CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
気合や根性では上がらない免疫力

 

気合や根性で知らず知らずのうちに身体に無理させたり、いじめてしまっていることもある、ということを昨日の記事で書きました。

 

コロナのため、 免疫力アップ を推奨されていますが………

 

免疫力ってもちろん、魂ではなく、身体に関わることですので、気合や根性でどうにかなるものではありません。

 

例えば免疫力アップ!ということで急に負荷のかかる運動やトレーニングをはじめたとしましょう。

 

適度にできればいいのですが、気合や根性で頑張ってしまうと………

 

かえって免疫力の低下を招きます。

 

真偽のほどはまだ定かではないですが、あるプロスポーツの選手が続々と(海外有名選手など)コロナにかかっていることがわかりました。

 

このあるスポーツ、ポジションの差はありますが、1ゲーム10キロ以上走るんだそう。

その上練習やアップもしているので1日にもっと走っている場合もあるでしょう。

 

彼らはプロですので、気合や根性も仕事というか当たり前なんですけれども、コロナ前からも 風邪をひきやすいらしい なんてことも聞いたこともあります。

 

このスポーツに限らず、スポーツ選手っていかにも健康!って感じですけれども、相当身体には負担をかけてしまっている場合もあるんです。

 

まあ、先日の魂が運転者で、身体が車だとすれば、まさしく走行距離が多い!ってことで、走行距離の少ない車よりはいい方悪いですけれども、ガタがきやすいです。

 

算命や推命で十二大従星や十二運というのがあります。

 

これだけで判断するわけではないですが………

 

天将星や帝旺がある場合は身体を使った方がいいです。

身体を使わない、車で言えばちゃんと乗りこなさないと、壊れます。乗ってあげなくて壊れちゃう?調子悪い車ってあるように。

 

反対に 天胡星や病(まんま!)がある場合はあまり身体に負担をかけないほうがいいです。車で言えば、優しく大切に乗ってあげてください。それでもちょっと調子が悪いな〜と思ったらすぐ休んでください。

 

これ、素直〜?運がいい?流れに乗ってる?人の場合は自然とできてることが多い(生年月日の占いはそのまんまが一番運がいい!というか自然)のですが、逆をやっちゃってる方もいます。

 

そして、年代によってもどの星が回ってるか?というのは違うので、両方の星をお持ちの方もいます。

 

『若い時はガンガンやって、年取ってからゆっくりやればいいや!』

 

って思ってても、若い時は病弱?弱くて優しくした方がよかったけれども、年取ってから強い星が回ってきて、もっと活動的にした方がいい!!!って場合もあります。

 

昨日の記事であげた気合と根性で身体をいじめちゃう傾向にある人は………

 

若い時に強い星 中年以降弱い星

 

が回ってきていて、途中でうまく対応できずに、ずっと身体に無理させていて、知らないうちにボロボロだった、ということがよくあります。

 

免疫力アップ!は大事なことなんですが、免疫力アップのためにやってることが反対に働いてしまう場合があるので、スピリチュアルな方向から言わせてもらうと

 

 魂を持っている自分としてきちんと身体の面倒をみる

 簡単ではないかもしれないけれども身体が何を訴えているのか少しずつでもわかっていく(俗にいう身体の声を聴く、というもの)

 

方が大切なんじゃないかな?と思ってます。

 

まあ免疫力にしても身体の面倒をみることにしても一朝一夕でできることじゃないので、こういう機会にちょっとずつ取り組んでいくのがいいでしょうね〜

 

 

身体=現実でもありますからお大事に!

魂だけじゃ生きていけません。

 

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
気合&根性で身体に負担をかけている?

 

気合や根性で様々なことを乗り切れるのは、やる前からクヨクヨ悩んだり御託を並べる傾向に比べればとてもいいことではあります。

 

が、不利な側面というのもあります。

 

知らないうちに潜在意識(身体意識)に負担をかけ、ある日突然大病が発覚する!というパターンです。

 

過労死や突然死はそれがもっと極端だったパターン。

 

褒められたことではないけれども、怠け者さんやすぐにめげちゃう人はそこまでいきはしません。

 

なぜなら怠け者さん途中で根をあげますからね(苦笑)

 

よく、

 

 魂が運転手

 身体が車

 

といった例えがあります。

 

いくら運転手が優秀!耐久レースに出られるぞ!くらいであったとしても、車のメンテナンスをしっかりとしないと、途中で車が不具合を起こしてしまいます。

 

もちろん、運転手が優秀=走りも素晴らしくて車に負担をかけないような走りもできる!

っていうパターンもありますが………

 

全く車のメンテナンスをしないとか、ガソリンを入れないとかはしません。

(F1であれば専門のクルーもいますね〜。ドライバーだけでは勝てない!)

 

ガソリン入れない=ご飯食べない、みたいなものですが(笑)

 

車に負担をかける乗り方というのはなんとなく想像つくかもしれませんが………

 

身体に負担をかける、という生き方?は

 

 気合と根性!で乗り切る人にとってはむしろそのほうがいい!!!

 

んですね(汗)

 

ちょっと疲れたくらいで休んでなんかいられないし、いくら身体が疲れていても、充実感の方が勝り、むしろ疲れも込みで心地いいというか………

 

マゾともいうけれども、どちらかというと、身体に一方的に負担をかける、身体に負債を背負わす、というのが適切な解釈になります。

 

『年齢を重ねてきてから気をつければいいだろう』

 

と気合&根性派はよく考えてるんですね。

 

『自分まだまだイケる!』

 

的な。

 

が、そういう方をリーディングすると

 

 身体は実は悲鳴をあげている

 悲鳴をあげることももう諦めてただただ耐えている。ダメージを引き受けている

 

ってことがわかるんです。

 

通常身体さえメンテナンスしていれば、魂にとってやりたいことがある場合、身体が多少ガタがきていても寿命は延びたり(!)するのですが………

 

気合&根性でやっていた場合、魂がまだやりたいことあるのに………志半ばで倒れることもあります。

 

なんでそういうことになるのかというと、魂(顕在意識)は永遠、無限の存在なので、身体がそこまで面倒見てあげないとダメだっていうのが魂側にとってはわからないんですね。

 

わからなくはあるけれども、 バランスとってきた、身体の声もある程度聞いてきた(聞こえなくても、感覚でわかってきた)人 にとっては全部気合&根性で押し切ったりしないのですが………

 

気合&根性で行っちゃう人は身体の声を無視、または身体が疲れてる方が当たり前!!!

