CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
やりたいことがあるなら、あとはやるだけ! さてどんな風に?

やりたいことがすでにある場合はとてもシンプルです。

 

日常の中でやりたいことをやる時間を確保し、実行する!

 

これに尽きます。

 

「時間がなくてできません〜」

「休みの日はつい休んじゃって〜」

というご相談もいただきますが………

 

実行まで持っていけないと、頭の中で考えてしまって、どんどんできなくなる傾向にあります。

やってみちゃったら、頭の中で考えているときよりもずっと簡単で、どんどんやってみたくなるものです。

 

やりたいことであったとしても!(きちんとやっていけばライフワークや天職、究極の趣味、生きがいになりうるものでも)

 

以前の記事でもあげましたが………

 

やりたいことでも、日々のことをこなしていると 忘れちゃう!!! んですよ(汗)

 

時間ややりたいことをやる体力気力が確保できない場合は………

 

今までの習慣を見直し、捨てられるところは捨てる!ことをおすすめします。

 

片付けで考えると簡単です。

 

もうしまうところがなければ………捨てる!しかないですよね(汗)

ま、大きい家に引っ越すとか、トランクルーム借りるとか、収納スペースを作る!ということもできなくはないですが………

 

すでにやっていることがら、習慣を入れてくれるさらに大きな家や器、預かってくれるところ、新たな時間や空間………は作れないので(汗)

 

髪を乾かすのに時間がかかる人がいるとします………この習慣を捨てる!わけにはいかなくても、捨て気味、時間かからないようにするのであれば………

 

・髪を切る(ツルツルはかえってお手入れ面倒なのでおすすめしません、笑)

・シャンプーの頻度を減らす

・吸水性のいいタオルを買う

・速乾ドライヤーにする

 

などができます。

 

普段手間暇かけているところを、やりたいことの新しい習慣を入れるために、あけてあげるんです。

 

すでに習慣になってしまっているけれども、別に必要なかったり、そんなにこだわらなくてもいいような習慣って結構あります。

 

どんな方にも多そうなのは………

 

・TV

・ネットサーフィン

・SNS

 

などですね。

 

ただ、少し前の記事でもあげたように、きっぱりやめる!というのはかえって難しいです。

上記のことをきっぱりとやめて、やりたいことに使う!というのは理想ですが………

 

それができてれば、とっくにいろんなこと自分の力で取り組み、実現できてるはずなんですよね(汗)

 

古い習慣を減らし気味に、新しいやりたいことやる習慣がつくような仕組みを作っていくことが大切です。

 

新しい習慣や、やりたいことをやるのには、それに認識しやすくする必要があるので、手帳や記録が大切、ってことです。

 

そして、新しい習慣ややりたいことをやり始めた、または習慣づけているときは、

 

やったこと、取り組んだことも記録する

 

そうすると、自分の取り組みが視覚化でき、客観的にわかることができます。

 

ちなみに、自信がなかなかつかない人というのは、自分自身が成し遂げてきたことや、自分自身の成長がわからない、知らない、考えたことがないということが多いです。

 

自信をつけるためにもオススメですよ〜

 

それがやりたいことでなかったとしても、どれくらい物事を取り組んでいて、人の役に立っていたり、自分が生きていく上で支えになっているのか?がわかれば、自信につながっていきます。

 

やりたいことをやれた!自分の意思で取り組めた! そんな場合の方がより自信につながっていくのでおすすめです。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことをやる!のをお勧めするスピリチュアル的な理由〜

やりたいこと自体、日々の生活に追われていれば、ある意味当たり前ですし、

やりたいことがあったとしても、それもやってもやらなくてもいい。

 

そんな話題にここ数日触れましたが、スピリチュアル的、または目覚め、という観点から見ていくと………

 

魂意識に目覚めている ビジョンある!もちろんやりたいことあってやってる!

サバイバルから魂意識へ やりたいことってなんだっけ?はて?やるべきことだけでは面白くないかも?

サバイバル(生存) やるべきことでいっぱいいっぱい!

