CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
ドリームキラー再び(笑)

今回のドリームキラーは、確かに専門のことだし、いう立場にはあるんだろうけど………

やっぱりドリームキラーはドリームキラーね!という話。

 

前回取り上げたのは、

 

専門でもないし、責任も取ってくれないし、単なる素人、野次馬なドリームキラーなのでほっとけ!

ていうかほっといて当然!

 

というものでしたが………

 

今回はすでに詳しかったり、経験したことがある人から色々言われたけれども、自分的にはちょっと………

 

という話でした。

 

いくら周りの人たちのほうが経験値が高く、専門のことであったとしても………

 

必ずしも、同じやり方を選ぶわけでもないですし、同じ速度で進んでいくわけでもありません。

 

にもかかわらず、やっぱり専門の方や経験者から色々聞いちゃうと、自分の思った、感じた、夢見た通りにするのはどうかな?って躊躇してしまいます。

 

じゃあどっちにしたほうがいいのでしょうか?

 

1、やっぱり経験者の意見は大切なので、自分やり方にこだわらず、経験者の言うようにする

2、経験者といえども、自分と同じではないので、自分の思った通りにする

 

1を選んだ場合………

うまくいったとしたらラッキー!ではあるのですが、自分のおかげ!とは感じづらいかもしれません。

もしも、うまくいかなかった場合どうですか?相手のせいにしてしまいやしませんか?(苦笑)

相手のせいにすることで、自分のせいにはなりませんけれども………

そもそも自分の夢を叶えようとしているわけだから、そういう問題でもないのでは?(汗)

 

2を選んだ場合………

うまくいったら、自分に自信がつきます。

うまくいかなかった場合はしんどいけど、自分の責任です。

そこで改めて、周りの意見を聞いても遅くないのでは?

うまくいってないし、はじめに言うこと聞かなかったからもう助けてくれない、って人もいるかもしれませんが、本当に味方であれば、うまくいかなかったらよりサポートしてくれるでしょう。

 

周りの意見を重視してしまう時って、自分に自信がなかったり、自分で責任を取りたくなかったり………なんて側面があります。

 

ドリームキラーにやられてしまう、参ってしまうのは、自信が持てなかったり(本当は自信の問題じゃないから、確信といったほうが正しいけど)自分で責任をとるのが怖いから………といった要因もあります。

ドリームキラーの意見に甘えちゃう?ドリームキラーのせいにしちゃう………ってことです。

 

今日お話しさせていただいた方の場合は、周りのせいにしたいっていうのではなくて、自分のビジョンに確信は持っているのだけれども、いざ現実でやろうとすると無理があるのでは?といった葛藤から起因していました。

 

現実 VS ビジョン

 

といったもの。

 

でも、こういう場合、現実ばっかりとってても、ビジョンが叶うことはないので、ビジョンに現実を従えることをおすすめしています。特にビジョンがバッチリある場合は〜。

ビジョンも何もなければ現実に即してやっていってもいいのですけれどもね〜

 

反対にビジョンがなければ、現実に即してやっていくしかない………とも言えます。

 

ドリームキラーの話に戻りますが、ドリームキラーの言うことを聞いていては、ビジョンや夢を最悪諦めてしまいます。そうでなくても、叶わなかったり、叶ったとしても遅くなる傾向にあるので気をつけましょ〜。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
苦労した後に幸せがやってくるという…大きな幻想

♪人生〜楽ありゃ、苦〜もあ〜るさ〜 by水戸黄門(笑)

 

という歌があります。

 

苦 がある、と考えるとあんまり楽しくないかもしれませんが、この場合(?)

 

楽 を体験できてるわけだからいいんじゃないかと思います。

楽があったから、苦があってもしょうがない的っていうところでしょうか?

 

しか〜し!

セッションで結構うかがう話の中に、これの逆を考えて、一生懸命やっちゃってる場合があります。

 

苦労をしておけば、いつかいいことあるんじゃないか?

 

♪人生〜苦あるから、楽く〜るさ〜

 

と言った考えです。

 

先に答え言っちゃいますけど………

 

自己認識すればするほど楽になる!!!

 

のです!!!!!

 

苦労すれば楽になる、は因果関係がありません(汗)

 

むしろ、ここのところのビジョンの話と関連させると………

 

苦労を選ぶ=ワクワク

 

がありません。得られません。

 

最悪の場合、苦労を選ぶことに慣れてしまう、当たり前となってしまうと………

 

「ワクワクって何?」

「やりたいことって何?」

 

ってなってしまいます。

 

こうなると、ビジョンからは………遥か彼方にいるんです(汗)

 

自分の内側に自然と湧くはずの、ビジョンにつながる感覚がわからなくなってしまっているんですから。

 

確かに、苦労をかって出れば、周りの人やお堅い人、つまらなく生きてる人、あなたに活躍して欲しくない、目覚めて欲しくない人からは認めてもらえるかもしれせん。

 

しかし、自分のビジョンにつながって、自分が楽に、または楽しく生きる、頑張りが頑張りじゃなく生きる

 

ということにはたどり着けなくなっちゃいます。

 

すでにビジョンがある分野で様々な経験をしたいという動機があって、すすんで苦労を買う!ということであれば問題ないですが、

 

「何やりたいかわからない…」

「ワクワクって何?」

って場合は苦労を増やすのはお勧めしません。

 

むしろ、苦労や重荷をおろして(全部じゃなくてもいいので)少しでも、自分が楽しめたり、喜べたりするものに積極的になれたり、

頑張ろう!と変なスイッチ(やる気スイッチ、実はやる気スイッチやりたいことにはいらない、苦笑)を入れずともすすんで取り組めるような

 

