CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
手帳あれこれ ライフスタイルに影響も?

確定またはやったことをジブン手帳(バーチカルならなんでもいいのだけど、今年はコレ)

これからやろうとしていることをバレットジャーナル(結果やったことも残る)

 

と分けることにして………はじめたばかりではありますが、かなりストレスがなくなった感じです。

 

分けている理由はスピリチュアル的に(!)ちゃんとあるのですが、そこは後ほどあげるとして………

 

それ以外の理由は………

 

・ルーティンのお勤めではないので、日によって予定が全く!違う

・予定が違うってことはやること、タスクも違うわけで、日によって分量が全く!違う

・ルーティンの働き方でないので、強制力のないやりたいこと、やることが多いので予定通りに入れる必要もないし、入れたら入れたでストレス(昨日の日記、汗)

・セッションある日よりも、オフやイベント時のやることが半端ない(主婦と似ている?)

・フラワーエッセンスのご注文もいつ入ってくるかわからない(ありがたい!)

 

というところです。

 

なので、バーチカルだけではたくさんやることある日のタスクが書ききれません。

大雑把なタスクをこなせない怠け者なので、タスクのステップ細いから余計に(苦笑)

ただ、確定の予定を見渡したり、ライフワークバランスを見るのにもってこいなのでその分は頼りにしてます。

ちなみに仕事の予定とプライベートの予定と、やったことではペンの色違います。

色が違うので、バランスが一目瞭然です。

 

ほぼ日手帳(1日1ページ。時間軸もあり)もいいんだけれども………

これは完全に好み!の問題だと思うのですけれども大して何にもなかった日がスカスカで、何かやり放題の日がびっしり(記録をつけたりすると)になっちゃって………全部埋まらない感じが好きじゃないです(苦笑)

やり放題の日のことを空いてる日に書けばいいのだろうけれど、それも好きじゃなくて………バーチカルのようにバランスが取りづらいのもネック。

日々日記つける癖がある人にはいいし、毎日○○日記(英語、ワイン、映画、ダイエットなど趣味や習慣を継続している)人にはぴったり!だと思います。

(私のやり放題!の1日は………移動、出張セッション、ライブ、飲み……なのですごい盛りだくさんなのです、笑。いろいろ覚えがきあると1ページでは終わらず、苦笑。ライブの感想とか)

 

今書いてて思い出したけれど、先ほどあげたバーチカルとバレットジャーナルの他に、ネタ帳(本や何か見た時に長い感想。今後のビジョンで思いついた事柄、ワード。ブログのネタにも)と手のひらに収まる買い物メモがあります。

 

ちなみに手帳で一番不満!っていうか、作った人間を正座させて説教したいくらいのものは………

 

月間でも週間でも土日がちっちゃいやつ!(ヤツと言わせていただく)

土日の方が忙しい!!!っちゅ〜〜〜ねん!!!

接客、サービス、フリーランス、自営………無視の手帳!

 

お勤めの方にはそれでいいかもしれないけれど………

土日がちっちゃいってことはプライベートもちっちゃくていいの???

って作った人(多分お勤め?)に問い詰めたい(苦笑)

お勤めしてたって土日にいろいろあってもいいのでは???

こんなの使ってたらリア充程遠いかもよ(嫌味。使ってる人はゴメンナサイ!だけど、心当たりあるなら手帳変えることオススメします、汗)

 

1日1ページ手帳でも、土日が1ページ的なダッサい!のありますね。

本当嫌い!!!焼いてしまえ!(言い過ぎ、笑)

その点ほぼ日手帳は偉い!です。

 

休みだろうがそうじゃなかろうがどれも大切な1日であれば曜日によって書く欄の大きさ違うなんて………

傲慢だよなぁ〜(そこまで言うか!)

 

それくらいちっちゃ〜い(私自身がちっちゃいやつだが)細かいこだわりがあるってことです。

 

でも多少は手帳もライフスタイルに影響を与える気がします。

 

土日ちっちゃいイコールプライベートが???

平日おっきいイコール仕事重視!!!

 

というさっきあげたようなことからはじまるかな?

