CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
<< 理(ことわり)を学ぶのがいいのかな? | main | 12月仙台セッション(締め切りました) >>
新たなワーク草案&仕切り直し
 昨日以下のことをやったほうがいいのかな〜?
とあげました。
---------------------------------------------------
まずは道理、理、因果、についてツッコミ
(客観的にみる能力)を学ぶもの
道理、理、因果がわかったあとにスピリチュアル
の仕組みを学ぶもの
実際にスピリチュアルと現実を統合して生きる
こと
----------------------------------------------------

で、これら3つを含めているものを実は一番
最初に思いついていました(汗)
詳細までは決めてませんが、だいたいの仕組み
はきめました。
わかりやすいので、TV番組でいうと
「バラエティー生活笑百科」
「行列のできる法律相談所」
になります。

これらは法律を弁護士の方々が解釈して(もち
ろん弁護士さんによって持論、論点が違って
います。そこが勉強になります)だいたいこう
いう解決、判決、になっていくだろう、という
ことを教えてくれます。(笑百科はキャラの濃い?
相談員が解釈して、弁護士さんが答えにもって
いきますね)

私がワークとして提供する、できるのは、
この弁護士役、相談員役も参加してる方に
やってもらって、そこを叩き上げとして、
道理や考え方、コミュニケーションを含め、
スピリチュアルのものの見方も入れながら、
様々な考え方、解決策に持っていきます。

ゲスト、相談者の資格はここ数日でてきて
いる「おこちゃま」でも大丈夫です(汗)
ただし、生活笑百科でいえば相談員、
行列〜でいえば弁護士の役の方は以下の
方を考えています。
ワークをひととおり終えていること
「人生全般おこちゃま」「おこちゃまを
なでなでしておこちゃまを甘やかす方」
ではないこと(ある分野、テーマにおいて
おこちゃまは誰でもそうだから人生全般
としました)
相談内容と似たことを経験したことがある方
相談内容とは全く違う意見、立ち位置を持つ方
上記の基準を達しているとは言いがたいが、
人の相談を通して自分と向き合う気がもの
すごくある方
いまのところはこんな感じです。

で、このワークで色々でてきた実際の考え方、
道理、コミュニケーションに関しては、
「道理、理、因果、についてツッコミ
(客観的にみる能力)を学ぶもの」
のワークでとりあげる課題とする。

という感じです。
あと、いまはいちおう正直村専用のツイッター
をやっていますが、成長の場として考えて
くださっている方も多いのですが、残念ながら
そのような場、ということをほとんど意識
なさっていない方もいらっしゃるので、解散する
方向で考えています。まあ解散しても、アカウント
は決めていませんが、公開のツイッターが
あるので、そこで希望者のみのリストをつく
ろうかなと考えています。なのでつながりが
なくなるわけではないですし、アカウントの
非公開云々問題も解決?自由です。

まあ、正直に言えば、自分が管理していて
成長の場として提供しているつもりが
(ある種の交流会、共通の目的をもった
パーティー、お部屋)なんだか愚痴ったり
悪態をついたり、ただの傷の舐め合いを
やったり、、、、、っていうのになって
しまうのは違うんだよなぁ〜、、、、、
ってのが一番かな?(汗)荒れた?ときに
つっこんだりして解決もしてるし、ここ
は見守ると判断して流れを見守っていると
「なんで助けてくれないんですか!」
「ミラさんのものの言い方が怖いです!!!」
みたいに子供のわがままいわれても(汗)
そこを自分がなにを感じているかワーク
でやったのになぁ〜、、、、、。また私が
なぜそうしているのか?というのを観察
してもらえばよかったし(明確な理由が
あるので。ボランティアでやってますが
お金もらってないからって判断がブレる
とか適当にやってたりとかしません、笑)、
その観察にもとづいての質問などが
でればいろんな理解ができたんだろうけど、
そういう場とは認識されてなかったみたい
なんで仕切り直しかな(笑)また文句
言われちゃうかな?(わざと被害者的言い方
にしてみた!笑)
| ワークショップ | 23:59 | - | - | pookmark |