CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
魂の導き、直観を人生に受け入れるのは自らの選択

以前にお引越しを迷ってた方がいて、お引越ししたらよかった!

 

って話はこのブログでもあげました。

 

その話題に今日もなったのですが、

 

「あの時ミラさん『新しい家が魔法の○○になるよ!』って言ってたんですよね〜」

 

と。

 

なんだかちょっと詩的というか若干ファンタジーぽくて私は普段言わない感じの言葉(汗)だったのですけれども、まさしくそういう感じのお家になったとのこと。

 

お家に限らず、

 

趣味

場所

 

どんなものであってもその方にとって大きなきっかけや、きっかけだけにとどまらずビジョンにつながっていくことがあります。

 

人との出会いであれば運命的な出会いとかソウルメイト(あんまり好きな言葉じゃないけど、まあ一般的になってしまったから)と言いますし………

 

職との出会いであれば天職

 

趣味との出会いであれば生きがい

 

場所との出会いであれば安住の地、または輝ける場所

 

なんて風になります。

 

「じゃ、どうしたらそういった運命的な出会い、ビジョンに関するものと出会えるんですか?」

 

ってご質問がどこからか聞こえてきそうです………(気のせい?)

 

もちろん激動の人生!超ドラマティック!!!なんて場合は四の五言ってる暇もなく、次々といろんなことに巻き込まれていくと思います。

 

が、どうしたら運命的なものに出会えるか?っていうご質問の場合は激動の人生!でもなくドラマティック!!!でもないと推測されます(汗)

 

どうしたらいいのかというと………

 

 なんとなくを大切にする

 なんとなく=直観を大切にする

 

ということになります。

 

直観=ビビビ!!!的に解釈、勘違いされる場合がほとんどですが、直観は魂からもたらされますので、たいていの場合はささやき声のようなものなのです。

 

ビビビ!!!というのは直観というよりは感情や身体意識に属するものに出会った、または自分の欲求、欲望とハマった!ものに出会ったときに起こる衝撃な事がほとんどです。

 

もちろん 天啓 の場合はビビビ!ときますけれども、それってしょっちゅうあるものでなく、滅多にないことと言えます(汗)

 

悟り開いちゃったり、宗教の開祖になっちゃったり、一瞬で自分の人生すべて見えちゃったり………

そんな時は天啓!ですけれど、これみんながみんなに起こるわけじゃないので、こんなの待ってるのはおすすめできないのです。

 

それよりも………

 

『なんとな〜く気になる』

『なんとな〜くちょいちょい気になる』(要するに何度もスルーしている)

『意味はわからないけど引っかかる』

 

そんなことが魂のささやきだったりするのです。

 

今日いらした方は以前のお引越しの時に魂的には

 

『もう引越しましょうよ〜』

『一般的でないけどその物件はあなたにあってるのよ〜』

『あなたのテーマともあってるのよ〜』

 

といったささやきがあったので、私は後押しをしただけなのです。

 

そしてその際に魔法の○○なんていうちょっと不思議な?言葉も降りてきちゃったりもしたわけで………

 

魂的なことって必ずしも強制されるばかりではなく、むしろご自分で意識的に選んでいく必要があるものだったりするのです。

 

魂はいつでも見守ってくれているのですけれども、そこを最終的に起動?動かしていくのは自分自身のほんのすこしの思いつき、勇気、行動だったりするのです。

タロットかオラクルカードにしても素敵〜。

いただいた自作のポストカードです。ありがとうございます!

ご自分で作れる方ってすごいなぁ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
目的をかる〜く決めると………寿命が延びる?!

やりたいことが見つからない………

 

そんな話をつい先日も聞きましたが(セッションではないけど)、年齢が若い場合には迷ってる?的な感じで全く構わないですが、年齢が上がれば上がるほど………

 

あんまりおすすめできません。

 

アメリカの調査ですが、退職後2年(それより短かった)経たないうちに亡くなってしまう方が多いのだそう。

 

セッションの中でも

 

「もうすぐ退職なのに病気になってしまった」

「亡くなってしまった………」

 

なんて話もうかがうこともあります。

 

人生と旅は似ていて、何か目的があれば輝きますし、期間延長が可能です。

オプション?な感じで滞在を延ばす、のと同じです。

 

目的のない旅って想像してみてください………

 