 

手帳はそんなに気にしない〜って方も、自分の手帳を見直してみるといいと思います。

また、最近はありとあらゆる種類のものが出ているので、お店で見てみてもいいですね〜

もう1月過ぎたので値段下がっているのもありますよ〜

 

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
怠け者さん?のスケジュール管理には………バレットジャーナル

以前の記事で、私はとっても怠け者!なので、大雑把に箇条書きにするのではなく、かなり段階を細かく分けて箇条書きにしていることをあげました。

 

紹介している本は、そんな箇条書き派にはぴったりの バレット(bullet)ジャーナル について書かれています。

 

使ってきた手帳は………

 

夢を叶える手帳(バーチカル)

ほぼ日手帳(1日1ページ)

バーチカルタイプ(HIGHTIDE or DELFONICS)

ジブン手帳2018(バーチカル)

 

と変遷しています。

 

セッションしてるので、1週間で予定をみわたせるバーチカルが基本ですが………

 

ちょっとここで質問です!

 

「手帳に予定を書いてきちんとこなせますか???」

 

私はどうしてもそれができません(苦笑)もちろん、セッションや人との約束、イベントはきっちり守ることができますが………

 

いわゆるいつやってもいいようなものを計画し、手帳に記入し、その通りにやる!!!………というのができません(苦笑)

できるっちゃできますけれど、あらかじめ決められた予定通りにやると………どっと疲れます。

夏休みの小学生以下!!!なんですけれども…………

 

代わりと言ってはなんですが、時間や順番にこだわらず、締め切りまでにこなすことはできます。

 

なので、手帳には、セッション、人との約束、イベントは書いてあるのですが、自分の用事を書き込まないんです。

あと…………これは矛盾してる?へんてこりんなところなんですが、書いたことはやりたくなる!ので、きっちり計画立てればそうするけれど、まあ時間が足りなくて(その日には終わらないけど、次の日でも間に合う。その日に間に合わないだけ)後回しにしちゃうと………めちゃめちゃ自己評価が下がります(笑)

 

上記のことから………

 

その時やりやすいこと、ノリやすいことから片付けるのであればオッケー!

 

ということでした。

 

なので、手帳には、確定している強制力のあるセッション、人との約束、イベントなどを記入し、あとはやったことをちょこちょこ書いていました。

 

やりたいことややるべきことは、A4の紙に細分化し、一応日付はつけるけれども、日にちにこだわりなく、書いていっていました。

やり残しちゃうこともあるので、どうしても日にちをまたいでしまうという(汗)

 

手帳でやる時は、フセンで予定が動かせるようにしたりとちょっと工夫もしたりして………でもA4の紙に書く方が楽だなぁ〜と。なんてったって細分化しすぎてフセン多すぎ!!!になってしまって………

 

ここでご紹介した本はそんな悩みを解決してくれるバレットジャーナルの初歩的なやり方が紹介されています。

 

そもそもニューヨーク在住の学習障害を持っているライダー・キャロルさんがたどり着いた方法とのこと。

 

手帳のように紙面、かける場所に限りがあるわけではなく、普通の、その辺のノートでも取り組んでいけます。

 

タスクの頭に設けた □ のタスクのマスや ・ のバレット の使い方(それはその人の趣味による)をわかりやすく使っていくことで、

 

終わったのか? 

終わってないのか?

スケジューリング済みか?

先送りにしたのか?

 

ということが簡単にわかるものです。

 

最初にインデックス(目次)フューチャーログ(半年分の予定)マンスリーログ(月間予定を管理)を作るのがすこ〜しだけハードルがありますが、デイリーログ(1日の予定・タスクを管理)はほぼほぼ箇条書きなのでとっても簡単です。

 

そもそも先送りも考えてくれるところがありがたいし………1日にいくらでも書けるのが助かります。

 

私はジブン手帳についている(買い足しも可能)IDEAノートをバレットジャーナルにすることにしました。ちっちゃ〜い方眼(方眼大好き!)でもともと字も大きくないので(ここはめっちゃ月乙女座、笑)たくさんかけて便利!!!です。

 

つづく

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
そのお家はあなたの夢を応援してくれますか?

以前に引っ越しでご相談があった方のセッション。

 

物件自体が普通の物件ではなく、一般的には空間の使い方が難しいものでしたが………

 

その方には合っている!とカードでも出てましたし、その場所よく知ってるところなのですが、以前にいらしたところ(その辺もちょくちょく行く)よりも、今後のその方に合ってるのがわかったので、おすすめしました。

 

ただ、お引越し前の時点では

 

『いろいろ大変(引越し自体も!)なのに大丈夫なのかな〜?』

 

といった感じでしたが…………

 

「引越ししたことでいろいろ変わるんですねぇ〜。よかった!」

 

とのご感想をいただきました。

 

物件に問題がないとか、物件自体がいい!とかは当たり前ですが、引越しすること自体で

 

・引越しなさる方のビジョンが叶うかどうか?