ってなっていて、身体のことなんて置いてけぼりにします。

 

ものすごい運転(乱暴、無茶)をしておいて、車のメンテナンスをしない、ってことと同じになります。

 

『なんでこの身体いうこと聞かないんだ!』

『なんだよこのポンコツ車が!』

 

ってお怒りになっている場合もありますが………

 

それって本人(運転者)の扱いが悪いのが問題なんです。

 

むしろ本人(運転者)が気づいてない部分まで引き受けて、身体や車はボロボロになっている、ということなんです。

 

突然死や過労死は、年寄りには使わない言葉なので、むしろ若い方が気をつけた方がいいことでもあります。

 

そもそも年とったら無理できない!ってのもあります(笑)

 

無理できないのは悪いことではないんです。

 

気合&根性派や、ワーカーホリック気味な方には

 

「休むこともお仕事ですよ〜」

「休むことでよりお仕事が充実しますよ〜」

 

ってお伝えします。

 

その都度伝えないと忘れちゃってるみたいだけど(苦笑)

 

もちろん、八面六臂の働きでものすごく動きまくった方がいい!!!って方もいらっしゃいますが………

 

それは勝手に身体がそうしたくてうずうずしてそうなっちゃってるし、命式には明白に現れるので、それはそれでいいんですけれどもね。

 

この記事は、身体に無理させちゃってる、身体は休みたがってるのにそこを無視!っていう場合のお話でした。

 

そういう人はヨガがオススメですね。

 

運動はまたまた頑張っちゃうからオススメじゃないですよ(汗)

 

 

身体が我慢してくれてるからっていじめっぱなしは後でしっぺ返しがきます(涙)

この子たちは噂によるとメゲない!(間違ってたらごめんなさい)らしいけど………

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
身体を意識して、プログラミングし直すのも 瞑想の一種

 

昨日のワイン。ロックにしたけど、炭酸で割らなかったせいか………

 

二日酔いの頭痛………

 

偏頭痛に近いので、暗くしてしばらく休みましたが………

 

昼過ぎになっても治らず。お酒の量からしてもう抜けててもいいはずなのに、頭痛い。

 

そして朝よりも痛い〜(涙)

 

必要最低限のことはしつつも、暗い場所で(偏頭痛にはこれ大事!)休んでいても、夕方になっても治らない。

 

むしろ右だけ痛かったのに、左も痛い〜

 

冷やしてもなおらない………

 

フラワーエッセンス摂ってもよくならないから、霊的だったりエネルギー的なものでもない。

 

じゃ、身体に聴くしかないよね〜(頭痛いしより難しいけど)ってことできいてみると………

 

偏頭痛は偏頭痛であってるとの感覚。

 

なんで右まで痛くなってるの?との質問には 寝すぎ(笑)

 

じゃあどうしたらいいの???という疑問には、『寝てる時に…………(グシャグシャグシャ〜)』くらいしかわからず。

 

横になってみて疑問を持ちつつ色々試してみたら………

 

噛み合わせのあたりのフィーリングを感じます………

 

そこでやっと私が閃く!というか理解したのは

 

『あ〜、歯ぎしりだ!』

 

という原因。

 

そう思うと、身体も『…………(そうね〜)』というフィーリング(言葉で言ってくれるわけじゃない)

 

少し前に詰め物してたとこも歯ぎしり問題で欠けるし、マウスピースもあるんだけれども………

 

マウスピースしたら歯は欠けないけれども、歯を噛みしめる癖がなくなるわけじゃないじゃないですか?(苦笑)

 

ここからず〜っと顎の力抜く練習(笑)

 

うとうとして、ちょっとでも歯をギーってやろうとでもするなら力抜いて………

 

の繰り返し!

 

「そんなので直るの?」

 

って思うかもしれませんが………

 

これも一種の瞑想で、身体の動きに気付きながら、それを修正する!って結構難しいですが、やる価値はあります!

 

筋トレなどハマる人が多いのは、結果が出るから!身体動かしてスッキリするから!というのもありますけれども………

 

正しい動きを身体にプログラミングし直して、その行為自体(身体を観察しつつ、正しい動きを身につけ、癖をつける)が

 

 瞑想

 

と同じで、スッキリする!!!っていうのもあるからです。

 

2月半ばにボディワークを受けて、自分の重心を教えてもらいましたが、それ以来その重心で歩いたり、ちょっと忘れた?おかしいな?って思ったらその重心でスクワットしたりしましたが………

 

とっても立ちやすい&歩きやすくなったのと、身体のラインに違いが出てきたりもしたんです。

 

ちょっと意識するだけで、身体は変わってくれるんです。

 

が、そもそも、正しい動かし方やポジションを知らなかったばっかりに、身体の側に無理な?不自然なバランスをとってもらってしまって苦労かけてるわけですから、こっち(顕在意識)が悪いんだけれども(苦笑)

 

私の場合寝てる間が一番歯を食いしばってますが、起きてる時でも変に力入っちゃってそういうときあるので、まず起きてる時に意識しつつ〜

 

入眠時も気をつけてやっていくことにします。

 

ちなみに、入眠時?の瞑想といえば

 