 

という感じになります。

 

私がやりたいことをやるのをお勧めするのは(やりたいことがなければ別にそれで悩む必要はないです)やりたいことが魂意識へ導いていくからです。

 

また別の理由として………

 

やりたいことがあれば自分自身の道を歩んでいけますが、

 

やりたいことがないと………他の人のすすめる道を歩んでいくことになるからです。

 

いわゆる親の敷いたレールや社会の敷いたレールに従っていると………確かに生きていく上では安心!かもしれません。

が、必ずしも親や社会が用意してくれたものは、彼らが真にあなたによかれ!と思って用意してくれたものであっても、ご自身の道ややりたいことに合っているとは言えません。

 

本人に合っている道でないと、こんな風に考えるようになります………

 

『周りからもそう言われるし、自分でも恵まれていると思う………でも幸せとかやりがいとかは感じない………自分はどこかおかしいのだろうか?』

『親や周りがすすめることを頑張ってやってきたし、それを今でも維持しているし、これが幸せなんだと思うけれども………希望に満ちた将来が見えないし、なんだか疲れた。何のために生きているのだろう?』

 

いわゆるすっごく不幸!というわけではないですが、こういうパターン結構ありますよね。

 

または周りにこういうタイプの人がいたとすると

『この人何を贅沢言ってるんだろう?』

って思っちゃう時もあるかも(苦笑)

 

その人は周りから見たら素敵ですが、自分の道を歩いているわけではない、自分のやりたいことよりも周りのすすめてきたことをやってきた、歩んできた、ってことでしょう。

 

ここまでの人生!という大きなテーマでなくても、日常的なものでも、やりたいことがあったり、自分の行き先を認識していると………

周りの人に振り回されたり………それこそ社会でいいとされているものに左右されたり………

そういったことが減っていきます。

 

言葉的にギョッとしてしまうかもしれませんが、洗脳されません(笑)

 

自分自身のやりたいことがないと、影響を受けやすくなるといえばマイルドですが、洗脳されやすくなる!と言えます。

 

やりたいことというのは目覚めや、身近なレベルで言えば 自立 へと導いてくれる最も分かりやすい事柄です。

やりたいことがないままにしておくというのは 依存 しやすくなってしまうということになります。

 

「自信がない〜自信を持ちたい〜」

というご相談をいただくことも多いですが、自信を持つのにもやりたいことをやったり、今現在そんなにやりたいことがなかったとしても、やりたいことが出てきたら、いつでもやれる自分!でいることが大切です。

やりたいことが現れても変に躊躇してしまい(要するに安全でいたい、傷つきたくない、無駄は避けたい)見逃してしまう場合もありますが、そうすればするほと………

 

やりたいことがわからなくなり、やりたいことがやれないから自信もつかないし、自信がないから何かやろうにもできない………

というネガティブスパイラルが発生します。

 

やりたいことをやってると………

やりたいことをやってるから自分がつくし、自信がある(傲慢さ、ではなく自分への信頼)から何かやってみたいことがあればやってみて………また自信がつく。実際に何かしら取り組んでいるから精神的なものだけでなくて現実的な成果もでる!ってことになります。

 

なので、やりたいことがあればやることをおすすめをしてます。

 

でも繰り返しになるけど、やりたいことがないことで悩まないでね。やりたいことに出会えるのを楽しみにしてほしいなぁ〜。または普段取り組んでいることで、『これやりたいことなんだ!』と気づくのもいいですね。

 

ちなみにやりたいこと=誰が止めようとも(自分でも?笑)止められないこと!やらずにいられないこと

 

なのでそれをヒントにしてみるとすでにやりたいことをやってる自分に気づくかもしれませんよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことに気づくきっかけは?

やりたいことというのは、そもそも

 

 やってもやらなくてもいいこと

 

というだけでなく、今現在やらなくても痛くもかゆくもない………だからやれないのも当たり前かも?

 

ということを昨日書きました。

 

が!!!こんな時に、やってこなかったことを後悔したり、やらないと!って思うことになります。

 

 死を意識した時

 

です。

 

人生に終わりがある!と気づいて、

 

やりたいことをやっておけばよかった!これからでもやらなきゃ! となります。

 

人生の終わりが見えてくる(自分のことでなかったとしても。身近な人の病気や死)と普段とは反対で、

 

やるべき事だけやってるのが無意味、馬鹿馬鹿しくなります(汗)

 

自分なりの生きる事への意味や生きがいにフォーカスせざるを得なくなります。

 

周りの方の事で死を意識した場合と違って、自分の死が近づいているのがわかったり、見えてきた時………

 

すでに やりたいことがやれないこと に気づくことがあります。

 

いつかやる!がもうやれないじゃん!ってことです(涙)

 

そうならないためにもやりたいことやりましょう〜!って言いたい部分もありますが、それはちょっと脇に置いておいて(汗)

 

今までのことから考えると、やりたいことをやらない、自分なりに自由に人生を積極的に創造しないパターンというのは以下の通りとなります。

 

1、やるべきことでいっぱいいっぱい

2、死を意識せずに生活できる

3、退屈?かもしれないけど、安定している(もちろん死は意識していない)

 

ってことです。

 

