CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
ガイドとコミュニケーションとれないのがデフォルトなのは…

ガイドの話からはそれてしまいましたが、ガイドと付き合うのであっても………

 

『ガイドの言うこと聞いておけばいい』

 

ってわけではないんです。

 

ガイドは純粋に(血が繋がっている身内だとそうもいかないけど)地球上に生まれてきた人間ひとりひとりを非物理的次元から助けているのであって、依存させようとしているわけではありません。

 

ガイドの存在なんて知らなくても、いつも助けてくれます。

 

知っていて、コミュニケーションがとれたとしても、

なんでもかんでもガイドの言うことを聞いちゃう!

なんてやっていると、

 

【言うこと聞かせたい存在】

 

がやってきて、あれやこれやと吹き込んで………その人が自分自身で人生を歩めないようにしてしまうこともあるんです。

 

いわゆる、神様がどうこうとか天使がどうこう………と言っている場合、

一般的な生活を送れていて、常識がある場合は、誰彼構わずその件を言ったりしません(汗)

 

実際、常識がものすごくあって、スピリチュアルなことを敬遠していても、何らかの契約やご縁?によってそんな現象が起こることもあります。(神の使者はそういう本だ、笑)

 

神の声がとか後ろの人が………的なことを誰彼構わずいう場合、いわゆる不思議ちゃんやかまってちゃんポジションを増したい、確立したい(本人無意識だとしても)だけだったりします(汗)

 

様々な考え方がありますが、たまたま、私が師事した先生たちはガイド任せにすることをヨシとしない先生方でした。

 

ガイドに頼るよりも、自分の意識を拡大し、またはハイヤーセルフ(より高い自己)につながり、自立していくことを勧めていました。ガイドは自分のお手伝いさん、見えない手足のような感じで関わるのはいいけれども………現実世界でいうとお友達的に関われば?といったスタンスです。

 

お友達の言うことを何でもかんでも聞いちゃってそれに影響されちゃうって………

全然自立していないじゃないですか(汗)

 

そうではなくて、自分自身になることをすすめてらっしゃいました。

 

通常、ガイドのことなんかわからなかったり、コミュニケーションを誰彼とっているわけではないのは、その必要がなくても、うまく回るから、と言えます。

 

オーラの色なんかわからなくても(笑)大丈夫なのと一緒です。

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
身内であるほどうるさい?ガイド

一般的に守護霊がどうこうとかなくなった誰々がどうこう、っていうのは血が繋がっているガイドです。

彼らは私たちが子孫だったり、不幸な場合は家族(子供に先立たれちゃったりとか)だったりするので………

色々注文があります。

 

成仏してなければ、ガイドや守護霊とは言わず、成仏してない身内がくっついてる!ってことになります。

この場合、大抵未練があったり、どうしても伝えたいことがあったりして………

相当迷惑(まあご先祖様大切にされる方だとこの言い方もひっかかると思う、汗)というか、大変なことになったりもします。

 

成仏した後であっても、やっぱり身内なので、色々言いたい事あるようです。

 

これ、昨日あげた店員さんの例で言うと、顔なじみすぎて、面倒、って事です。

 

「この服、お客様に似合うと思うから………試着するだけでもいいから〜」

と言いながら、自分のノルマを達成しようとしたりする店員さん(苦笑)

 

お客さんの方もなんだか気をつかってしまって、顔なじみやら知り合いのよしみでつい買ってしまう………という。

 

買う予定がない時はかえって顔出しにくいという(苦笑)

 

それでも見たいものある時は、別の店舗に行ったり、その人が休みの時に行ったり(苦笑)

 

こうなっちゃうと………名前知らない時の方がよかった………ってことにもなりかねません。極端だけど。

 

こういう店員さんには、店員さんの思惑がありますし、同様に、身内のガイドですとその人の思惑があるんです。また、時代背景が違うことによって、意見の相違も出てきます。

 

「女なんだから女らしく」

「男なんだからしっかりしろ!」

 

みたいなことをひいじいちゃん、ばあちゃん、早くに亡くなったじいちゃん、ばあちゃんが言ってくるんです。

 

もちろん、きちんと供養したり手を合わせていれば、助けてくれることも多いですが、言われた当人にしてみれば、

余計なお世話

お節介

ということも多々あります。

 

霊媒さんによっては

「ご先祖様は大切なんだからそういったガイドのいうことは絶対!」

という方もいらっしゃいますが………

 

じゃあ、ガイドのいうこと聞いてれば幸せになれるんでしょうか?