 体外離脱 幽体離脱 (笑)

 

これ散々やってきたので、そういうのやってない方に比べたら、かなり寝る瞬間というのは意識できてる方だし………

 

それやってたおかげか(まあ高校生の時に夢見の訓練してた時もそういう傾向にあったけど)寝起きというのも ただ起きる! っていうんじゃなくて………

 

完全に眠ってる時 

 ↓

少し意識があるけれどもまだ身体がほぼ寝ている時 

 ↓

目覚めた時(wake up)

 ↓

起床した時(get up)

 

っていう段階で体験しています。

 

目覚ましかけ忘れたり、二度寝した時は………

自分の意識が身体を起こす、ということもしょっちゅうですし………

 

目覚めた時に時間を当てるのも正確にできます(笑)

 

ちなみに夢をメモるのは起床前の目覚めた時が大切ですので、枕元にメモやレコーダーが必要なんですね。

 

「一体何言ってるのかわからないんですけど〜」

 

ってご意見もあるかと思いますが………

 

こういう観察も、一般的に思われているのとは違いますが 瞑想 となります。

 

偏頭痛しんどかったけど、問題点明らかになってよかった(汗)

 

まあそもそも二日酔いの頭痛からはじまらなければ気づかなかったので、そこは反省&まあそれもいいか!の両方ですけれども………

 

顎の力抜く瞑想習慣、身体のためにもやっていこうと思います。

(顎の力抜けないことで耳下のリンパや首の後ろが変だったりするので、そちらにも効果あるでしょう〜)

 

 

チューリップ

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
身体の声 と 免疫力アップ!

 

朗報!(ワクチンがらみ〜)もありつつも、今のところはまだないので、個人の健康状態がフォーカスされ

 

 免疫力をあげよう!

 

の情報が多いですね〜

 

風邪をひいても

インフルエンザにかかっても

 

かかった人によって症状の出方が異なりますし

 

 そもそもかからない人もいる

 

っていうのもあります。

 

違いは何か?

 

私の立場から言えるのは………

 

普段から身体のことをケアしているか?

身体から何らかの異常、表現(症状)、訴え(感覚的なもの)が出てる時に気にかけ、身体をいたわる行動をとれているか?

身体との信頼関係があるか?

 

といったことになります。

 

昨日、動植物と身体(身体意識)のコミュニケーションが似ている話を取り上げました。

 

スピリチュアル的表現で 身体の声を聴く というのがありますが、

それってまあ熟練した人はできるけど最初っからそう!(いるにはいるけど、ごく僅か)ってわけでもなく、

意外と難易度高いですよ!ってことにも触れました。

 

いきなり身体の声は聴けなくても………

 

何だか身体がだるい

自分としてはやる気がみなぎっているけれども身体がついてこない

寝る前に○○をしようと決めてたけれども、寝落ちしてしまった

 

ってことはよくあると思います。

 

声では聴こえてこないにしても感覚でわかる!というごく普通の現象です。

 

感覚でわかっていても………

 

『急いで片付けなきゃいけないことあるから!』

『いちいち休んでる暇ないから』

『ここは根性で乗り切ろう!』

 

って身体の感覚を無視してしまうことってあると思います。

 

そしてコロナの件で 具合が悪い時は休もう! 

ってやっと言える、できる?(できないお仕事、役割の方もたくさんいらっしゃるようです)ようになったくらいのレベルでしたから………

 

身体中心、とまではいかなくても、身体をいたわりながら活動していくのがそもそも難しかった日本の状況、というのもありました。

 

が、身体と仲良くして………健康でいられるようになるためには、

身体との信頼関係を作る必要があるんですね。

 

よく例にあげますが、私たちの意識が大人 身体の意識が子供 だとすると………

 

大人が子供のニーズに応えてあげないと、子供って大人の前で素直に表現しなくなるし、隠し事するようになるし、嘘もつくようになります。

子供が大人への信頼を失ってしまっているから、そうなります。

 

私たちが身体のニーズに応えてあげないと、身体は子供と違って、素直に表現しない!ってわけではないけれども………

私たちの意識の方がずるい?ので、身体が何か訴えていても無視していきます………

身体としてはコミュニケーションとりたくてもとれないので………

身体が色々引き受けてしまって、病気として症状が現れたり、急に倒れたりしてストップがかかったり………

身体だけ頑張ったけれども力尽きた場合は強制終了(死)になります。

 

身体の声が聴こえる!ってところまでいかなくてもいいし………

 

『それでもすぐに聴きたいなぁ〜』という場合はヨガやストレッチなどの身体とつながるワークを取り入れればいいですが………

 

ある程度身体の面倒を見る必要があります。

 

ワクチンもなく、自分の免疫力?体力?健康状態次第!ってことになっているので………

 

強制的に身体のケアを重視する期間に入っているとも言えます(汗)

しかも全世界的に………

 

身体だけでなくて、エーテル体とも関係してるらしい?という情報も仕入れたので、注目してフラワーエッセンス作っていたら、ある種の傾向が見られるようになりました。

(それはフラワーエッセンス解説メールの4月分p.s.でお知らせしますね)

 

エーテル体は身体のすぐ周りにあるエネルギーフィールドなので、まあ納得!なんですが………

 

エーテル体の面倒は気功、ヒーリングに長けていたり、フラワーエッセンスなどのエネルギー、波動がらみのことからケアする必要がありますが………一般的にはあんまり?やりようがないと思うので………(汗)

 

まず根本の身体のケア、を多めにしてあげる必要があります。

 

で、ケアの質を上げるには、こういう問いかけをしてあげるとご自分にあったケアができるようになっていきます。

 