人間誰でもいつかは死ぬ運命にありますが、それを意識してる場合じゃないor意識しないで平和という場合なんですね〜

やりたいことを追求しないというのは。

 

人生、いつも平和でいられるわけでもないので、その平和な時期を楽しむ、いわゆる普通のことを楽しむにはいいのでは?とは思います。

 

死を意識すること以外でも、やりたいことについて意識することを書きながら思い出しました(汗)

 

それは、 やりたいことをやっている人に出会ったり、存在に触れた(リアルに会ってなくても可)時

 

になります。

 

やりたいことをやってる人に出会って素直に『あ、楽しそう〜。自分も何かやろう!』

って思えれば、死を意識するような出来事(これあんまり嬉しくはない、汗)に出会わなくても、やりたいことということに気づかせてもらえるきっかけにできるので、ラッキーですよね!

 

たま〜に………

 

『どうせ自分なんて………』と自分を卑下したり………

『あれって特別な人がそうなれるんでしょ?』とやりたいことやってる相手を羨んだり………

 

そういった反応をしてしまう方もいらっしゃいますが、それじゃあもったいない!ですよ〜

死を意識することから、やりたいことへ通じる荒療治しかなくなっちゃいますよ〜

 

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいこと=忘れられがちなこと はある意味当たり前

やるべきことは書いてあるのに、やりたいことが書いてない………

 

そういったスケジュール、手帳になってしまう方もいらっしゃると思いますが、これは別に変なことではないかもしれません。

今からちょっとご説明します。

 

やりたいことというのは、たいてい

 

・これからやりたいこと

・やれていないこと

 

ってだけでなくて、もしも自由に書き出せて、自分の中から掘り起こせた(汗)としても………

 

・いますぐやらなくてもよく

・習慣にもなっていなく

・忘れても別に現時点では痛くもかゆくもない

 

ことになります。

 

反対に先日あげた、小学生や幼稚園児くらいの子が書くリスト

 

・服に着替える

・顔を洗う

・歯を磨く

・朝ごはんを食べる

 

みたいなのは

 

・ほぼ毎日やる必要があり(厳密には減らせるかも?)

・習慣になっていて(なので大人はリストに書かない)

・忘れると日常生活に支障が出たり、自分や周りの人にも大小様々だがダメージや不利益がある(不潔だと迷惑、汗)

 

という、やりたいこと!とは反対になります。

 

やりたいことというのは、どうしても必要なこと、習慣になっていること、忘れるとすぐに困ることではないので、その習慣化しているようなことにはどうしても負けてしまいます。

 

やりたいこと=やってもやらなくてもいいこと!

 

ってことでもあるんです(汗)

 

やろうがやるまいが自由!で完全に本人の意思に任されている、ということです。

 

やるべきことや習慣になっていることと違って、強制力がゼロ!です。限りなく。

 

もしも普段から「○○を叶えたい〜!」と言っていれば周りの人から「○○どうなったの?」って聞かれるかもしれませんが、単純に自分の心のなかだけにあるだけでは、そうやって気にしてくれたり、励ましてくれたりもしません。

 

ものすご〜〜〜く自主性に任される!!!

 

とも言えます。

 

なので、自主性がある人、自分で勝手にできる人、いわゆる自立している人にとってはやりたいことをやる!っていうのは当たり前のことなのですが………

 

自主性が発展途上で、周りからの許可や承認が必要な、いわゆる依存がある人にとっては、やりたいことをただやる!ということが難しいのです。

 

自立している人にとっては、やってもやらなくてもいい!という概念が身にしみてわかるのと、そのやってもやらなくてもオッケーという自由さ、自分でいつでも決定できる感じが大好きです。

 

自立していない人にとってはやってもやらなくてもいい、そして、結果が出るかどうかの保証がないのであれば………

どうしても「やらない」という風に傾きます。

いつもやっていることをやった方がいいわけです。

 

いつもの習慣になっていることというのは、本人もある程度有用性を認め、周りもそれをすることにより認めてくれたりしているので………どうしてもそっちをやる方が安心なんです。

 

違う言い方をすると、人間はいい変化であったとしても、ストレスがかかりますし、恐れが生じたりします。未知への恐れというのは典型です。

 

やりたいこと=未知のことなので………

普段やっている=既知のことの方が安心です。

 

『やりたいことがなかなか見つからない』

『やりたいことがわからない』

 

というのは上記のことを考えると、別に変なことでもありません。ただ、この考え方や言い方だと、まるでやりたいことがないような感じで、自分自身の評価を下げてしまうことがあるので………

 

『何もやりたくない!』

『何もしないの最高!』

 

っていう感じの方がいいです。

 

そもそもやりたいことっていうのは義務でもないし、やってもやらなくてもいい!ことなので(笑)

 

何だか

『やりたいことがなかなか見つからない』

『やりたいことがわからない』

という発言や、ご質問頂いたりするときのその感じが………

 

 義務、やりたいこともない自分はダメ人間、もっといい人間になるにはどうしたらいいのか???