いうこと聞かなかった場合どうなっちゃうんでしょうか?

そもそもガイドってなんのためにいるの???

 

って話です。

 

これはまた触れますが、ヒントは店員さん、ホテルの人=ガイド

ってことです。

 

この基本が分かっていれば付き合い方は楽になるんですが〜

そして先祖のガイド大切!っていう考え方もわかるっちゃわかるようになります。

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
ガイド=店員さんのようなもの?

名前やどういう人か知らなくても助けてくれるのがガイドですが、

わかりやすい例をあげてみます。

 

お店に行くと店員さんが話しかけてくれたり、商品の説明をしてくれたり、色々と世話を焼いてくれます。

 

店員さんは初対面であっても、名前を知らなくても(名札がついていることもあるけれど)、単なる見込み客、はたまた冷やかしであっても、きちんと相手してくれます。(まあ、そうでない所もある………そういう考えでいくとダメな店員はガイドとしては失格、笑)

 

もちろん、顔なじみになって、名前を知っていれば、よりコミュニケーションがとれますし、耳寄りな情報(セールなど)を教えてくれるかもしれません。

 

が、顔なじみの店員さんがいなくても、特に問題はありません。

名前を知らないとダメなお店やサービスがあるとしたら………かなり問題です(笑)

 

もっと近いのはホテルです。

何か用事があるときに(加湿器もってきて〜とか、女性用アメニティちょーだい、ルームサービスお願い〜)ってときに担当のところに連絡すると、

「はい○○さま!」

とこちらが名乗る前に、出てくれます。

結構早いと言われたこちらがビクっとするくらい(笑)

 

無理なお願いでない限り、大体のことは対応してくれます。(ま、全然ダメなとこもあるけど…観光メインのホテルでWi-Fi云々で対応ダメダメなとこはたまにある。こちらがスーツとか着てないからなぁ、苦笑)

 

「何かお手伝いしましょうか?」

「滞在が長いので、テーブルや椅子の配置変えましょうか?」

それだけでなく、こちらの服にあったティーカップ、ポットを持ってきてくれるラウンジまで。

 

ホテルで働いている方の名前を覚えていなくても、向こうはわかってくれていることがあります。

何回も泊まっているホテルだとお帰りなさい的な対応も。

 

ガイドも全く同じです。

 

こちらのことをわかってくれて、色々とやってくれます。

 

お節介なガイドは家系、先祖に関係のあるガイドです(笑)

 

黙って色々やってくれるのは、それ以外のガイドです。先日の記事であげたようにこちらは興味のあるものによって変わることがよくあります。こっちの方が付き合い楽です。

 

「え?じゃあ、家系、先祖に関係のあるいわゆる身内のガイドってめんどくさいの?」

 

って疑問がある方………いい感じです!

 

はい、めんどくさいんです(汗)

つづく………

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
ガイドや誰がいるかなんか知らなくても(普通は知らない、汗)

本人が興味がある対象だったり、取り組んでいるものによって、それを指導、監督?するガイドというのはまあまあ変わります。

 

例えば、オーラを見ることに一生懸命になっていれば、見えやすくするような存在がやってきますし、

ヒーリングに取り組んでいれば、ヒーリングに長けた存在がやってきます。

 

これは何も霊的なことに限ったことではなく、普通に日々暮らしていても、何らかの存在が助けてくれます。

 

やったことのない分野に取り組んだり、苦手と思われる仕事をしていたとしても………

その分野や仕事にまつわるガイド、存在がやってきます。

 

そのガイド、存在のことを認識していなくても勝手に助けてくれます。

 

ガイドやそういった存在のことをあまり理解していない(単純に興味本位)場合、

『どんな人?存在がついているのか?』

を気にしますが、それがわかっていなくても、心から助けてくれるのです。

 

ガイドによっては、

「うちらのことはいいから、あなたはあなたのことにちゃんと取り組んで!」

とか

「自分できちんと決めなさい!自分の意思を持ちなさい!」

とか

「こいつな〜〜〜んの言うことも聞かないから言ってやってよ!」(苦笑)

とか

「これもうほっとくしかないから、あまり関わらないようにしている」(驚)

なんてこともあります。

 

自分でガイドを感じ、コミュニケーションできる力があるのであれば、常日頃のコミュニケーションでよりよい

ガイドライフ?