「私の身体が必要としているのは何か? 睡眠?休息?栄養?運動? どれだろう?」

「身体からやってきている感覚は? 快?不快? 不快だとしたらそれは身体からくるもの?私の意識からくるもの?」

(意識の場合は、そちらに働きかける必要がある。その場合「身体さん引き受けてくれてありがとう。これは私がなんとかするからね」と伝え、意識的な問題を書き出す)

「不快な感覚が身体のどこにあるのか?」(見つけたら手で触れる)

「(手で触れながら)ここは私に何を教えてくれているのか?訴えているのか? 感覚でも、フィーリングでも、単語でも、映像でも、直観でも何か教えてください、身体さん!(と頼む)」

 

とちょっと面倒かもしれないけれども、こちらからコミュニケーションをとっていくと、なんとなくの不調、不安、だるさみたいなものの源がわかってきたり………

ちょっとわかるだけでも、身体が楽になったり、もします。

 

子供が困っていたり、何か異常があったらば大人の方から優しくコミュニケーションするといいのと同じです。

 

たまに

『なんでいちいち子供に聞かなきゃいけないんだ!』

『なんでいちいち身体の面倒みなきゃいけないんだ!』

 

って人もいるかもしれないですけれど、そういう人は免疫力もあんまり上がらないだろうなぁ(汗)

 

子供が何かやらかしたり、身体の具合がものすごく悪くなってから………余計に子供や身体に辛く当たるんだろうなぁ〜

 

身体のケアをしてきた人にとっては、よりそれを丁寧にやったらいい時と考えればいいし………

 

身体のケアをしてこなかった人にとっては、身体のケアを心がけてみるいいきっかけの時なんじゃないのか、と思ってます。

 

いきなり身体の声聴けなくても大丈夫ですし………

身体の声聴ける人は、気づいてるかわからないけれども、動植物の声も聴けたりもします。

 

身体のケアを少しづつでもしていくことで………身体の声を聴く、というところにはどなたでも近づいていけます。

 

身体の声を聴く、の第一歩は 身体のケアをすること! なんです。

 

そして身体の声を聴くって言葉はいい言葉で耳触りもいいけれど、やっぱり難易度高すぎて、なんだかなぁ〜とも思うわけです、私は(汗)

 

いきなりハートの声を聴く、ハートの望みをわかる!とかと似てますね。難易度高いことを、何だかサラッと言っちゃいすぎ〜(笑)

 

まあそういう状態もあるので、言葉があるのは仕方ないけれども、そんな簡単だったら………

 

例えばみんながみんな!身体の声を聴けていれば………

 

そもそも病気になる前に気づいてしまうし………西洋医学そこまでいらなくなっちゃって、中医学、ホリスティックな医療がメインになるんだろうなぁ〜とも思います(笑)

 

ちなみにホリスティック医療が手厚いドイツは死亡者数も少ない………(もちろん病院のベッド、ICUが足りてるというのもあるけれど)

 

日本でも自分なりに健康法取り入れて、西洋医学以外のこともやってる人はもともと免疫力も高いでしょうね〜

 

 

セッションルームから見えた嵐ジェット!A350なんですね〜

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
サバイバルモードになると………おバカになっちゃうの(汗)

 

朝一で歯科のメンテナンス。

 

一番近所のちっちゃいスーパーでは私の行く時間にはまだトイレットペーパーを見かけたことがないので…………

 

早く近くについたので、開店して1時間弱ほどの大きいスーパーでトイレットペーパー見たら………あった!(笑)

 

でも、他にも買い物あるので、まず歯科へ。

 

磨き方はまあまあ上手にできるようにもなったにも関わらず………以前被せ物をしたところに怪しい?虫歯っぽいところがあったそうなので、今度治療とのこと(汗)

 

早く見つけてもらってよかった。なんだかそこは物が詰まったり、磨きにくいところでもあったので………

 

さて、トイレットペーパーの前に某ディスカウントストアでまず激安お肉&野菜を見に行くと………

 

肉がお高めの牛肉しかない!!!(汗)買い占められた模様。

 

薬局もスーパーもいきますが………特にスーパー(2軒はしご)は品切れのものが目立ちます。

 

そして開店中にも関わらず、品物を補充するマスク姿の店員さん。

 

なんだか日本じゃないスーパーに来たみたい。

 

日本のスーパーって欠品もほぼなく、その辺にカートや品出しする前の品物が置いてあることなんて少ないけれど………

 

外国だとよく見かける光景になってます。

 

行きに見たトイレットペーパーは余ってたので、一つ購入。やっとゲット!(笑)

 

他のものも買い、レジに並ぶと、いつもよりも人が多いだけでなく………

 

一人一人の買う量多すぎ!!!

 

これから台風でも来るの?家から出られないの?ってくらい(汗)

 

もちろんご家族の人数により、毎日カゴいっぱい!のご家庭もあるでしょうけれども………

 

特にお年を召した方(ご夫婦も多い)のカゴが満杯!レジ進まない(苦笑)

 

この時間お昼前だし、いつもは空いてるのになぁ〜

 

そしていつものように並んでるので、ふつ〜に密接してると思うんですが〜(汗)

 

若者外出るな!的なことで論争になってますけれど………

 

スーパーはお年を召した方でいっぱい。

 

年齢の問題じゃないんですよね。

 

セッションでもよくお伝えするのですけれど、

 

「ちっちゃい子供でも賢い子はいるし、いい歳こいてさらにバカが増す場合もある。元々のバカがもっとひどくなるっていうか」

 

っていう問題があります。

 

年齢じゃないんですよね。

 

 年齢が上だと分別があって賢い

 

 年齢が下だと分別がなくておバカ。若気の至り

 

って考えがそもそもあるからなんでしょうけど。

 

賢かったり分別があるのって 年齢は一切関係ない ですよ。

 

かといって、占いやスピリチュアル的に言って 賢い人、そうでない人 っていうのがいるわけでもありません。

 

賢いでしょうね、とされるチャートや命式でも、頭でっかちでガチガチ、ただ偉そうな人!っていうのもいるし………

 

あんまり知識とか興味ないでしょうね、とされるチャートや命式でも、生きた知恵を持っていて、人に生き生きと自分の好きなことを伝えたりしている人!っていうのもいます………

 

じゃ、何が賢いのとおバカを分けるのか???