 

みたいな重さを感じます(汗)

 

やりたいことはそもそも重さがないから普段忘れちゃうようなことなので………

 

まあやりたいことがなかったり、思いつかなかったとしても………全くおかしなことでもないので………

落ち込んだり、自分を責めることはやめましょう〜

 

今のところはあんまり思い浮かばない、っていう自分を許してあげましょう〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことなのに上手くいかないのは………単に自分の習慣を変えられないから???

昨日の記事の、あまり考えずにやりたいことやそれを現実に落とし込んだto doリストやタスクを書いていった時に………どんな感じになりましたか?

 

やりたいことがこんなにあったのか〜!

やりたいことあと回しにしてるな〜

全然やりたいことないじゃん〜

やるべきことばっかりじゃん〜

無駄なことばっかりやってる???

 

などの気づきがあると思います。

 

そもそもやりたいことのはずなのにうまくいってないということに落ち込んでしまったり、そもそもやりたいことなのか?と疑いを持ってしまった方もいるかもしれません………

 

やりたいこと、ビジョンにかなったこと(本人は意識できていなくても)、運命的なもの………

 

そういったことは

 

「苦労なく上手くいく!」

「出会った以上めでたしめでたしでハッピーエンド!」

 

と考える方が結構(汗)いらっしゃるのですが、必ずしも………

 

運命の出会い!(それが何らかのモノであっても、人であっても。出会い全般)

 

でなかったからと言って、やりたいこと、ビジョンにかなったこと、真に運命的なものでない、というわけではありません。

 

最初はピンとこなかった………

合わない感じがした………

辛かった………

 

そんなモノや人であっても、今現在、自分がやりたいことである、ビジョンである、運命である、とわかる、感じることは多くあります。

今ご自身がやりたいと思ってやり続けていること、ビジョンにかなっていると思うもの、運命だなぁと感じるもの………

 

第一印象からビビビ!ときた!運命とわかった!!!

 

というわけでないことに気づくと思います。

 

むしろ、『はじめからわかっていた!』というパターンの方が少ないです。

まあ、ドラマチックではあるし、物語や映画やドラマなどで取り上げられがちなことではあるのですが、実際はそんなこともないわけです。

 

にもかかわらず………まだやりたいことかどうか?ビジョンにかなった?なりうるものか?運命なのか???

そんなことを判断できるような段階でやめちゃう………『やりたいことだったら上手くいくはず!ハッピーエンドなんだから!』を信じている人というのは、スピリチュアルにハマっている(真に理解していなくてマイブーム、または現実逃避的な関わり方)人には結構見受けられます。

 

なので………

 

やりたいことを言語化したり、書いていったとしても

 

いまいちピンとこない………

 

なんてことはザラですし、

 

やってはみたけど、くじけそう………

やってみたけど三日坊主に終わった〜

 

なんてこともよくあるのです。

 

本当にやりたいことなのか?ビジョンにかなっていることなのか?真に運命的なものなのか?

 

をわかるためには………

 

習慣に近いところに持っていく必要があります。

 

やりたいことじゃないから上手くいかないんだ〜運命じゃないんだ〜

 

を言い訳にしたり逃げちゃう場合というのは、そもそも自分で自分の習慣を変えることができない、今やっていることに埋もれてしまって、新しい習慣を手に入れられない、新しい習慣を入れたくても古い習慣を変えられない、捨てられない………

 

といったところがうまくいってないことが非常に多いのです(残念)

 

やりたくないことをわざわざやる必要はないですが、ちょっとやってみたいなぁ〜といったことでも、続けられない、習慣化することができない………ってことが相当問題だったりします。

 

なぜか、仕事やお金に関して、やりたくないことなのに、やるべきだからやっちゃってる人々は相当数いますけど………(汗)

そうなると自分の好き!だったりキタ〜〜〜!という感覚自体が麻痺しちゃって、やりたいことがわからなくなってしまうということにもなってるんですけれど(汗)

 

やりたいことであったとしても、意識的に取り組む、慣れる、習慣化する、楽に取り組めるようにするのには自分をそちらに向けてあげる必要があります。

そもそもやりたいことかどうかわからない、感覚が麻痺しちゃっている場合だったとしても………やりたいことなのかそうでないのかの感覚を取り戻すためにも、今自分がやっていることを意識化する必要があります。

