CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< ツインフレームじゃなくてソウルメイト! | main | 10月大阪セッションその2受付開始しました >>
別れのつらさ色々…運命でない、終わった運命の方がつらい
泣く泣くお別れ、仕方なくお別れなど別れにも色々あります。今日は対照的なお話をうかがいました。

ひとつは別れてよかったのかどうかわからないけれど…今でもよくわからないけど(?)どうなっているんだろう?

のと、

どう考えても別れるしかないのだけど…つらくて仕方ない!

というお話。

最近話題にあげている、運命の人、という枠組みでみるとどちらのお話も運命の人!です。前にもちらっと触れましたが、もうちょっと運命の人を別の言葉で言うと人生の青写真、計画の中で待ち合わせの約束をした人、ということになります。

どちらも運命の人との別れですが、前者があまりつらそうでなくて、後者はめちゃめちゃつらそうです。違いは何なのか?後者は本当に一緒にいる、ふたりで一組、という関係性が終わってしまっているのです。

しつこいようですが、運命の人=別れない、ずっと一緒にいられる、というわけではありません。青写真には出会う所までは書いてありますが、その後どういう関係性にしていくのか?というのはお互いに任されています。

リーディングをしていてこんな計画、出来事をみたことがあります。
『結婚(現実レベルの契約、約束)ができればそれでいい』
というもの。本当に結婚がゴールでそれだけでよい、要するに別の転生での約束、心残りがが今世で果たせればそれでよい!というものです。一緒に暮らす、やっていくという予定は入っていない、純粋な約束のみ、というもの。

こういうお約束の場合、結婚後関係が悪化、または特に何もなくても冷却化して別れます。こじれることもあまりありません。結婚するまでが約束で、それ以降の期待がどちらにもあまりないからです。カルマがなくなった、という言い方もします。約束が果たせたからそれでいいのです。

「指輪をもらった瞬間に何かが終わった気がした…」そんなお話をされた方もいらっしゃいました。きっと別の転生で約束できなかった事情、心残りがあったのでしょう。それがなくなった=もういいか!ということなんです。

別れのつらさということであれば、実は魂レベル、青写真云々ではなく、
「これが運命だとおもったのに!」
「めでたしめでたしだと思ったのに!」
という執着の気持ちが強い方がつらいです。運命でないものや運命であっても終わったものを運命!と思いたいから辛いのです。

何かを果たした!またはたまたま今別れた(くっついたり離れたり、すったもんだ、笑)だけ!という時はあまりつらくないのです。前者の場合はすっきりした感じ、後者の場合はまた会える感じがあるので、別れた!ということで辛くても、後悔や絶望がないのです。
| アカシック | 23:59 | - | - | pookmark |