 

・今までの家よりもより叶えてくれるか?そうでないか?

 

・新しい家に行くことで新たに見えてくるビジョンはどうか?

 

なんてところに留意してみていっています。

 

要するにお家が住む人のビジョンを応援してくれるものか?

 

というところを重視しています。

 

日当たりが悪いのは良くない!なんて一般的には言われていますが、昨日の記事であげたような夜作業したい人にとっては、日当たりとかあんまりいらなかったりするわけです(汗)

 

これからバリバリ変化していきたい!って人にとっては落ち着けてゆっくりできる家では…………かえって足を引っ張るわけです(汗)

 

その辺の兼ね合い、もちろんちゃんとみていたので、ご本人が変わりたい方向に変わった!とのことでした。

 

割と引越し前は迷われていたので、『もしかしたらやめちゃう?』なんて思ったりもしなくはなかったのですが、いいご報告がいただけてホッと一安心しました〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
ビジョンを見る、感じる、体験する、わかるには………やり方、手段は気にしない 明日は秋分

年のはじめに目標を立てたり

おやすみ(GW,お盆,年末年始)などに改めて目標を設定したり、ビジョンを確認する方が多いと思いますが………

 

私の場合は特にまとまった休み!が決まった時期にないもので、だいたい春分、夏至、秋分、冬至や春分とあまり変わらないけど、誕生日に目標、ビジョンに関して取り組みます。

 

取り組む!って言っても、具体的に目標に向かって計画を立てる!っていうよりは、ただ瞑想して、ただビジョンを改めて見て(新しいのが見える時もよくある)ただ望みを書くにとどめます。

 

計画を立てた方がいいものに関しては節目の日が過ぎてから立てますし、計画云々関係ないものに関しては書いたら書きっぱなしで敢えて寝かしておきます。

 

そんな適当?に願い事や望みやビジョンを確認するだけで効果があるのか?意味があるのか?

 

って感じる方もいらっしゃるとは思うのですが………

 

先に手段ややり方まで計画立ててしまうと、単に実行可能な、ビジョンというよりは地道な目標設定になってしまうから、ただビジョンを見て、それを言葉にするにとどめているということなんです。

 

例えば、ある人が………

 

 広々したお庭があって、ゆったりとしたお家にいるビジョン

 

を見たとします。

 

やり方や手段のことを考えてしまうと………

 

・こんな家いくらするんだ?値段にしたら○千万?億?だし、そんなお金入る予定もないし………

・今住んでいるところと雰囲気違うけれども、ここどこよ??? ていうか仕事ど〜するのよ!

・今のマンションは管理人さんがいて、管理も行き届いているけれど、あんな家メンテナンス大変では?そんな余裕ないし…

 

などなどやり方や手段のことを考え始めると

 

 広々したお庭があって、ゆったりとしたお家にいるビジョン をしっかりと見た!感じた!にもかかわらず………

 

『そんなん無理でしょ!』

 

って自主検閲(笑)が入り、その見たビジョンを書きとめたり、絵に描いたり、イメージをコラージュしたりなどのビジョンをいつでも思い出せるような作業をしなくなります。

 

せっかくビジョンを見たのに………

見なかったのよ同じことになります(汗)

忘れちゃって、思い出すことができなくなって、またそのビジョンは夢の世界?魂の世界?にかえっていきます。

 

ちなみに、本当に自分自身が見た!体験した!感じた!わかった!ビジョンというのは叶う可能性が高いです。

ほおっておいても叶うかもしれませんが、普段からそのビジョンにつながることができるとより早く、より簡単に叶うことになります。いわゆる現実化、引き寄せってやつです。

 

やり方、手段まで考えて今までの人生でしっかりと叶えてきた方は、そのやり方を続けてもらった方がいい(実績あるわけですから)と思いますが………

 

やり方、手段を考えてしまって、単純なビジョン、夢、望み、やりたいこと、自分が惹かれることを自分で打ち消してしまうようなパターンをお持ちの方は、な〜〜〜んにも考えず、ただビジョンを見る、感じる、夢を見る、感じる(妄想のように思えるときもあるでしょうけど)ことを許してあげてみてください。

 

明日は秋分なので(実際はいつでもいいのだけれども、節目ですし、スピリチュアルな儀式は春分、夏至、秋分、冬至のタイミングが多いです)気楽に試してみることをおすすめします。

手段とか考えなくていいので!!!