存在たちとの楽しい関わり

ができますが、そうでない場合はあまり重要ではありません。

 

名前やどういう人か知らなくても助けてくれるのが、ガイドや存在達なのです。

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
興味あるだけで………勝手にやってくるガイド(指導霊)

もともと天然に抜群な霊的才能があった場合は、ほんと〜〜〜に激しく(汗)24時間営業となります。

 

夢の中でも様々な存在とつながってメッセージを受け取ったり、そういう存在達に目をつけられたりします。

 

と言っても、縁のない存在から色々言われる、ってよりは、もしも別の転生やら、別の存在の仕方(肉体を持たずにガイドとしての存在)があるのだとして、その転生や存在だった時に縁のあった存在とのコミュニケーションが起こるようになります。

 

わかりやすい例はチャネラーです。

ある特定の存在をチャネルする人がいますが、それはその特定の存在と別の転生や、別の存在の仕方や、別の次元で一緒にいたり、つながってたりした場合です。今の転生、人生以外での関わりがあったり、今の転生、人生以外で契約を結んでしまっている場合がほとんどです。

 

また、そこまで縁が深くなくても、契約といった形でなくても、たまたまある分野に興味があった場合、そこを探求したりしていると、通りすがり?的にやってくることもあります。

 

引き寄せ………がメジャーになり始めた(シークレットのおかげで)頃です。改めて引き寄せの本を読み返したり、新たに興味のあるものを読んだりしていました。

 

その時、たまたまガイドがバリバリみえる方に見てもらったのですが………

いきなり、その方がソファーの端っこに座ったのです。

 

曰く「あなたに結構おっきいの来ているから………ちょっとよけちゃった」

とのこと。

 

正体は、引き寄せでおなじみ?(ガイドやチャネリングしている存在に興味ないとわからないかもだけど、汗)の

エイブラハム

という存在でした(笑)

 

本読んだだけで、つながっちゃうというか、ご縁ができる!ってこともあるんです。

 

それを指摘された時に、

「あ〜、引き寄せ読んじゃってるからだ!」

ってすぐに答えることができました。

 

当の本人である私は自覚してなかったのですが(てかかなりでかい、笑)確かにその時は、引き寄せに限らず、豊かさに関するものを読んだり、取り組んだりしていたんです。

 

わかってなくても、勝手に助けに来てくれる、ってことです

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
霊的なものは…24時間営業〜(苦笑)

見えすぎちゃったり、ガイドなどとコンタクトが取れすぎてしまう場合、よく起こるのが………

 

「いろいろ言われて困る」

「言われる内容、もっともだとは思うけど、常識と違いすぎる」

「あれこれ頼まれすぎて困る」

「ていうかぐっすり眠れた気がしない(夢の中でもそんな感じ)」

「よく眠れないので、疲れがとれない」

 

といった現象です。

 

いつでも24時間営業です(苦笑)

 

寝ようと思ったって眠れないだけじゃなくて、出張が多いお仕事だと、宿泊場所にいる存在に気づいたり、金縛り(別に原理がわかってれば怖いことでもないのだけど)にあったり、行かれない場所があったりとなかなか困ったことになります。

 

なので、昨日の記事の冒頭にあげた、

 

「目に見えないものが自分にだけ見えてしまうのだけど………」
「見えていることで困る………」

 

なんていうことにもつながっていくことになります。

 

もともと天然でなく、後天的に身につけた場合であっても、結構困ったことになります。

特に占いやセラピーやスピリチュアルな仕事になってしまった場合、はじめに起こるのはこんなことです。

 

何が起こっているのかわからないのだけれど(そこまではっきり見えているわけではない)

 

頭が痛くなってくる

吐き気がする

行かれない場所がある

特定の人と話していると必要以上に疲れる

 

何も占いやスピリチュアルに限ったことではなく、整体師さんやヘアメイクさんなど人に触れる職業の方にもよく起こります。

 

ここで、浄化やガードや結界的なことが必要になってきます。

ただし、ず〜っと浄化、カード、結界のことばかり気になるのはちょっと違います(汗)

 