 

自分をやりたい方に向けたり、自分のやっていることを意識化するのに、とても楽な方法というのがメモ、記録、書いてみるということなんです。あとで自分の考えていたこと、感じていたことが見直せるということが大切になります。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やりたいことでもやれないのは………(やりたいことじゃなかったから!ではない件)

「なかなか物事が長続きしないんです」

「3日坊主になっちゃうんです」

「毎日やろう!って決意はするけど、毎日はできないんです」

 

そんなお話をよく聞きます。

 

これらのことって…………

 

 やるべきこと

 

についてではなくて………

 

【やりたいこと】

 

であってもそうなんです!

 

たま〜に………

 

『やりたいことでも毎日続けられないなんて………これって本当にやりたいことなんだろうか?』

と頭で考えてるだけでなく…

 

「やりたいことのはずなので、やれないので、本当はやりたいことじゃないのでしょうか?」

 

ってご質問も受けたりします(汗)

 

やりたいこと!ご自身のビジョンにかなっていること!ハートの望み!(いろんな言い方がある、笑)

 

だったとしても………そもそも習慣付いていないことを毎日やる!っていうのが難しい!!!ってだけです。

 

『好きなのにうまくいかないから………相性が悪いのかな?』

「運命の人じゃないからうまくいかないんですかねぇ?」

 

も同様で…………いちゃもん?言い訳?うまくいかないのを運命とかのせいにしているだけ!!!

 

なんです(汗)

 

やりたいことでも、続かない時………あります!!!

 

それはなぜか???

 

普段のやるべきことに埋もれるから

普段やるべきことをやってるだけで忙しかったり、いっぱいいっぱいになっちゃってやりたいことやる機会や時間が失われていくから

 

なんです。

 

特に、自分に厳しかったり、まずやるべきことをきっちりやってから!という真面目な人はそうなります。必ず(汗)

 

やりたいことであっても、普段のやるべきこと、習慣になっていることには勝てないんです。

いつものようにやってること、習慣になっていることの方がつい優先されるようになっています。ルーティンのことの方が強いんです。

 

そういう………

 

・やりたいことのはずなのにできない、時間がない

・やりたいことのはずなのにそもそも忘れちゃった(汗)

 

ということがないように、どういったやり方でもいいので(もちろんご自身にあったやり方で)記録、メモしておくことが大切です。また、記録、メモしたことをこまめに見る!必要があります。

 

人によっては、まず、記録やメモを見返す!という習慣をつけなければならないかもしれません(汗)

 

そして、やりたいことをやりたいというだけでなく、以下のような状況に当てはまる方にも効果があります。

 

・やるべきことで一杯一杯

・充実感ややりがいがない

・やりたいことって何?

 

ガーッとto doリストやタスクをあまり考えずに書いていって………

 

やりたいことが全くないことに気づくかもしれません。

やりたいことが書いてあっても、いつも後回しにしてしまっていることに気づくかもしれません。

やるべきことであっても削れることがあることに気づくかもしれません(これ重要!)

 

つづく〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
自分の中の創造主に気づくためにも………記録は有効

「あなたがた一人ひとりが神なんです」

「どんな人の中にも神様の部分があるんです」

 

そんなことをスピリチュアルな分野では耳にしたり目にしたりすることがありますよね?

 

『そんなこと言われてもさぁ〜何か特別なことできるわけじゃないしなぁ〜』

『私が神様なら………なんで思うようにいかないこともまあまああるのかなぁ(涙)』

 

って思ってらっしゃるかもしれません(汗)

 

じゃ、どうしたら自分が神様ってちょっとでもわかるんでしょうか?

 

それが、ここのところお伝えしている手帳やメモを上手に使っていった場合にそうなります!ほんとに!!!

 

なんとなくやっているだけだと、まあビジョンのことを忘れなかったり、時間管理ができたり、細々したことを忘れないで済む……ってところなんですけれども………

 

夢見る→書く→実行→見直す(軌道修正やプラスの目標など)→書く→実行

 

をしていくと、ビジョンに対して自然と取り組めている自分というのを見つけます。

 

見直しの中には………

 

ついルーティンでやっていることだけれども、これは本当に自分のビジョンにつながっていたり支えたりするもなのだろうか?

ビジョンにまつわることが少ないけれども果たして自分のビジョンとは?

仕事にまつわることは多いのにプライベートは少ないのでは?