むしろちょっと馬鹿っぽい?子供っぽい?くらいでうまくいく、現実化、引き寄せのやり方になります〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
自分の望みを妨げているのは………自分のことも?

昨日の例は極端?自分が自分に憑いてる?くらいのレアケースですが………

 

望むことが叶わない理由の最も大きなもので

 

【自分の一部はそれを望んでいるが、一部はそれを望んでいない】

 

ということがあります。

 

身体意識は安全を望んていて、魂意識は冒険を望んでいる という理由で、現状維持vs現状を打破!冒険!で身動きが取れなかったり、変化しきれなかったり………

 

また、過去に望んでいたことを諦めきれていなくて、諦めたつもり?で新たな望みを持ってもなかなか上手くいかない………

 

なんてことがあります。

 

自分の中の矛盾が自分の望みを妨げてしまうんですね〜(汗)

 

東京駅に降り立ったとして………

新宿に行きたい自分と、渋谷に行きたい自分がいたとすれば代々木か原宿にたどり着きますが………

上野に行きたい自分と品川に行きたい自分がいたら………東京駅近辺にいることになるでしょう〜(汗)有楽町くらいか?

 

多少矛盾を抱えていても、方向性が一緒であれば、まあそっちの方に行ける、望みに近づけます。

 

が、その矛盾が深ければ深いほど、どう望んだって…引き寄せ!って言ったって………叶いはしません。

 

こういう場合は、望みがどうとかビジョンがどうの前に、自分自身を整理整頓する必要があります。

整理整頓=自己認識をしていくことになります。

 

普段の生活の中での矛盾をなくしていくことも大切です。

矛盾を片付ける前に、矛盾していることに自己認識をすることによって気づくこともできます。

 

または矛盾を矛盾のままにしない………というやり方もあります。

都会暮らしと田舎暮らしを両方したい人がいたとしたら、どちらにも拠点を持つ!ということをすればもはや矛盾ではなくなりますからね〜

 

以上、昨日の補足?でした〜

 

で、今日はお盆で指定席取れなかった?(券売機でじっくり選びたくても後ろに人並んじゃって選ぶ!なんてことできなかった〜汗)ので、1日予定を早めて神戸へ!新大阪で新幹線乗り換えという(笑)

 

いろいろ遊びに行くところ調べて、行く気満々だったのですが………ホテルがスパつきプランだったので、あんまり宵っ張りになるわけにもいかず〜(笑)近所を散歩する程度にして、明日に備えました。

ホテル、スパつきなだけじゃなくて、映画見放題だった!ちょっと興味があるのがあったので見たりもしてゆっくりできましたよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
本気出す!夢叶える!には………準備やメンテが不可欠!

仕事がうまくいくかどうかは準備がうまくいっているかどうかで決まる

準備8割、本番2割

 

などといった文言を見た、聞いたことがありますか?

 

本番で力を出したい!のであれば、そこだけ頑張ればいいのではなくて………

何事も、本気!万全!でいくには見えていない8割の部分も大切になります。

 

これを普段の生活に当てはめるのであれば………

 

仕事してる

本気でコミュニケーションとってる(理解し合う)

作業(料理、掃除、家事も含めどんな作業でも)をする!

 

であったとしても、準備、見えてない8割が大切になります。

 

「私はなかなか決めたことに取り組めない」

「決めてもできないし、習慣にならない…」

 

と言った場合は、準備、見えてない8割が出来てないことがほとんどです。

 

「さあ、本気でやるぞ!」

って時に、机の上が汚かったり、やり残したことに気づいて、作業以外のところに時間を使ってしまった!

っていうお悩みもありますが、普段から、机がきれいだったり、やり残しがなければ、すぐに本気で取りかかれたわけです。

(散らかってるのが気になる場合は、作業以外だけどやった方がいいでしょう〜。無駄じゃなくて準備!ウォーミングアップと考えればいいです)

 

一見、どうでもいいような準備段階のことができていれば、すぐに本気!本番にかかれる!