 

今回の件ですと 恐れ になります。

 

恐れが強く、サバイバルモードになっちゃうとおバカなことをしがちになります。

 

恐れを自分で受け止めて、必要なサバイバル(コロナ感染予防)をしながら、自分のやるべきこと(仕事や役割)をやっているとおバカなことはしなかったり、ついしようとしても自分で歯止めがききます。

 

『?そんなにトイレットペーパーいる???』

『物流は問題ないでしょう………今のとこ』

 

という風に自分でふと、気づきます。

 

「じゃ、恐れを少なくするにはどうしたらいいんですか?」

 

って聞かれたら、やっぱり………

 

「TV付けっ放し、垂れ流し、はやめといたほうがいいですよ」

 

ってことになります。

 

TVで空っぽのスーパーの棚を見せられたら、いつも整然とものが並んでるのを見てる私たち(日本に住んでる人)は

 

『こりゃまずい!』

 

って反応しちゃうんですもん。恐れから。

 

恐れるな! ってことを言ってるんじゃなくて………

 

必要以上に恐れて、パニック行動、おバカ行動するんじゃないよ〜!

運も下がるよ〜!!!

 

って言ってるんです。

 

買い占めって本人は必要!って思ってるんだろうけど、本来他の人に届く分まで手を出してしまうわけじゃないですか???

 

これって、スピリチュアル的に言ったら 運気爆下がり! です。

 

もともと恐れに突き動かされて行動して、その上運気爆下がり………

 

さて、身体や感情(身体意識=潜在意識)は恐れてるわ、その上運は下がるわで………

 

免疫力だけ上がる!!!ってあるのかな???(苦笑)

 

免疫力は身体意識ですよ〜(汗)

 

病気を恐れて、すなわち死を恐れてやってる行動が、そうじゃない方につながっちゃうのは勿体無いですよね(汗)

 

そもそも外出して、レジで列作って(外で列作ってるところもあるみたいですね。薬局とか)、何がついてるんだかわからない商品をいっぱい手にとってカゴに詰めてもきてる………

 

リスク上げてない?(汗)

 

まあ、外出るな!っていう会見の時に、ものはある!っていうのを言わなかったから………

 

おバカさん対策をしてなかった………ってことですからね。

 

ちなみに、おバカさん、いつもおバカさんなわけじゃなくてね………

 

緊急事態だから よりおバカさんになっちゃうんです。

 

サバイバルモードになると、賢さからは離れてバカになるんです。

 

普段バカじゃないはずの人もバカになってる場合もあるから………(汗)

 

平和が一番なんですけどねぇ………

 

私は『いやいや、午前中で夕方くらいの混みっぷりってなんなのよ!品物少なくても午後か夜にしよ!』と思ったのでした〜

 

 

ぽつぽつ雨の降りはじめの桜

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
サバイバルモードの乗り切り方 月星座の出し方

 

サバイバルモードを乗り切る際に大切なことは、身体に

 

ちゃんと面倒見てあげてるよ〜それってこういうことよ〜

 

と態度、行動で示してあげることになります。

 

身体意識と言葉をそこまで上手に喋れない子供って似てるのですけれども

 

 言ってどうこう

 

ではないんですね(汗)

 

お子さんにガミガミ、ギャーギャー言う親いるけれどもあれって逆効果じゃないですか?

 

身体意識も同様。

 

普段から心の中で

 

『ったく、なんでこんなに調子悪いんだ!』

『もうちょっとしっかりしてよ!』

 

っていってると正直身体と仲良くできている、信頼関係が築けている、とは言えません。

 

子供が泣いてたり、何かニーズがあるのであれば、満たしたり、すべて満たせないにしてもきちっと態度、行動で示してあげる必要があります。

 

大人がテンパってしまうと、子供もテンパったり、場合によってはその大人の前で(身体意識の場合はその人に)正直な反応を示さなるだけでなく、最終的に自分のニーズを感じないように麻痺してしまう場合もあります。

 

昨日の記事であげたような事をしてあげると、身体は安心します。

そして意識的に、『これやると落ち着くよね〜、大丈夫だよ!』って思考しながら、

態度、行動をしてあげる(身体を扱う)とより身体は安心し、喜びます。

 

『うるさいな、これやっときゃいいんだろ!』

 

だと子供にも、身体にも脅しになっちゃうので、やればいい!んじゃなくて、子供や身体の立場になって優しくやってあげるということです。

 

昨日は月のサインで考えましたが、算命でも推命でも、それはできます。

 

セッションで「木がポイントだからアロマや植物系〜」の話がでた方はそれ系をやってください。

バランスをみる占術だと全体見ないことにはわからないので、単純に これがいい! って言えないのが困るのですが(汗)

 

そういう事情もあるので、よくわからない方の方が多いと思うので手軽に出せる月のサインの見方を提案しました。

 

月のサインは以下のサイトで出せます。

 

アストロディーンスト 

マイアストロチャート 

 

上の方が場所入力が楽です。

ここでですね、生年月日だけでなくて、時間と場所が必要になってくるんです。

 

月の満ち欠けや、月の出の時刻を見てもらえば分かる通り、ゆっくりではないんです。

 

一つのサインに2日と少しだけしかいないので、生年月日がわかっていても

 

 月のサインどっちだかわからない………

 

って事結構あります。

 

もちろん、サインに詳しかったり、その人の素を知ってれば「これはこっち!」って簡単に分かるのですけれど、そんなのわからない〜って方も多いと思うので。

 

時間わかってればそういう問題もありません。

 

「それ西洋占星術やインド占星術とかだけでしょ?必要なの」

 

って思うかもしれませんが推命も2時間ごとに時柱が変わるので、やはり時間重要です。

 

単に宿命をみるだけでなくて、開運したい!詳細に自分のこと知りたい!って思うならなおさら。

 

データから色々読み取りますからね〜

 

あと、かなり前からミラ通信ご覧になってる方は 

 

占い・スピリチュアル リベラルアーツ講座 第二回 チャートをポン!