プライベートの欲?ばかりで、なんだかこれでは………

 

などのように、ただ夢や目標を見直すというよりは、自分自身を見直し、自己認識を深めることができます。

ちなみに自己認識がしっかりしていると、自然と(!)自己実現するものです。(これ重要。以前も言ってるし、今後もしつこく言いますよ〜、苦笑)

 

自分という存在を知り、自分という存在を自分で導き、夢への実行も多くなってくるので………

自分が想像(夢見たこと)したことが自然と創造されるようになります。

 

大げさですけれども創造主としての自分を体験できます。

最初はちっちゃいことですけれども、そんなちっちゃいことであっても、それが重なると………夢や目標が叶っています。

 

また、ちっちゃいことを起こせているのに、積み重ねてきたことや日々の成果が見えないことで、いまいち自分が人生を創っている創造主だ!と感じづらくなります。なので、毎日の積み重ねが見える(手帳、記録をつける)ことで、自分自身が人生を創っていることを実感することができます。

 

意外と自分自身が人生を創造している、ということに気づいていなかったり、認めていない方も多いんです(汗)

そんな場合は、何かと人のせいや状況のせい(自分以外のもののせい)にしたり、何かラッキーが起こらないかなぁ〜とただ妄想していることが多いです(汗)

 

「宝くじ当たらないかなぁ〜」

「運命の人現れないかなぁ〜」

「何かいいことないかなぁ〜」

 

何かいいこと………なんて探せば毎日!たくさん!起こっているんですけれどもねぇ(汗)

罪悪感めいたものやお返しをしなきゃ!って義務感にかられない人(日本人はどうやらそう感じる人も多いらしい)は感謝のノートつけることオススメします。

 

何も、空いている時間全てを有効に使いましょう!って言ってるわけではありません。

そんなこと言ったら私なんか資格全くないですし(苦笑)空いた時間大好きで、ぼーっとしたりゲームしたり本読んだりしてますから(笑)

 

でも、せっかく時間があるのであれば、自分の夢を叶えるようなことやってもいいし、ないのであればそれに気づいて作れるようにすればいいだけですから。

そんなちっちゃいことからちょっとずつ自分の中に神の部分(神性)があるのだ、ということに気づいていけるようになります。

夢や目標が叶えば、さらに神の部分、創造主なところを体験できるんですよ〜

 

自由に人生を描ける(全部自由じゃなくても、だんだん自由になってもっともっと自由になります)っていうのは、単なる記録やメモや手帳からもはじめることができるんですよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
ビジョンを叶えるツールとしての手帳や記録

「占いやスピリチュアルの話聞きたいのになぜ手帳?」

 

って思ってる方もいらっしゃると思います。

 

占いを有効活用するのであれば………

 

自分が今現在どこにいて、どこに向かっているのか

○○をするタイミング

○○がいい時期、○○運がいい時期だけどどうしたら………?

 

そんなようなことがわかってきますが、実際に行動につなげていくために、手帳は有効利用できます。

 

今年は○○が課題のようだから、○○にまつわる予定を入れていこう、だから今年の目標はコレ!今月は○○を具体的にやっていこう! と手帳に書き込むことで、占いで知ったことを実際に使うことができます。

 

○○がいいタイミング!○○するならいついつまで!とわかっているなら………そこを締め切り!として、その前に予定や行動を入れて、手帳に書きます。

 

○○がいい時期、○○運がいい!とわかっているけれども、具体的にどうこう?というとことまでいかない………そんな場合でもその期間に ○○にいい!○○運最高!(笑) と書いておけば、時期が近づいたらそれにまつわる予定や行動を書いていけばいいんです。

 

スピリチュアル的には………

 

自分の叶えたいビジョン

取り組む課題

自分が伸ばしていきたいスピリチュアルな目標

 

などがあれば、

 

ビジョンを書くのはもちろん、ビジョンにまつわる予定や行動を(ビジョンに合ってるか照らし合わせ)どんどん書いていきます。

 

取り組む課題がはっきりしているのであれば、その目標を年間、月間(3ヶ月とか別の区切りでもいい)、週間、具体的にその日にできることに落とし込んでいきます。

 

自分が伸ばしていきたいスピリチュアルな目標があるのであれば………その目標にまつわるものを書いていきます。毎日瞑想する!とか祈ってから食事を食べる!とか。(最低でも3回とか3日連続試してから………日にちを伸ばしていく)

 

占いを用いた生き方やスピリチュアルな習慣がついているのであれば、忘れることはないですが、普通に生活してたり、日々のことが忙しいと………結構忘れちゃいませんか???