準備できてなければ、やるぞ!と思ってもできない………

となるわけです。

 

準備が大切、ということは準備=メンテナンスが大切、ということも言えます。

 

メンテナンスがうまくいっていなかった場合、後でトラブルが生じたり、メンテナンスにより時間がかかることも考えられます。

 

最近の私の例ですと、3月に歯の奥?が痛み出し、歯医者さんに行ったのですが………

今日やっと全部終わりました(苦笑)

 

昔治療したところの下が大変なことになってたんですねぇ………

根っこの治療だけでなく、プラスアルファ(前からやりたかった)もついでにやっておきました。

 

これこそ、普段からのメンテナンスができてなかったから、緊急メンテナンス&たまったメンテナンスで時間がかかった!って事柄です(汗)

 

歯に関しては、全然ダメダメでしたが、30過ぎたあたりから、週一でトレーニングに通っていて、そっちのメンテナンスはサボらず、ちゃんとできています。

おかげで、単純に日々元気でいられる!ってだけでなく、昔の2倍どころか4倍くらいは体力つきました。

出張セッションなどのハードスケジュールをこなせるのも、この週一のメンテナンスのおかげです。

 

歯も、トレーニング同様、普段からのメンテナンスを欠かさずやっていきたいと改めて思いました………

っていうか、今通ってる歯医者さん、ちゃんとメンテナンスの予約を月1か、少なくとも3ヶ月に1回は入れてくれるので………大丈夫でしょう(汗)他力本願?かもですがいいでしょう………やらないよりは。いろいろ指導も受けたので、普段の歯磨きも力入ってます(笑)

 

もしも、今の生活が、目の前のことでいっぱいいっぱいで、メンテナンスや準備などできないのであれば、いっぱいいっぱいをずっと続けるのではなく、まず減らすことが大切です。

減らすのが難しいのであれば、無理やりメンテナンスや準備に使える時間を確保することです。

 

言い方を変えれば、

 

【自分のための時間、空間を確保する】

 

ということです。

 

これは自分との約束になるので、一回設定したら(手帳に書いたりしたら)変えないで、しっかり付き合う!ということが大切です。

自分としっかり付き合う、向き合うための大切な時間です。

 

自分のための時間、空間があると………

 

夢、ビジョンとも自然とつながりやすくなります。

 

そもそも、夢、とかビジョンも目の前の生活には関係ないことで、これ自体、準備?メンテナンス?とも言えます。

 

ちなみに、もともと夢、ビジョンがはっきりしている場合でも、夢、ビジョン自体の見直し、メンテナンスを大切にすることで、より夢やビジョンが叶いやすくなるんですよ〜

 

この記事読んでくださって

 

『あ、そろそろ○○のメンテナンスだった!』

『○○やりたいから、△△の準備いるな!』
とふと思った方………
さっそくその時間と空間を確保して、スケジューリング(手帳やメモに書く)してみてくださいね〜
夢やビジョンにつながってもいくちっちゃな種や一歩になることでしょう〜
| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことやれちゃう!のは 社会や親を○○できる人?

 

社会は個人ではないので、人格はありませんが、その社会、時代における

 

いいとされる基準

 

というのは存在します。

 

ゆとり世代

がありますが、これは社会(文科省主導?)がのびのびと個性のある子供に育てよう!ということでゆとり教育を行った結果、その教育を受けてきた世代にゆとりと呼ぶにふさわしい(?ゴメンネ)特徴が生まれてきました。

 

個性が育ったら育ったで文句を言うのも社会(滝汗)

勝手に『いい!』としてそっちに誘導したくせにね!

 

でも、ゆとり教育を受けた世代であっても

 

「個性も何も、何が何でも○○になるぞ!頑張るぞ!」

「○○大学に!」

「○○に就職!」

 

って頑張った人たちだっているわけです。

 

反対にバブルだからといって浮かれずに、景気云々のせいにせず、着実に頑張ってきたバブル世代!っていうのもいるわけです。

 

そもそも親も社会の影響を受けています。

時代による子供の夢、なりたいものというのがありますが、それは子供がそういう風なんじゃなくて

 

社会→親→子供

 

っていう感じの刷り込みでそうなっちゃうんです。

 

なりたいものに公務員や専業主婦の安定志向が(専業主婦は安定と思わないが、汗。公務員の嫁ならいいのか?)出てきたり、反対にユーチューバーだったり夜の蝶(キャバ嬢)が出てきたり!