格闘家がガードや受身が自然と(しないわけじゃないけど、当たり前のように)できてくるようになってくるのと同様です。

 

でも一時期はどうしても浄化的なことを意識的にやるようになったり、本人が大丈夫になるまで向き合わないとプロを続けられません。

 

占い師さんやスピリチュアルカウンセリングを行っている人で、ものすご〜〜〜く能力があるのだけど、5年とか10年とか続けられず、早いと数日、ゆっくりでも2、3年のうちに辞めてしまう方が多いのはこういった現象に困るだけでなく、何らかの対処法が見つけられない場合です。

 

格闘家であれば、「ガードや受身が身につかなかった!」ってことです(汗)

 

もったいないんだけど、あまりに繊細すぎてプロとしては厳しい(仕事でほぼ毎日取り組むことだから)って場合だったりもします。繊細すぎて、やったら寿命縮める、身体もたない、って方もいらっしゃいます。

 

才能があるから!って何もやらなきゃいけないわけじゃなくて、本人の意思に任されます。

 

ご本人が「霊的なものもうやだ!」

って心底思った場合は、職業に関するガイド(後ろの人々)もチェンジすることがあります(笑)

 

何にせよ、霊的なものに関わるようになると、賑やかといえば聞こえはいいですが………

起きてる時はいつでも色々情報が入ってくるだけでなく………

 

睡眠(夢、体外離脱、幽体離脱)にも影響を及ぼすことがあります。

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
ガイドの助け 一人でやっているようで一人じゃない?

セッションでは……

「目に見えないものが自分にだけ見えてしまうのだけど………」

「見えていることで困る………」

なんてしまうご相談を受け、ご本人の希望によっては、見えなくなるやり方?アプローチをお伝えすることもあります。

 

が、中には、それを生かしちゃおう(こっちの方が建設的か?)という場合もあります。

 

昨年のことなのですが、セッション中にこんな体験をなさった方がいらっしゃいます。

「ミラの後ろに………赤いのと青いのが!」

ってことで(笑)

 

セッションしてる時というのは見えちゃう方によっては、

『ミラ一人でやっていないぞ!』

っていうのが丸わかりになります(笑)

 

よく、言おうとしていたことを、話の流れ的に、ちょっと脇に置いて後回し?

にしちゃうことなんてよくあるのですが、それを言い忘れようとしたのであれば………

『………ツン、ツン(おい、これ言わないとでしょ!)』

みたいに、厳密に言うと言葉ではないのですが、気づかされることがまあまああります。

 

会議やらプレゼンだったら秘書がすっと資料渡してくれる的な(笑)

 

言わなくても勝手に助けてくれるんです。

 

ただ………私は天然じゃない(後で鍛えた、笑)から大したことないのですが、もともとこんな風に見えちゃう方ってなかなか大変なことになります………

 

続きは明日(笑)

 

ヒントは、

見えすぎちゃうとどんな現象が起こるか?

見えない方が楽、ってどういうことか?

ってことです。

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
もうすぐ冬至〜 叶えたいことをイメージしたり書くと…叶うかも?

春分、夏至、秋分、冬至と昼と夜の長さが同じ日、昼が一番長い日、夜が一番長い日、は宗教、スピリチュアルでは重要な日とされています。

 

と言っても、普通に暮らしていると、あまり認識しない(春分、秋分はちゃんと祝日だったりお彼岸だったりしますが)ものです。

 

冬至はゆず湯が一番有名かな(笑)

 

私は春分、夏至、秋分、冬至に叶えたいことがある場合は、バシッと(!)その叶えたいことを書きます。

 

その辺の紙とかに書くんじゃなくて、きちっとノート(日記とってる時期であれば日記、そうでなくてもぼちぼちなんか書いたりしてるノート)に書きます。

 

そうするとちょっとすると(大抵次の節目、3ヶ月後)に叶っていたり、状況が進んでいることがほとんどです。

 

いつもは一つで十分なのですが………なんだか今年は色々書いてしまいそうです(笑)

 

ちなみに今年の冬至は12/21。今年うるう年だったから、22じゃないんでお気をつけを〜

 

もしよかったら、少し静かな時間をとって(瞑想を習慣にしている方であればしっかりと瞑想して)、お願い事書いてみるのおすすめしますよ〜

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
天候と関連のある存在と、天候を操れるとしてやっていいのか?問題

昨日の続き〜

 

守護霊、ガイド、守っている存在………

 

日本で(やはり地域の差はある、笑)ポピュラーなのは

 

天狗

犬(犬神家?)