もともと行き当たりばったり大好きな人にとってはその日目覚めた時にやりたいことを決められてとても楽しいと思うのですが………

 

そうでない人にとってはこんな悩みが出てくると思います。

 

パックのツアーの場合(通常の人生?笑)は

『今日はどこに連れて行かれるんだっけか?』

『なんで5時おき?』

『え〜と、そのお土産や行かなきゃなの?』

『いろいろ行くけど、どこも似たりよったり。何が面白いの?』

 

個人の場合(レールから外れた人生?笑)

『あ〜、今日は何しようかな………』

『あ、やばい次のチケット押さえてないぞ』

『○○行きたい気もするけど………予約しないとダメだった?』

『ホテルにいてまったりもいいけど………何しに来たんだろう?』

 

みたいな感じになります。

 

旅やめたくなっちゃいません?

 

人生も同じです。

 

特に目的なないとやめたくなっちゃいます。

 

意識的にそう思ってなくても………

 

やめちゃう=死に近付きます(滝汗)

 

なぜ目的が決められないのか?

 

それはだいたいの方がご大層なものを決めようとするからです。

 

目的の内容にいい悪いはないんです(汗)

ものすっごくしょーもないことでもいいので、目的があれば旅も人生も楽しくなるのです。

期間が自動的に延長されていくのです。

 

私も今旅行の計画立ててますが、第一の目標はライブですけれど………

ライブがない日だってあるので、目的をこんなものにしてみました。

 

・世界の車窓から〜みたいな列車の旅。乗り鉄とも言う

・まあまあの都会をブラブラ

・その土地の偉人に触れる。偉人が本書いた宿に泊まったりも

・美味しいお酒を飲む(通常運転、笑)

・スピ系店巡り(やはり通常か、笑)

・ガイドブックにあまり載ってないところにも行ってみる

 

世界遺産の街もありますけれど、いわゆる観光!ではあまりないです。

むしろ自分が住んでいないところで、普段のように楽しむな感じ(笑)

 

飛行機も列車もすべて自分で調べて手配ですけど、それも面白いんですよね。

テーマ決まってるので、難しくないのです。

 

しょーもない目的ですが、ワクワクします(笑)

日本で言えば新幹線のぞみorひかり停車駅で降りて、そこの街を楽しむみたいな感じですね(笑)

秘境には行きません。秘境はマチュピチュやらアラスカの氷河やら行ったことがあるので今回はパス〜

 

ご大層なものでなくていいので、人生でも自分なりの目的があると楽しいです。

○○食べ尽くす!とかでも全然構わないんです。

行動範囲や人間関係も広がったり深まったりします。

 

目的がないのがダメとかではないです。目的見つけようと悩みすぎる?自分探しちゃう人もいますけど………

 

割とかる〜く目的を決めてみると、より大きな目的や、小さな目的同士が組み合わさってより大きい青写真?ビジョンが見えてくることもあるんですよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
『ただそうしたい………』というだけでやってみていいのか問題

「特になんの後押しもないし、必然性もなくて………

 でもただ自分的にこうしたい!ってことなんですけれども、やっても大丈夫でしょうか?」

 

そんなご質問をいただくことがまあまああります。

 

もちろんしっかりと命式、チャート、タロットで時期や今後の展開など見させていただきますが、大抵は

 

「オッケー、やってみましょうよ!」

 

と出ます。

 

バリバリサバイバル、生きるのに必死状態ではそうもいかないのですが、それを超えてしまうと

 

自分で人生を創造する

 

という風に自然となっていきます。

 

もちろん、サバイバルの段階にあっても、自分で人生を創造していますし、それが感じられることがありますが、サバイバル段階だと周りのものに影響されながら創造していくという感じです。

 

貧乏だった人が、金持ちになってやる!

 

って思う場合、環境が貧しかったから金持ち!という創造をするわけであって、サバイバル段階の創造は何らかの影響を受けたり、反動があったり、何かを模倣(いいと刷り込まれたもの)していたりもするものです。

 

 純粋にこうしたい!