 

で出し方ご説明しています。

 

そもそもの西洋占星術の仕組みも説明してますし、第三回ではご質問にもお答えしてるので、

そこ参考にされればご自分で出すことができると思います。

 

サバイバルモードになるといつもの調子が狂っちゃう方もいるとは思いますが、ちゃんとサバイバルの面倒も見るのが私たち魂意識の役割なので乗り切っていきましょう〜

 

まあそもそも平和ボケしててサバイバルモードになる機会(震災など)があってもすぐ忘れちゃうっていうのもすごいとは思うのですが(汗)

 

エゴ(自我)はずっと自分が生きてる前提ですからね〜死ぬのが受け入れられなくて(苦笑)

 

なのでエゴがゆるまってない場合ほど、サバイバルモードはより苦しいですし、エゴがゆるまってるとまあしょうがないよね………

 

ってなります。

 

 

タロットじゃない月のカード。月はサインかにの支配星でもあります。

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
サバイバルモードを快適に乗り切るには?(コ○ナ対策)

 

コロナっていうとビール(昨日もビールの話、笑)を思い出しちゃうのですけれども………

 

まあそれどころじゃないですね(汗)

 

一般的には今回の件で怖いイメージついてるけれども、私の中ではあの黄色いビール。

 

『こんな時に何能天気なこと言ってるんだ!(怒)』

 

もごもっともですし、私も怖くないとか無視しようとか言ってるわけではないです(汗)

 

注意喚起や具体的方法というよりは、報道やSNSに溢れているのは

 

 恐れをばらまく、恐れを助長する

 

ものが多いので、言葉を聞いただけで、怖い!って反応しちゃう方もいらっしゃるでしょう〜

 

なのであえて ビール って言ってるんですが………

(コロナビールちゃんと売れてるかな?好きだからイメージ悪くなっちゃうのは嫌だな)

 

戦争や伝染病や災害が起こると、不安や恐れが充満して、大抵は

 

 サバイバルモード

 

になります。

 

サバイバルモードは身体意識優勢モードなので、魂とか人生の目的とか言ってる場合じゃなくて、今生きのびることが大切です。

 

人のこととか言ってられないので、悪い方に出ると差別的や排他的や人を責めるようになります。いつもよりずっと。

 

そう言うのを目にしても、まあ仕方ないですが、余計にピリピリしちゃうし、嫌な思いもするし困りますね。

 

じゃ、どうしたらいいのか?(これ本題)

 

自分なりのサバイバルモードに入れば大丈夫です。

 

単純なのは西洋占星術の 月のサイン っぽいことを許してあげればいいだけです。

 

おひつじ 衝動的、感情的になるのを許す。動物と触れ合う。

おうし  好きなものを食べたり、触れたりする。五感を大切に。

ふたご  目的のない会話をする。目的のない調べ物や散歩も。

かに   大切な人と一緒に。そうでないなら引きこもりも可

しし   人と同じことをしない。自分の好きなようにする。

おとめ  整理整頓。事務作業。または好きな健康法をためす。

てんびん 人の話を聞く。インテリアや服を見直す。

さそり  自分の恐れを再認識する。最悪のことを想像する。

いて   楽観的な自分を見出す。余裕があれば人にもそれを伝える。

やぎ   徹底してリスクを避ける。できることはとりあえずしっかりやる。

みずがめ 一人で抱え込まず、様々な人や情報に触れる。

うお   ぼーっとする。寝る。ほどほどにお酒や嗜好品を楽しむ。

 

「それ気がつくとやってるわ」って方もいらっしゃれば、

正直ピンとこない………って方もいらっしゃるでしょう。

 

ピンとこない場合は月のサインを調べてみて(まあ太陽星占いを参考でもいいですよ、サインのイメージなので)しっくり来ることをやってるといいでしょう。

 

またはすでに○○座っぽいことしてる!って気づくかもしれません。

 

まだやってなければ、それをいつもより多めに許す、自分にさせてあげることで………

 

落ち着きます。

 

ちなみに、全然怖くないし大丈夫!って感じてる方も一応、月サイン的なことやったほうが身体意識は落ち着いてくれる(落ち着いてる方がこの状況だと少ない)ので、お試しくださいませ〜

 

「えっと、月のサインわかりません!」

 

その辺は明日の記事でカバーしますよ〜

 

 

違うコロナ

(もともとラテン語corona 花輪、壁飾り、王冠。

なぜかネット上でギリシャ語語源とされてるけど、ギリシャ語でコロナはστέμμαなんですけど………

音からして、ラテン語って思ったら………やはり情報はちゃんと調べないとね、汗)

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
私たちは身体のことを都合よく捉えている。勝手な親が子を振り回すように

昨晩帰ってから、ワークショップで習った手法でさらに脚のケアをしました……

 

起きたら〜………いたたたた〜〜〜(笑)

 

やり過ぎたのか?

 

そりゃ昨晩のワークだけでもズボンがゆるくなったので頑張っちゃったのがいけなかったかな?