夢というよりは、超現実的なもの。超現実的な(でも今となっては難しい)夢。

社会や親が『昔ほど景気良くないし、食ってくのも大変!安定が一番!』って言いすぎてる証拠でしょう〜。

 

子供のなりたいものと、社会や親の意向が一致していればいいですが、そうでない場合も相当あるので、

 

 子供の才能を伸ばす!

 

なんて上から目線はやめて

 

 子供のやることの邪魔をせず、やりたそうなことがあったら手助け(これも先まわりは×)する〜

 

くらいでいいのです。

 

むしろ社会や親の意向と一致していても、子供が大きくなった頃には何十年も経ってるので、時代が変わっています。今の子供達がユーチューバーで食ってけるかは疑問ですし、公務員も外部委託などがあるかもしれません。過去を振り返っても郵貯や社会保険庁は組織全体で変化しました。

 

親や社会の意向と一致しなかったとしても、

 

その子が大人になった頃はその子がやりたかったことがまさに時代が求めるものだった!!!

 

なんてこともよくあるのです。

 

以上を踏まえると純粋にやりたいことを見つける!と言っても

 

社会(時代)

 

の影響が大なので、本人がやりたいこと見つけるのが容易じゃないんですよね〜

 

反対に、やりたいこと見つけちゃった!って人は

 

親や社会の意向や要請は………無視できる子!!!

 

ってことにもなるんですね〜

 

はい、タイトルの○○は 無視 でした〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
自分のビジョン?夢?と思っても…もともとは刷り込まれた所からはじまってる

人の望みをかなえていると自分のやりたいことがわからなくなることを昨日あげました。

 

ただ………

 

 いきなり自分のやりたいことわかっちゃった!!!

 

っていう場合の方が少なく、

 

最初は親や社会の意向に沿うことをやっていくのが当たり前だったりします。

 

そもそも『自分は○○を信じている!』『○○が好きだ!』とか強烈に思っていたとしても………

それすら周りから与えられた、情報、価値観がベースになっています。

 

 純粋に自分自身だけの考え!アイデア!

 

というのは厳密に言うと存在していません。

 

誰しもそうなので、親がよかれと思ってであっても、本人の意向ではなく、親の意向(見栄や親にとって得する、いい親と思われるような子供の進路や選択肢)を優先させてしまうと………

 

本当に何がなんだかわからなくなりやすいです。

やりたいことがわかんなくなっちゃっても当然(!)になっちゃいます。

 

親が子供の邪魔をせず、子供の好きなようにさせれば………もともとそれがその子のやりたい方向なので、その子は自分で悩みながら(本当にやりたいことでも悩んだり、現実の問題にぶつかったりはするので)前に進んでいくことができるんです。

 

これは親だけでなく、社会にも言えることです。

 

社会が邪魔?してくる?はたまた影響を受けちゃうってどんな感じなんでしょうか?

続きは明日〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
こうしたい!というビジョンだけでやり方はついてくる。そうじゃないなら…それホントに自分のビジョン?

自分のやりたいことがわからない

 

という場合、そもそも人の意向に沿ったことばかりやってきた、ということがほとんどだったりします。

 

『親がいいと言ったから』

『先生がいいと言ったから』

『旦那さんがいいと言ったから』

『奥さんがいいと言ったから』

 

自分の意向ややりたいことやビジョンがあったとしても、周りにも認めてもらうために、自分の意向ややりたいことをちょっと曲げていたり、変えていたりするパターンです。

 

親が子供の意思を尊重せずに、自分の見栄や意向を混ぜさせたり、優先させたりする………それが子供にとって邪魔!になりやすいってことです。

完全に邪魔してるわけでもないのですが(親と子供の意向の折衷案になるから)、ある種の洗脳パターンとも言えます。洗脳とまでいかなくても取引パターンかな?(汗)

 

ちなみに、今回のお話の場合その方が叶えてきたことで周りに何度も聞いたか?ということを伺ったら『一応○○には聞いたけど、変な感じで対応されたので、あとは自分でなんとかしよう!』となって叶えた!とのことでした。要するに『そうする!』って決めてたことには聞きまわったりなんかしなかった!!!ってことです。

 