 

というのとはちょっと違うということです。

別にそれが悪いことではないですし、純粋じゃなくても、叶えていくのがサバイバルなので、それはそれでいいのです。

 

が、サバイバルをとっくに超えてしまうと、周りからの影響どうこう、がないので………

 

『純粋にただやりたい!ってだけなのだけれど………』

 

ていうことが結構出てきます。

 

何の圧力もなく、誰も反対するわけでもないです。

 

でも………

 

『本当にやっちゃっていいの?』

 

って思ったりするのです。

 

それってとても自由で、創造的(クリエイティブ)なことなのですけれども、サバイバルをのりこえてきているだけに、ちょっと迷いも生じたりするんですよね。

 

「反対される方が燃える!」

「逆境最高!」

 

っていう喧嘩上等的(違う?笑。たとえです)な態度をとってきた人こそ、自由であれば迷っちゃう、いいのかな?ってことってあるんです。

 

でも、そういう人こそ、迷わずやることをオススメします。

 

なぜなら、純粋にやりたいこと!であったとしても多少の難しさや回り道などがあって、平和すぎる状態からは抜け出せますからね。

チャレンジできることがあるってことがすぐに幸せ!ってなるからです(笑)

 

創造すること自体が楽しいことですし、サバイバルの段階と違って、結果に一喜一憂するのではなく

 

プロセス自体

 

を楽しめるようになります。

 

創造のプロセスを楽しめるということです。

 

そういう段階でも…………ほとんどのことを叶えてしまって、何の波風もたってもいないし、平和そのものである時にも

 

『これやっちゃっていいのかな〜』

 

なんてちょっとだけ悩んだりもします。

 

何も平和なのに、変化をもたらすことで、ちょっと平和じゃなくなっちゃうかもしれないから。

 

しかし、魂的にいうと、魂は変化のない状況を好むわけではないのです。魂そのものが変化しないから、変化を好むのです(笑)

 

反対に身体は常に変化している(細胞レベルで言えば瞬間瞬間生き死にがあります)ので、変化しないこと、波風の立たない状態を好むのです。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
ビジョンとは忘れられやすいもの

ビジョンに基づいたゴールや目標設定をした場合でも、エゴちゃんが働きすんなりうまくいかないことがあります。

 

『自分の魂が求めていることだったらうまくいくのでは?』

『天職ならうまくいくし苦労しないのでは?』

『運命の人だったらば、ずっと幸せに暮らしましたとさ、ってなるわけでしょ♡ そうならないってことは運命の人じゃないのよね』

 

などいろいろありますが、

 

【ビジョンにかなっていることをしていたとしても、すんなり上手くいくわけではない】

 

ということです。

 

先日セッションでこんなことがありました。

 

「………あ!そうですよね!これってミラさんにも前言われてたのに………すっかり忘れてしまっていました!」

 

その方のビジョンにまつわることを以前にお伝えしていて、今回は別の話題?アプローチでお話ししていたのですが、再びそのビジョンが上がってきたわけです。

 

とはいえ、私も過去を振り返ってリーディングしているわけではなく、今わかることをお伝えしているので、そうやって言われて気づきました(汗)

 

同じことを言おうとしているわけではなく、ただ読んでいたら同じことが出てきた〜、といった感じです。

 

このことからもわかるように、ビジョンとして何か!が存在していても、日々の忙しさや様々な物事に対応しているうちに、忘れ去られていってしまうものなんです。意識してないと(汗)

 

【ビジョンや魂の目的なのに忘れちゃう】

【ビジョンや魂の目的が思い出せない】

 

というのが実情です。

 

出会った!ビビビ!!!

 

ではないってことです。

 

なので、ビジョンを思い出す、思い出したら覚えておく、そしてそれに従ってゴール設定や目標設定をしていく、という手順をたどります。

 

そして、そうしたとしても、エゴちゃんを上手に扱いながら、エゴちゃんに邪魔されないようやっていく必要があります。

 

ビジョンや魂、人生の目的である=簡単、すんなり!ってわけではないので………

 

何かがうまくいかない=運命じゃない

 

という解釈が浮かんだとしても採用しないようにしましょう。

 

その解釈自体エゴちゃん的で………

それこそまさしく、エゴちゃんの策略なのです。エゴちゃんの思うツボ!なのです。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
適正な目標設定、スケジュールが組めないのは?