 

さらにかたいところもやったら、そこも痛いわ(笑)

 

触らなくても痛いわ〜

 

まあすごい場合カッピング(竹筒)で出るようにアザになっちゃうとのことでしたが、アザにはなってはいない。

 

でも痛い。

 

とはいえ気づかず痛くした張本人は私。

 

身体はただ黙って耐えてるだけなので責任はないんです。

 

むしろ我々人間が身体の扱いをいまいちわかっていないだけで(汗)

 

子供とどう関わったらいいかわからない親と似ているんですね。

 

魂が親で身体が子供だとすると、子供は親のことを無条件に求めますから(虐待されてても親かばうでしょ?)親の言うことを聞くし、信じるわけです。

 

でも親である顕在意識は身体のことわかってあげないから、身体に教えてあげたことでも全然顕在意識(私たちが)教えた通りにならないんです〜

 

それでも身体はずっと我慢してくれてるんです。そして親(顕在意識)みたいに上手に喋れない、正確に言うと言葉自体でのコミュニケーションをとってくるわけではないので、私たちも『何にも言ってこないんだから、まあいいだろう』ってなってしまうんです。

 

ある日、身体が悲鳴をあげ、なんらかの症状が出ます。大抵は病気になってから気づきます。

 

そうなったらば『なんだこの役立たずが〜』『もうちょっと頑張りなさいよ!』みたいにキツく当たります。

 

身体はもうダメ〜って教えてくれてるのに。

 

顕在意識と潜在意識(身体)の関係を親子関係を例にしましたが、親子、に限らず、家族でも一緒。

 

割りを食うのは子供。

 

親がいくら立派でも家族全体で何らかの問題を抱えているときにそれを表現する?引き受けてくれる?のは子供。

 

ペットが引き受けてくれる場合もあるくらい(汗)

 

だからと言って、すべての子供やペットの問題が親のせい!とか家族全体のせい!ってわけじゃないけれども………(様々な要因があるから)

 

身体の問題は我々人間のアプローチの仕方の間違い、ってことがほとんどと言えます。

 

ほんと変な姿勢の癖もあるし、扱いもおかしな時があるし、私の身体ごめんなさい〜、もうちょっとケアします〜

 

ってとこですね、はい。

 

 

ただ咲いたり、生きたりするのが潜在意識。

人間のように寒いだとか、咲かなかったらどうしよう?とか考えません。

純粋に生きてます。

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
身体は黙って色々引き受けてくれてます なのでたまには解放〜

セッション済ませてから〜夜はお待ちかね………

 

またまたかずみんがすんごい先生を呼んでくれたワークショップ!

 

私は2回目だったのですが他の方ははじめての方ばかり……

 

身体のメンテナンスを自分でもできるようになるワークショップなんですが〜

 

そもそも先生身体を触らなくてもわかるお方〜(!)

 

でも、きちっと触って 痛み を体験させてくれます。

 

本来身体を触って痛いのっておかしいんですって(汗)

 

ちょっとでも痛い!とかあるじゃないですか?

 

あれっておかしいんですって(涙)

 

確かに、前回いつでも簡単にできて、効果が明白なところ気がつくと触ってたら………

 

痛みがなくなっただけじゃなくて、その辺がいい感じ!になるんだな〜

 

マッサージクリームも、下着もそのあたりの広告はいっぱい出てくるけれども………

 

「え?私自分でできるからいらないよ!」

 

って感じ(笑)

 

やってることはとっても簡単だし、お金もかからないのに。

 

今回は自分で寝っ転がってまずお腹周り整え、起き上がって脚も整え、最終的には姿勢もよくなり、呼吸しやすくなり、歩きやすくもなるという………

 

自分でそれぞれ指示された場所をワークしながら、先生がポイントを触ってくれます。

 

もう〜〜〜痛いのなんのって(笑)

 

自分でやるとどうしても甘くなるんですよね。

 

しかし!みんなハマってきたのか、攻めるようにもなってきました。

 

そうしたら、不思議なことに気づいたのです。

 

身体が熱い!ってのはわかるのですけれども、やたら、手のひら、足の裏に汗かくんですね。

 

私どれだけ緊張しても手のひらに汗かくタイプでもないのに………

 

それを質問すると

 

「はい!手のひらや足の裏から 邪気 が出るんですよ」

 

とのお言葉………(呼気からも出るそうな)

 

邪気………オーラの周りのなんかはとりやすいのですけれど、身体のレベルに入ってしまうとそのまま溜め込んじゃうんですよね〜

 

何も人の念を受けてる、とかに限らず、例えば自分が抑圧した感情やら緊張やら葛藤ってあるじゃないですか?

 

それって臓器や身体に溜まることってあるんですよね。

 

極端に溜まるとその部分や臓器が病気になるし………

 

溜まるも何もエネルギー的な欠けがあると、それを埋めるためにとある病気にかかりやすくなるし………

 

実のところ、最終的になんでも身体が引き受けてくれちゃうんですよね。

 

「そこまで痛いってことは身体をほっといてきているんだから、身体にごめんなさい、って言ってね」

 

て先生おっしゃってましたが、本当に我々(顕在意識、魂意識)ってのは身体に迷惑かけがちです。

 

うまく導いてあげられる方が少ないし、身体が悪いからといって身体を恨む方の方が多いですね(涙)

 

もちろん「身体の扱い方なんぞよくわからん!」という状態のまま生きてるので、仕方ないところもあるのだけれども………

 

それにしても迷惑かけすぎというか、身体に負担かけすぎてるのがほとんどなのです。もちろん私も〜(コミュニケーションはとってるけど、うまく導いてるとはとてもじゃないけど言えない。無理はさせないところはいいところだけど、笑)

 

瞑想しててもわかるし、こういう身体のワークしてもわかるのですけれど

 

『身体は自分に属するはず?身体を自分と思っている?のにも関わらず身体のことわからないのはなんなんだろう?』

 

ってことです。

 

車の仕組みわからないけれども、ある程度操作方法わかれば乗れちゃうのと一緒。

 