『ただやりたい!』ってことに理由はいらないですが『本当にやる!』ってなった段階で具体的に考えるようになります。手段が思いついていきます。ちなみに本来の思考の使い方はただアレコレ考えるためにあるのではなく、心に浮かんだことの道筋を見つけるのが思考のやることです。思考がやりたいことを見つけはしなくて、心がやりたいことを見つけるのです。

 

『決めたのに、具体的に考えられない…』

『なんだかモヤモヤするけどモヤモヤ点が明らか(具体的)にならない…』

 

って場合はもしかしたら

 

エゴちゃんレベルで『やりたい!』

 

ってなってるけど、

 

心、魂レベルで『心底やりたい!』

 

じゃないのかもしれません(汗)

 

『どうするのか?』っていうやり方がわからなくても、『どうしたい!』がわかれば、やり方って後から出てくるものです。なんとかなっちゃうものです。

 

『どうしたい!』がわかってる?はずなのに、やり方すらでてこない………

 

それって本当は自分の望みじゃないことをしようとしてるのかもしれませんよ!

 

ってことです(汗)

 

よくある例を一応あげておきますね〜

 

・お金欲しいはずなのに手段がわからない→『宝くじ当たらないかなぁ〜』

・結婚したいはずなのに出会いがない→『運命の人がそろそろでてこないと困るなぁ〜』

・もっと仕事で成果あげたいはずなのにどうしたらいいかわからない→『資格取っておいた方がいいのかな?』

・痩せたいのだけれどどうしたらいいのかわからない→『短期間でなんとかなる簡単なダイエットないかな?』

 

以上あるあるパターンです!(汗)

大丈夫でしたか〜?自分の望みじゃないこと叶えようとしてませんか〜?

 

自分の望みの方が取り組んでても楽しいし、ずっと叶いやすい(かなって当然?)でなんですよ〜^^

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
専門家でないいろんな人に聞いちゃうのは………ちょっとおかしな感じ?(洗脳?)

昨日の話の続き。

 

周りが怪訝な顔をしたり、反対?に近いようなこと言ったり、素直に応援してもらえなかったり………

 

が起こったのは別に本人の意向を邪魔しようとしているのではなくて………

 

それこそ本人のキャラというか今まで大切にしてきたことと合っていない、違うことだった

ので

周りの方々が面食らったり、どうしたの?って反応したってことだったんです。

 

そして振り返ってみると…

 

とにかく沢山の方々に同じ質問をしたそうです。

 

「私はやるって決めてるんだけど、どう?」

 

って。

 

昨日の家を買うって決めてる例で考えると分かりやすいですが………

 

『本気で買う!』って決めてたら、万全でいくためプロのサポートを受けるだけでオッケーでしょう。

 

転勤等の可能性があるのであれば、貸したり売ったりがしやすいか?

ローンの計画に無理がないか?

耐震性や火災に対しては大丈夫か?

地震がきになるのなら地盤はどうか?

昔の地図はどうだったか?

 

これらは自分が調べるのが難しいので、それをお金払ってでも専門家に聞くでしょう。本気であればあるほど不安要因を潰したり、潰せない場合は対処できるようにしておきます。

 

医者で言えば、セカンドオピニオン、サードオピニオンをするってことと同じです。

 

しかし、専門家でもない人々に

 

「私家買おうと思うんだけど、どう?」

「私こういう治療受けようと思うんだけど、どう?」

 

と聞くのってなんだか不思議なわけです。

 

専門家じゃない人に聞いたところで答えられないんですけれどね(経験者なら多少は何か言えるが)

 

この場合どういうわけだか専門家じゃない人ばかりに聞いて回ってたそうです。

 

「この服似合うと思う?」

 

って誰かが聞いて回ってるとしたらこんな意味があるでしょう………

 

「この服って着てもイタくないよね?変じゃないよね?アウトじゃないよね?」

 

っていう(汗)

 

『絶対似合う!』って思ってたらそんな聞き方しませんもんね。

まあ、自慢したくて?見せたくてその服ばっかり着て人に会うかもしれませんが(笑)、いちいち聞いて回ったりはしません。

 

背中押して欲しくて、誰かに聞く!ってことはありますが、どんなに背中を押してもらったとしても不安が拭えなかったり、どういうわけだか同じことをいろんな人に聞きまくっているのであれば………

 

『そもそもそれって本当にやりたいことなのかな?』

『自分から湧き上がってきていることなのかな?』

(自分からじゃない、ってことは他の人の望みや意向)

 

って話です。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/5PAGES | >>