エゴ、ここでは駄々っ子みたいなのでエゴちゃんと呼びますが、エゴちゃんは………

 

・自分のことをやたら高く見積もったり、反対に低く見積もったりする

 

ということを先日の記事であげました。

 

これはなぜなのかというと、エゴが生存を司っているものであり、根底には

 

・自分を神のような不死と思ったり、反対に動物のようなすぐに死んでしまう存在と思う

 

という不死と死の概念が横たわっています。

 

生と死じゃないところが、エゴちゃん的なのであります。

 

エゴちゃんは死を認めなくないので、不死、不変を要求しています。

 

エゴちゃんについてはさておき、こんなエゴちゃんなわけですから………

 

とにかく融通が利きません(汗)

 

変化にめちゃめちゃ弱いです。

 

なので、ちょっと思い通りにいかなかっただけで………

 

『うえ〜ん!』と駄々をこね、自分が何かをするのではなく………

 

周りから何か求めたり、保証&補償してもらうとします。

 

昨日の記事で、適正な目標や1日には余裕、特に時間的余裕が必要である、とお伝えしましたが、

 

エゴちゃんはこれが苦手です(汗)

 

だってそもそも思い通りにいかないのが嫌!なんですから(笑)

 

思い通りに、うまくいかなかった時のことなんて考えたくありませんし、そのための余裕が必要だ!なんていうことはもっと理解したくないのです。

 

ちなみに、これはエゴちゃんの話をしているので誰にでも当てはまることです。

 

もちろん、エゴちゃんを同一視していない人は割と上手く出来ていくことなのですが………

 

「なかなか思った通りにいかないよ〜」

「予定通りにいかないよ〜!」

 

って場合は、エゴちゃんと自分を同一視しがちな状態である、ってことなので、エゴちゃんは納得してくれなくても、あらかじめ余裕を持った目標設定や時間の使い方をおすすめします。

 

時間管理術や手帳術も大切ですけれど、最終的にはエゴ的な目標、スケジュールの立て方ではなく、魂的な目標、スケジュールの立て方ができることが理想です。

 

反対にエゴちゃんレベルでやっちゃうと時間管理術や手帳術などは上手くいかないということになります(汗)

how toとしては正解!でもエゴちゃんがどうしても納得しなかったり、ぎゅうぎゅうにスケジュールをエゴちゃんの極端な見積もりで立ててしまうので、上手くいかないだけなんです。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
適正な目標設定に必要なのは?

『よ〜し!書き切った!』

 

となったのに、下書き保存か更新ボタンを押し忘れて………

 

消えてしまいました〜(汗)

 

おかげで戦意喪失してしまって、ちょっと放置になってしまいました。

 

この場合、それ以上時間がなかった!という現実的な事情もありますが………

 

ゴール設定、目標が

 

「時間内に1記事をきっちり書く!」

 

というものだったので、そこでもうな〜んにもやる気なくなっちゃった………

 

ってことです(汗)

 

ブログを書く、なんていうのはものすごく小さな目標で、いつもはできることですが、何らかの理由でできなくなっちゃうことってあるわけですし、こういうことをきっかけに三日坊主になってしまうことも多いのです。

 

大きな目標であればなおさらです。

 

適正な目標設定には………

 

・予定通り行かなかった場合

・予定通り行ったが、万一うまく行かなかった場合

 

というものが必要になります。

 

特定の一つの目標でなかったとしても、それを1日レベルで考えたとしても同様です。

 

1日のスケジュールが必ず予定通りに行く!という場合の方が少ないので、適正な1日のスケジュールには、

 

・時間的余裕。予備の時間。

 

が必要ですし、1日でこれが作れない場合は………

 

・週の中で余裕のある日。

 

が必要になります。

 

私は今日はそれがどうしてもできなかったので………後で時間的余裕をいただいてしまった〜、立ち直るのに時間かかった〜(2、3日)というわけでした。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
真のゴール、ビジョンは魂が導き 偽りのゴール、ビジョンはエゴが導く

セッションの中では占い、リーディングを駆使するのはもちろんですが、

 

『どうやったら占いやリーディングで得た情報を現実レベルで役立てられるのか?』

『どうしたらご本人にとっての幸せに近づくか?』

 

といった視点やコーチング的要素も取り入れています。

 

セッションの中でこんなご質問をいただきました

 

「もしかしたら私は、東大受験をしていて、ずっと合格しない人のようになっているのではないですか?」と。

 