たまたま今この身体を自分がコントロールできている部分もあるけれど(心臓とかはコントロールできてないし、血液作るのだってなんだって、全部身体任せ、笑)ほとんどが身体が勝手にやってくれてるのはなんだろう?って。

 

もちろんヨガ行者だと心臓もゆっくりにできたりするけれど、生まれた時からできるわけでもないし………

それこそ修行の賜物だし。

 

ヨガ行者は目指してないのでそこまでしなくてもいいかもですが、健康でいられるのに自分でなんらかのアプローチができるのはなかなかいいことだと思います。

 

医者任せや薬任せって場合も現代は多いですが、それらは自分が中心でないので、自分がどうアプローチできるのか?というのがとても重要だと思ってます。

 

ちなみにやりすぎ(極端な食事制限、極端な健康法、常にストイック)などはそれはそれでアブナイですし、それで早死にってのもまあまああるので気をつけましょう。

 

健康に気をつけていたはずなのに早死にの場合は、実は病気にフォーカスしていた、から早く死ぬ、と言えます(涙)

健康のことよりも病気のことばかり考えたり、心配したり、避けようとしてたら、それ逆効果なのでオススメしません。

 

是非とも健康にフォーカスしてくださいませ〜

 

あと、今日のワークで私が物心ついてから謎に思っていた身体の不思議がとけました!

 

そんなことだったかぁ〜!そしてそれ通常知らないのか!!!

 

ってのが超絶びっくりポイント!でした(笑)

 

やっぱりすごい先生から教わると、ず〜っと疑問に思ってたこと(別に今日のテーマと関係あると思わなかったのに)も解けちゃうんですね!

 

今週は魂的な部分も身体的な部分も両方勉強できて嬉しかった〜

 

 

痛いところ家帰って探したらあるわあるわ(汗)が、対処できるので地道にやっていきますわ〜

かえりは肉の話が出たので肉しっかり食べました。そしておつまみは袋茸

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
地震や災害の予言で言われる場所にこだわるよりも………

関東地方、最近身体で感じる地震が多いですね〜

 

東日本大震災の直後は余震が毎日、何度もあって、若干地震に『またか』と慣れっこになってしまったのは

 

 身体が慣れた

 

せいでもあります。

 

最近はご質問が減ってきた(いいのか?いいのか)けれども、たまにあるご質問に

 

「大地震や大災害はどこであるか?」

 

というものがあります。

 

これ何度もお伝えするのですけれども………

 

そもそも決まってない(地震の力の解放場所が直前で変わることがある)ですよ〜

わかっていたとしても助かるかどうかは???なんですよ〜

 

ってことです(汗)

 

「あんたの能力が大したことないから場所がわからないんでしょ?」

 

って言われても仕方ないですけれども、地震云々だけじゃなくて物事まで起こる瞬間!まで

 

 変わりうる

 

可能性があります。

 

絶対こう!って決まってないの〜(汗)決まってたら何のために生きてるんだか………

 

もちろん、もう決まってるというか、こういう出来事があるね、この件に関してはこんな感じね、ってわかることもあるのだけれども、それは、決まったから決まってる(???)んであって………

 

決まってないこともあるんだな。

 

助かりたい!安全でいたい!

 

ってことで一番重要なのは

 

 身体意識とのつながり

 

になります。

 

魂レベルからもたらされる情報(アカシックだと記録の殿堂)は、予定表?みたいなもので、まあ読めたからといって身体のレベルで反応できるぞ!!!って話じゃないんです。

 

旅行がわかりやすい例ですが、旅行に行かなくても情報は得られますが、行った!のとは感覚が違います。その違いがわからない

?重視してない人は旅行が趣味にはなったりしないのですよね(笑)
身体レベルからもたらされる情報(アカシックだと人生の書)は、リアルです。
なんていうのかな〜重たい!とも言う(笑)
身体からの感覚って生き残る上ではとても重要です。
身体意識ときっちりつながっていれば、危ない場所にいても生き残れます。
身体意識とのつながりが薄いと、本来安全な場所(災害など起こらないところ)にいたとしても、危険が迫った時にうまく対応できなくて………運悪く?(もちろんそれこそ決まってたかも?ではあるけれど)亡くなっちゃう、ということも起こります。
 どこにいても生き残れる!
っていうのを目標にした方がいいんです。予言者でもない限り。
9.11テロの時も、急に具合が悪くなったり、忘れ物したりで、巻き込まれなかった方々の話というのもたくさんありました。
本来であれば、巻き込まれちゃう?危ない場所にいたであろうに、身体の方がなんとなく、具合悪くなったり、忘れ物してみたりしてくれるんです。
単純にどうしても身体が行きたがらない、ってこともあるんです。

 

そもそも安全な場所がわかっても、その辺で交通事故にあうかもしれないし、ある島が安全!とかわかってもそこには全員いることはできません。

 

まあ100%安全な場所というのもないですけれどもね。安全な場所で人間関係のトラブルでとんでもないことになる場合だってあるかもだし(人が多すぎると色々パニック、物騒なことになるかも)

 

なので、どこが危ない!なんてわからなくても、自分の身体と仲良しで、直感が優れていれば、まあなんとかなります。

 

ちなみに、災害?の危険性が高い時には、物件選び(借りるでも買うでも)の時にとんでもないことが出たりします。

 

例えば故郷に帰りたいのだけど………なんて時にあり得ない出方!をしたりします(汗)

 

もちろんそれに付随して、『あれま、噴火があるのか』なんてわかったこともあります………

 

目の前のことに集中したり、そこにベストを尽くしていけば、大抵のことはなんとかなりますので、予言者でもないのに色々気にしなくても大丈夫、だとも言えます。

 

まあ、知りたければ、それはそれで自分の人生の参考?にもなったりするので、そこを否定はしませんけどね〜

 

| 身体意識 | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/3PAGES | >>