CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< オーラは大きい方がいいのでは?という誤解 | main | 9月名古屋セッション満席のため締め切りました >>
撮る人が撮れば撮れちゃう心霊?不思議写真
トレーニング→買い物→フラワーエ
ッセンストリートメント作り→タロ
ットの日。タロットではMちゃんが
旅先で撮れてしまった心霊写真?の
話になりました。実物は持ってくる
の忘れたのでまた来月みせてくれる
とのことですが、Mちゃんが撮った
のではなくて、Mちゃんが被写体で
上半身が消えてしまっている!との
ことだったのです。そして、実は、
この写真以外にも他の旅先で海辺の
怖い写真(人の顔写ってる系)が撮
れてしまったとのこと…この写真も
Mちゃんが撮った訳ではなく、ご主
人が撮ったとのこと。

実はご主人、たまに?普通に?みえ
るらしいのです。人にはそんなにお
話にならないですし、だからその能
力を何に使っているというわけでも
ない(知り合いに「占い師がいる」
と言っただけで「え?何それ?」的
におっしゃる常識的な方です)そう
なのですが、たまにみえちゃってる
らしいのです。

ここでポイントは、心霊写真とか不
思議な写真というのは撮る人が撮れ
ば(笑)撮れてしまうものなのです。
反対にいくら頑張っても(私の子供
の頃みたいだな、笑)撮れない人は
撮れないのです。ちなみに私の現在
は、人の顔系とかは撮れませんが、
結界やオーブや光系は撮れるのです。
Mちゃんのご主人の場合はいわゆる
霊が撮れてしまうようなのです。

写真や画像、ビデオ、映像の不思議
なところは撮った人の影響を受ける
ということなんです。私が子供の時
にいくら頑張っても撮れなかった(
あんまり写真自体も撮らなくて、心
霊写真の本をみて喜んでいる子供で
した。ムーももちろん読んでました)
のは当時、感じたりわかったりとい
うのはあっても、視覚的にみえると
いう能力を磨いていなかったからな
のです。そっち系をやるようになっ
てから「あれ?これはなにかしら?」
というものがやっと写るようになっ
たのです。

話はもとにもどって、この日はタロ
ットだったので、Mちゃんはこの写
真自体の霊的影響があるのか?ない
のか?ということをタロットでみて
みました。そんなスプレッドもある
のです(笑)やはり問題はないよう
でしたし、撮れた理由もMちゃん自
身ではなくてご主人とも出ていまし
た。そもそもご主人もこの写真に関
しては「別に持っていても問題ない
と思う…」とおっしゃっていたそう。
他にも霊にどう対処してるか?なん
ていう話を聞きましたが、ばっちり
でした。

もともとみえる能力があってなおか
つそんな世界に興味がない場合…対
処法もしぶしぶ?子供の頃から身に
つけていきますし、特に大騒ぎしな
いものなのです。そして、騒がなけ
ればそういう存在はいつのまにかい
なくなってしまうからそっとしてお
こう的なやり方になるのです。道端
でいちいちあぶない感じの人や怖そ
うな人に話しかけにいったりしない
のと同じです(汗)

来月、実物の上半身消えちゃった写
真をみせてもらうのを楽しみにして
います(笑)
| 不思議 | 23:59 | - | - | pookmark |