コーチングでは目標設定をゴール設定といい、そのゴールというのは大きければ大きいほどいい!とされています。

 

また、スピリチュアル的にも、目の前のことばかり追いかけるのではなく、自分の大いなるビジョンに従う、それに適っていることが大切になります。

 

そういった観点からみてみると………東大どころかハーバードやケンブリッジなどを視野に入れてもいい!ということになります。なぜなら目標は大きければ大きいほどいいし、東大以上のビジョンがあるのであれば、もっと視野を広げてもいいわけです。

 

が………今回はそういう話ではなくて、逆に捉えてしまっていた例でした(汗)

 

ご本人は、東大レベルと思っていなくて、東大レベル案件に取り組んでいたのに気づいた!

 

というところからのご質問だったのです。

 

東大!という風に受験には例えなかったのですが………

 

「ザリガニやメダカしか捕まえたことない人が、マグロの一本釣りにチャレンジするくらい大変!」

「やってみないとその大変さはわからないと思うけれども、特にあなたにとっては難しい案件ですよ」

 

とお伝えはしていたものなのです。

 

『難しいけれどもやってみよう!』

 

という心意気、気持ちはとても大切なのですが………

 

エゴのレベルで

 

『難しいとは言っても………自分にできなくないだろう』

 

と見積もってしまった場合………

 

『あれ?東大受けてたの?』

『いや、でも頑張れば受かるでしょ!』

『何度も落ちてるけど、なんでかわからないんだけど?』

 

と、堂々巡りのようになってしまいます。

 

自信を持つことは大切なのですが、エゴレベルの偽りの自信だとかえってえらい目に合ったりするんです。

 

エゴは極端な自己評価を持ちます。

 

『自分になんて無理』

『いや、意外と自分イケてるかも?』

 

といった卑屈か傲慢かのどちらかの方向に振れています。

 

きちんと自分の現在地や自分のレベルを見積もることができないんです。

 

実際、東大受験(弁護士、会計士、ジャンル問わず資格なども)して何度も失敗して周りに迷惑かけてる人はいますが………

 

そういう人はエゴのレベルでチャレンジしているとも言えます。

 

とはいえ、エゴを体験、そして観察にするにはこういった出来事も意味があることなので………

 

あえて止めはしませんが

 

「いやいや〜、ダメとは言わないけれども、ものすごいチャレンジですよ〜!」

 

とお伝えすることも多いのです。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことがあるなら、あとはやるだけ! さてどんな風に?

やりたいことがすでにある場合はとてもシンプルです。

 

日常の中でやりたいことをやる時間を確保し、実行する!

 

これに尽きます。

 

「時間がなくてできません〜」

「休みの日はつい休んじゃって〜」

というご相談もいただきますが………

 

実行まで持っていけないと、頭の中で考えてしまって、どんどんできなくなる傾向にあります。

やってみちゃったら、頭の中で考えているときよりもずっと簡単で、どんどんやってみたくなるものです。

 

やりたいことであったとしても!(きちんとやっていけばライフワークや天職、究極の趣味、生きがいになりうるものでも)

 

以前の記事でもあげましたが………

 

やりたいことでも、日々のことをこなしていると 忘れちゃう!!! んですよ(汗)

 

時間ややりたいことをやる体力気力が確保できない場合は………

 

今までの習慣を見直し、捨てられるところは捨てる!ことをおすすめします。

 

片付けで考えると簡単です。

 

もうしまうところがなければ………捨てる!しかないですよね(汗)

ま、大きい家に引っ越すとか、トランクルーム借りるとか、収納スペースを作る!ということもできなくはないですが………

 

すでにやっていることがら、習慣を入れてくれるさらに大きな家や器、預かってくれるところ、新たな時間や空間………は作れないので(汗)

 

髪を乾かすのに時間がかかる人がいるとします………この習慣を捨てる!わけにはいかなくても、捨て気味、時間かからないようにするのであれば………

 

・髪を切る(ツルツルはかえってお手入れ面倒なのでおすすめしません、笑)

・シャンプーの頻度を減らす

・吸水性のいいタオルを買う

・速乾ドライヤーにする

 

などができます。

 

普段手間暇かけているところを、やりたいことの新しい習慣を入れるために、あけてあげるんです。

 