 

せっかく本を読んだり、高いお金払ってワークやセッション受けても………

 

取り組む機会がない、習慣づかない………

 

ってことは往々にしてあります。

 

私の場合はここのところの記事であげたように、バレットジャーナルやネタ帳で練ってから………確定事項!強制的なことをバーチカルの手帳に書きますが、そうすると見逃しがないです(汗)

 

割と色々なセミナーや会に参加していてものすごい先生の普段の習慣を伺ったり、目の当たりにしたりすることが多いのですが………

 

ものすご〜〜〜い方でも!!! きちっと自分のビジョンや目標をこまめに見直していらっしゃいます。

むしろ………ものすご〜〜〜い人こそ!!!普段の自分の行動を管理したり、見直したりしてらっしゃいます。

 

要するに………

普段のちっちゃいこともやれるような仕組みを作ることでものすご〜〜〜い方になれたり、ものすご〜〜〜い実績を出したり、出し続けることができる!!!!! ってことなんです。

 

もちろん、すご〜〜〜い方々の方が、いちいちビジョンや手帳を見直さずとも、様々ないい習慣が身についてはいるものなんですけれども………

いい習慣が身につくまでは、私たちと同じで、日々のちっちゃいことをコツコツやってらしてるし、そのことで自信も徐々につけてきたし、最終的に習慣、自然にできるようになった!!!

 

という感じなんです。

 

自分をいい意味でコントロールし、律するやり方が身についているんだ!ってだけなんです。

 

自己管理にいいツールは手帳や日記などの振り返りができるものなので………

 

ここでもご紹介してる………ってことなんです。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
バレットジャーナルまとめ 手帳、スケジュール管理、記録は、夢や自信につながる

自由な予定、強制的でなく自分が好きでやる予定のためにバレットジャーナルをつけています。

 

アカシック的にいうと、ギチギチに出来事で固められていなくて、自分で創造、脚本を書いてやっていけることのために……です。

 

バレットジャーナルのよかったところは………

 

・分量、形式も厳密でないので、作り方自体が自由

・記入するのはタスク,to doがメインなので、いくらタスクやto doを細分化しても大丈夫(怠け者?なかなか物事に取りかかれない人にぴったり!子供にもいいでしょう)

・はじめのページに目次を書くことでどこに何があるか参照しやすい

・自由なページも作れる。私は読了リストを。

・どんなノートでもいいし、手帳より安い!(笑)

 

というところです。

 

バーチカルな手帳を動かせない、避けられない、がっちり約束、強制! 

 

バレットジャーナルを 自由な、起こってほしいこと、ビジョンにつながること、もちろんやるべきことも書くけど、時間に厳密でなくてもいい(先送りもオッケー)

 

と使い分けることになった…………ということです。

 

もうちょっとアカシックのことを説明しましょう〜

 

アカシックに未来の出来事が書いてあることももちろんあります。

が!それって例えば

 

2018年の1月○日に………

 

とは書いてないんです(汗)

 

アカシックは時間と空間を超えているので、私たちのいる時間軸と紐づけられているわけではないんです。

 

次に何が起こるか? どういった順番だろうか? って言うのは比較的わかりやすいのですけれど………

そうであっても生き物みたいなものなので、その都度ウニョウニョ(笑)してますけれども、

 

一番難しいのが

 

タイミング、私たちのカレンダーでいうといつなのか?

 

といった事柄です。

 

タイミングに関しては、やはり時間に強い占いの方が合ってます。いわゆる生年月日を使った命占(めいせん)を使った方がタイミングは見やすいです。

 

アカシック的には未来に○○だな〜、っていうのはだいたい決まってても、いついつ○○だな〜って決まってるわけじゃない!ってことなんです。

 

そんなことを参考に………

 

『アカシックだって決まってないこと多いから………私に決まってないことが多いのも仕方ない〜(苦笑)』

 

ってことで、何日の何時に○○をする!っていうことじゃなくて、とりあえず、今日明日中(明後日かもね〜、汗)には………

『これとこれとあれとそれとあれも!!!片付けておこう!』

ってことを堂々と書ける!先送りもオッケーなバレットジャーナルを採用!ってことになりました。

 

どんな方にオススメかというと………

 

・予定どおりきっちりとスケジュールをこなしていくのが苦手

・マルチタスク、スクランブルな予定が多い

・予定が突発的だったり急に入ったりする

・今までの手帳だとスペース不足

・通常の手帳のように決められた形式よりも自由にアレンジしたい

・気に入ったノートやデザインのものを使いたい

・現時点のことだけではなく長期的に叶えたいことがある(長期予定は6ヶ月のフューチャーログ、マンスリーログで管理。私は6ヶ月でなくて1年にアレンジ)

