、ぼ〜〜〜んやりしていると………夢の中と同じで、いつものパターンを繰り返してしまうのです。

 

同じ間違いを何度もしてしまう場合というのは、その取り組んでいることにいつもぼ〜〜〜んやりしているのです(汗)眠っているのと同じような感じで、自分が何をしているのか?しようとしているのか?何のために???のような自分の今の状態、意思、意図、目的などを認識してはいないのです。

 

意識を保つ(ある種の集中力がいります〜)ことができれば、夢の中であっても、自分が夢を見ていて、夢の中の自分は○○をしようとしていて、それは夢の中ではこういう目的があるようで………

ということに気づき、せっかく夢なんだから!ということで、

 自分の目的に従ったこと………夢をコントロールしてより夢を楽しんだり

 夢の中でしかできないようなことをやってみたり

 夢を見るよりはどこかに行きたいなぁ〜誰かに会いたいなぁ〜と思って幽体離脱に移行したり

 夢を見るより知りたいことの情報が欲しいと思いアカシックレコードに入っていったり………

自分の今の状態、意思、意図、目的を認識し、意識的に取り組んでいくことができます。

 

夢と現実は別物!と思っていたのが………関連があったり、意識レベルのことで言えば、夢だろうが現実だろうが自分がどれだけ意識できているか?気づいているか?が大切だということに気づくのです。

| | 23:59 | - | - | pookmark |