すでに習慣になってしまっているけれども、別に必要なかったり、そんなにこだわらなくてもいいような習慣って結構あります。

 

どんな方にも多そうなのは………

 

・TV

・ネットサーフィン

・SNS

 

などですね。

 

ただ、少し前の記事でもあげたように、きっぱりやめる!というのはかえって難しいです。

上記のことをきっぱりとやめて、やりたいことに使う!というのは理想ですが………

 

それができてれば、とっくにいろんなこと自分の力で取り組み、実現できてるはずなんですよね(汗)

 

古い習慣を減らし気味に、新しいやりたいことやる習慣がつくような仕組みを作っていくことが大切です。

 

新しい習慣や、やりたいことをやるのには、それに認識しやすくする必要があるので、手帳や記録が大切、ってことです。

 

そして、新しい習慣ややりたいことをやり始めた、または習慣づけているときは、

 

やったこと、取り組んだことも記録する

 

そうすると、自分の取り組みが視覚化でき、客観的にわかることができます。

 

ちなみに、自信がなかなかつかない人というのは、自分自身が成し遂げてきたことや、自分自身の成長がわからない、知らない、考えたことがないということが多いです。

 

自信をつけるためにもオススメですよ〜

 

それがやりたいことでなかったとしても、どれくらい物事を取り組んでいて、人の役に立っていたり、自分が生きていく上で支えになっているのか?がわかれば、自信につながっていきます。

 

やりたいことをやれた!自分の意思で取り組めた! そんな場合の方がより自信につながっていくのでおすすめです。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことをやる!のをお勧めするスピリチュアル的な理由〜

やりたいこと自体、日々の生活に追われていれば、ある意味当たり前ですし、

やりたいことがあったとしても、それもやってもやらなくてもいい。

 

そんな話題にここ数日触れましたが、スピリチュアル的、または目覚め、という観点から見ていくと………

 

魂意識に目覚めている ビジョンある!もちろんやりたいことあってやってる!

サバイバルから魂意識へ やりたいことってなんだっけ?はて?やるべきことだけでは面白くないかも?

サバイバル(生存) やるべきことでいっぱいいっぱい!

 

という感じになります。

 

私がやりたいことをやるのをお勧めするのは(やりたいことがなければ別にそれで悩む必要はないです)やりたいことが魂意識へ導いていくからです。

 

また別の理由として………

 

やりたいことがあれば自分自身の道を歩んでいけますが、

 

やりたいことがないと………他の人のすすめる道を歩んでいくことになるからです。

 

いわゆる親の敷いたレールや社会の敷いたレールに従っていると………確かに生きていく上では安心!かもしれません。

が、必ずしも親や社会が用意してくれたものは、彼らが真にあなたによかれ!と思って用意してくれたものであっても、ご自身の道ややりたいことに合っているとは言えません。

 

本人に合っている道でないと、こんな風に考えるようになります………

 

『周りからもそう言われるし、自分でも恵まれていると思う………でも幸せとかやりがいとかは感じない………自分はどこかおかしいのだろうか?』

『親や周りがすすめることを頑張ってやってきたし、それを今でも維持しているし、これが幸せなんだと思うけれども………希望に満ちた将来が見えないし、なんだか疲れた。何のために生きているのだろう?』

 

いわゆるすっごく不幸!というわけではないですが、こういうパターン結構ありますよね。

 

または周りにこういうタイプの人がいたとすると

『この人何を贅沢言ってるんだろう?』

って思っちゃう時もあるかも(苦笑)

 

その人は周りから見たら素敵ですが、自分の道を歩いているわけではない、自分のやりたいことよりも周りのすすめてきたことをやってきた、歩んできた、ってことでしょう。

 

ここまでの人生!という大きなテーマでなくても、日常的なものでも、やりたいことがあったり、自分の行き先を認識していると………

周りの人に振り回されたり………それこそ社会でいいとされているものに左右されたり………

そういったことが減っていきます。

 

言葉的にギョッとしてしまうかもしれませんが、洗脳されません(笑)

 

自分自身のやりたいことがないと、影響を受けやすくなるといえばマイルドですが、洗脳されやすくなる!と言えます。

 

やりたいことというのは目覚めや、身近なレベルで言えば 自立 へと導いてくれる最も分かりやすい事柄です。

やりたいことがないままにしておくというのは 依存 しやすくなってしまうということになります。

 