・やるべきことだけでなく、自分のやりたいことを増やしたい

・空いた場所に自由に日記?感想?メモ?記録を書き込みたい(そのためのページを作ってもいい)

・調子や体調がよくなく、1日1日の自分のできることが限られている

・バレットジャーナル作られてた方のような学習障害、または学習障害の気あり

 

といったところです。

 

「どうやったらやりたいことを叶えられるのか?」

「どうやったら時間を有効に使えるのか?」

「どうやったらもっと自分に自信が持てるのか?」

 

そんなご質問を受けることが多いですが、ビジョンを叶える味方に手帳を使ったり、スケジュール管理(本当はスケジュールっていうよりも自己管理)をしていくことで、上記のことは叶えられます。

 

ちなみに自信については………日々

 

『おぉ〜今日もよくやった〜〜〜えらい!!!』

 

って気持ちで1日を終えられたり、それこそ色々やってきた自分がつけた記録を見返すことによって、育てられていきますよ〜

 

もちろん、バレットジャーナルでなくても、ご自身に合っていて、納得のいっている…手帳、時間管理、メモ、記録、日記…などによって、ビジョンを現実にしていける行動が取れたり、時間を有効に使えたり、自分に自信を持てるようになりますよ〜!

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
書いたこと、言ったことは自分との約束 約束を果たせる=自己信頼、現実化へ

とてもストイックで真面目な方の場合は、通常の手帳にto doやタスクを記入して、それをそのまま実行できます。

 

しかし………私のような

 

「ノッた時しかやりたくな〜い」

 

すなわち

 

「お腹すいてる時のご飯が一番美味しい!」派(たとえ変だけど、笑)

 

にとっては、予定どおり実行するのが難しいです。

 

他の人が見たりする手帳でないですから気にしなくてもいいのでは?

 

というご意見もあると思いますが、私があらかじめスケジュールをキッチリしない理由は………

 

書く

 

ということを非常に重く見ているからです(汗)

 

春分、夏至、秋分、冬至 の日に自分のビジョンを確認し、ノートに目標やゴールを記入しますが、この時はもっともっと………

慎重を期しています。

 

書いたことは現実になりやすいので、よっぽど自分が納得したことでないと書かないのです。

反対に、うまく書けない、なんとなく書けない………といった事柄は真に望んでいることでもない、ということにその時気づきます。

 

それがいつもの手帳であっても 書いてしまった=必ずやる! という方向に結びつけてしまいます。全部その通りやると、できないことはないのですが、どっと疲れ、次の日は何もしたくなくなります。ムラありすぎ&怠け者なもので。

 

なので、必ずやる!守る!といったことだけを書いているというわけです。

 

書く=自分との約束と捉えているわけです。

 

もちろん 約束=100%守らなければいけない! というわけではないですけれども………

 

約束をあまり果たせないということは、それが他者の場合であれば他者への裏切りや嘘や軽視ということになりますし、自分自身の場合であれば、自分への裏切り、嘘、軽視ということにつながります。

 

思考は現実化する!という有名な本がありますが、何も思考だけが現実化するわけではありません。感情、言ったこと、書いたこと、もちろん行動していること………が現実化していきます。

 

書くこと、言うこと を重視している場合、それを「ただ書いただけだし〜」「言っただけだし〜」とはしません。書いたり言ったりしたことを他のレベル、感情、思考、行動のレベルでも一致させようとします。

 

書くこと、言うこと を軽視している場合、書いたり、言うのは自由で、それが他のレベルと一致しなくても気にしません。

 

スピリチュアル的にいうと、この

 

言行一致しているか?言行不一致か?

 

ということはとても重要なことになります。

 

言い換えると

 

自分に正直であるか?自分に正直でないか?

 

ということでもあります。

 

言行一致していて、正直な人の場合、物事が叶いやすいですし、たくさんの物事を叶えていく過程で、現実化や引き寄せも自然とできるようになります。

 

言行不一致で、自分に正直ではないと、色々な願望や目標があっても………ただ言ってたり書いてたりするだけで、他の部分との一致が少ないので、目標達成に困難が生じたり、行きつ戻りつ苦労して叶えていくことになります。現実化や引き寄せを理解するところにまではなかなか至りません。

 

言行一致している人、自己矛盾が少ない人の場合は、書いたり言ったりしたことを守ったり行動につなげるものなんです。

 

手帳にとりあえずやるかやらないか、自分に約束できないようなレベルのことを書いてしまって、後で「あ〜あ……」と自分にがっかりして、自分への信頼を失わないためにも………結構慎重というか、変な?手帳の使い方になってるのです。

 

つづく〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/6PAGES | >>