管狐(フェレット)

 

などでしょうか。

 

で、晴れに関するのは

天狗

 

雨に関するのは

 

です。

 

天狗系が守ってる、強いと晴れ男、晴れ女 ってことです。

 

龍系が守ってる、強いと雨男、雨女ってことです。

 

全部が全部そうじゃなくて、例外もありますが、そんな感じ。

 

もうちょっと変わった?のもあって

 

 狐の嫁入り 地域によって違うが天気雨

 

という言葉があるように、狐系が守ってる、強いと天気雨男、天気雨女 ってことです。

虹もたくさん見られるかな???

 

日本以外の存在だと………ミカエルは晴れ(火だから)で、ラファエルは風(まんま風)を司っています。

 

晴れて欲しければ、天狗やミカエル(まあ、そういう用途だけじゃないんだけど)の縁のある人が、天狗やミカエルにお願いする………ということになります。

 

昨日の記事でも触れましたが、じゃあ、天候を操れるかも?であったとしても、それってどうなの?って問題があります。

 

本来雨が降るところではないところが雨降ったり、本来晴れるところではないところが晴れたりする………ってことなので………

 

よっぽど飢饉や水不足や災害が強すぎる場合は、命がけ(大抵大掛かりな儀式になります)でやってもいいかもですが、通常はあまりやらない方がいいとされています。

 

自然のことは自然のままにしておいた方が歪みがないからです。

 

天気を操る!っていう発言をしただけでとっても嫌がるというがガッカリしている師匠もいたなぁ〜(汗)

 

遺伝子操作や、クローンなどと似た領域なのではないかな〜?とも思ってます。

 

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
死に目に会える、会えない………旅立つ側の思いやり

昨日のMちゃんが飼っている猫ちゃんをケルト十字で見ていくと………

そろそろお迎えが近づいている(障害、対策に審判。天に召されると解釈)けれども………

もうそろそろ逝ってしまいそう………というときには体の弱いところに反応が出たり、ちょっと具合が悪くなったりして、飼い主の方も見送る準備ができそう………とのこと。

 

旅立つ時は、割と意思?を持って、勢いよく旅立ちそう(魔術師)

ということもわかりました。

 

ペットでも人間でもそうですが、旅立つ時というのは、飼い主や家族の関わりも深く影響してきます。

 

『死に目に会えなかった………』

ということで深く傷つかれる飼い主さんやご家族もいますが………

 

飼い主さんやご家族を傷つけないために(!)ひっそりと旅立つ

 

という場合が相当数あります。

 

家族でも死に目に会える人と会えない人がいますが、割と心が弱い?繊細?な人の目の前で亡くなることを旅立つ側がしないこともよくあるんです。

 

ちなみにうちの歴代猫ちゃん(2匹)たちを私と父はなぜか看取ることができません。

だいたい家にいるのに………どういうわけだか(最初の子の時は塾行ってた、汗)いないんですよ(汗)

 

この前のミーちゃんの時なんか私も父も出張だったという(汗)

家族のうち半数が出張………

母と弟が看取りました。

 

ってことは………母と弟の方が現実的というか強い!ってことなんだよなぁ〜

算命の命式で見てもエネルギー値高い!もんなぁ〜(苦笑)

 

死に目に会えなくて傷ついてしまっている、後悔している方は、

 

『旅立つ側が何か気をつかってくれたのでは?』

『旅立つ側の思いやりでは?』

 

という考え方を是非してみてください。

 

そうすると、傷や後悔ではなく………

 

『ああ、○○ちゃんだったらそういう姿見せたくないよな〜』

『私はいられなかったけれども、母と弟がいたからよかったなぁ〜』

 

みたいに考えられて、どこか気持ちがすーっとするかもしれません。

 

タロットで見た猫ちゃんの場合………まあまあ甘ったれ?というか飼い主のMちゃんを頼りにしているので、ひっそり逝ってしまうパターンではなさそうと解釈しました。

 

いつかお別れがくるのは辛いですけれども、どうしたらいいのか?ということをあらかじめ見ることができるのは、なかなか有難いことだと思います。

| スピリチュアル | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/19PAGES | >>