「自信がない〜自信を持ちたい〜」

というご相談をいただくことも多いですが、自信を持つのにもやりたいことをやったり、今現在そんなにやりたいことがなかったとしても、やりたいことが出てきたら、いつでもやれる自分!でいることが大切です。

やりたいことが現れても変に躊躇してしまい(要するに安全でいたい、傷つきたくない、無駄は避けたい)見逃してしまう場合もありますが、そうすればするほと………

 

やりたいことがわからなくなり、やりたいことがやれないから自信もつかないし、自信がないから何かやろうにもできない………

というネガティブスパイラルが発生します。

 

やりたいことをやってると………

やりたいことをやってるから自分がつくし、自信がある(傲慢さ、ではなく自分への信頼)から何かやってみたいことがあればやってみて………また自信がつく。実際に何かしら取り組んでいるから精神的なものだけでなくて現実的な成果もでる!ってことになります。

 

なので、やりたいことがあればやることをおすすめをしてます。

 

でも繰り返しになるけど、やりたいことがないことで悩まないでね。やりたいことに出会えるのを楽しみにしてほしいなぁ〜。または普段取り組んでいることで、『これやりたいことなんだ!』と気づくのもいいですね。

 

ちなみにやりたいこと=誰が止めようとも(自分でも?笑)止められないこと!やらずにいられないこと

 

なのでそれをヒントにしてみるとすでにやりたいことをやってる自分に気づくかもしれませんよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことに気づくきっかけは?

やりたいことというのは、そもそも

 

 やってもやらなくてもいいこと

 

というだけでなく、今現在やらなくても痛くもかゆくもない………だからやれないのも当たり前かも?

 

ということを昨日書きました。

 

が!!!こんな時に、やってこなかったことを後悔したり、やらないと!って思うことになります。

 

 死を意識した時

 

です。

 

人生に終わりがある!と気づいて、

 

やりたいことをやっておけばよかった!これからでもやらなきゃ! となります。

 

人生の終わりが見えてくる(自分のことでなかったとしても。身近な人の病気や死)と普段とは反対で、

 

やるべき事だけやってるのが無意味、馬鹿馬鹿しくなります(汗)

 

自分なりの生きる事への意味や生きがいにフォーカスせざるを得なくなります。

 

周りの方の事で死を意識した場合と違って、自分の死が近づいているのがわかったり、見えてきた時………

 

すでに やりたいことがやれないこと に気づくことがあります。

 

いつかやる!がもうやれないじゃん!ってことです(涙)

 

そうならないためにもやりたいことやりましょう〜!って言いたい部分もありますが、それはちょっと脇に置いておいて(汗)

 

今までのことから考えると、やりたいことをやらない、自分なりに自由に人生を積極的に創造しないパターンというのは以下の通りとなります。

 

1、やるべきことでいっぱいいっぱい

2、死を意識せずに生活できる

3、退屈?かもしれないけど、安定している(もちろん死は意識していない)

 

ってことです。

 

人間誰でもいつかは死ぬ運命にありますが、それを意識してる場合じゃないor意識しないで平和という場合なんですね〜

やりたいことを追求しないというのは。

 

人生、いつも平和でいられるわけでもないので、その平和な時期を楽しむ、いわゆる普通のことを楽しむにはいいのでは?とは思います。

 

死を意識すること以外でも、やりたいことについて意識することを書きながら思い出しました(汗)

 

それは、 やりたいことをやっている人に出会ったり、存在に触れた(リアルに会ってなくても可)時

 

になります。

 

やりたいことをやってる人に出会って素直に『あ、楽しそう〜。自分も何かやろう!』

って思えれば、死を意識するような出来事(これあんまり嬉しくはない、汗)に出会わなくても、やりたいことということに気づかせてもらえるきっかけにできるので、ラッキーですよね!

 

たま〜に………

 

『どうせ自分なんて………』と自分を卑下したり………

『あれって特別な人がそうなれるんでしょ?』とやりたいことやってる相手を羨んだり………

 

そういった反応をしてしまう方もいらっしゃいますが、それじゃあもったいない!ですよ〜

死を意識することから、やりたいことへ通じる荒療治しかなくなっちゃいますよ〜

 

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/6PAGES | >>