心の余裕

時間的余裕

空間的余裕

 

を持てるようにするといいでしょう。

 

何かの余裕、自由な心、時間、空間を持てるように自分を許してみることがとっても重要になりますよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
ビジョン=崇高と勘違いすると みつかりづらいので………

先日受けたセミナーでは、その先生のお話を聞いて周りの方とシェアする、

ということもやっていったのですが、たまたま組んだ方が

 

ビジョンがはっきり見えているわけではない

 

ということで、今悩んでいることなどいろいろお話しされてました。

 

お話し伺ってて思ったのは(セッションでも思うけど)

 

『自分を責める方向性じゃないほうがビジョン見えるけどな〜』

『ビジョン=ワクワクすることだから………あんまり深刻だとなぁ〜』

『年齢のこと言っても仕方ないけどな〜』(ちなみにそこのグループでは私が最年長、笑)

『気楽に、自分に楽しいこと許してあげればいいのにな〜』

 

と余計なお世話なこと思っちゃいました。まあ、別にこれセッションでもなんでもないんで、意見はちらっと持っても、すぐ自分の中で流しちゃうけど(汗)

 

ビジョンとかミッションとかっていうと

 

 崇高なもの

 

をイメージしてる方がほとんどなんですよね〜。

 

なんだかストイックで修行めいているというか(汗)

 

でも、ストイックで修行っぽいことをやってる人がいるとしたら、その人はストイックで修行なことを楽しんだり、喜びにしてるんであって、全然がんばってるわけでもない、自然とやってる、ってことなだけなんですけどね。

 

私の例であれば、占いやったりスピリチュアルやったり、いろんな本(占いスピリチュアルに限らない、関連があるものを読む)を休みの日でも、寝る前でも(寝るのがもったいなくなって朝になることも)読むのは、頑張ってやってるんじゃなくて、やりたくて、むしろやめられなくてやってる!ってだけなんですけどね。

 

ビジョンはどっちかっというと

 

苦しいこと

 

の中にあるんじゃなくて

 

楽しいこと、ワクワクすること!!!

 

の中にあるんです。

 

バシャール(ダリル・アンカがチャネルしている存在)のいう

 

ワクワク

 

と同じです。

 

崇高 と ワクワク

 

って結構違う気しませんか???

 

ワクワクすることするには、

 

自分に優しく

軽〜い感じで

気楽に

好奇心旺盛に

子供のように

何歳になっても

(むしろ歳とってからのワクワクは重要。ないと寿命縮めるよ、汗。ワクワクあると寿命が延びる)

 

っていう感じの方が大切ですし、ビジョンにつながっていくんです。

 

 

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
自分と向き合えばビジョンはみえる

セッション後、夕方から昨年出たセミナー(合宿あり!ハード)の月一セミナー。

 

自分のあるべき姿

ビジョン

 

についてのお話でした。

 

ここのブログではいつも ビジョン のカテゴリーでお話してることとほぼ同じです。

 

先生自身のビジョンの見つけ方の経験、具体的にどう感じたか?

 

などをまじえてわかりやすくお話してくださいました〜

 

印象的だったのは

「自分のあるべき姿やビジョンが見えない………ってことは厳しいこと言えば自分と向き合い足りてない」

と。

 

そして、社会や人や一般的にいいとされているものをただやっていっても見つからないし、人それぞれ違うものだから、という主旨のことも何度もおっしゃってました。

 

自分と向き合う、っていうのはこのブログで書いてる用語だと

「自己認識を深める」

ということです。

 

自分が誰であるか?どういった人間であるか?

何に喜びを感じ、何に苦しみを感じるのか?

 

人生で起こるあらゆることを通して、自己認識、自分を知っていくことができていきます。

 

が、自分を知ることを脇に置いて、人に合わせたり、いいとされている(自分が本当にどう感じでいるかは???向き合わない)ことばかりしていると、自分を知っていくことができません。

むしろ、自分を抑えつける、押し殺していくことばかりが上手になります。

 

自分を抑えつける、押し殺していくことが 大人

と思ってしまっている場合がありますが(社会や周りの人からも実際押し付けられるし)、これは全然大人でもなんでもありません。

 

大人だったら、自分のことを自分が一番よくわかっていて(まあ常々わからないこともあるので日々自己認識をアップデートしていく)自分が喜ぶ方向に自分自身を伸ばし、育てていける、ということができます。

 

私もセッションで

「人のことや親や社会がどうとか関係なくて自分がどうしたいのか?自分だったらどうなの?ってことが大切ですよ」

ってお伝えするのですが、本当自分のことがわかってれば、人生半分以上はうまくいった!と言えるのです。

 

似合う服やスタイルがわかっているのと同じで、

人生で合うスタイルがわかっている、ということに自然となっていきますから。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
会社のビジョン 自分のビジョン の折り合いは?

会社のビジョンと自分のビジョンが果たしてあっているのか?

 

チェックする簡単な方法があります。

 

朝礼などで毎日いう言葉や会社の理念。

はたまた言わないまでも会社の壁に貼ってある言葉。

(ちなみにうちの近所には《大挑戦》って書いてある。すぐ転職しても怒られないのかな?それとも会社の中でも挑戦なのかな?笑)

朝礼もないし、壁にもな〜んも書いてない………って場合だったらトップが発言している内容だったり、トップの座右の銘やおすすめの書籍。

 

それらが自分にとってしっくりくるようであれば、

まあ合っているかも です。

 

が、それらを本当は言いたくない、見たくない、意識したくない、トップの言ってること大っ嫌い(極端か、笑)だったとしたら………

全然合っていない ってことです。

 

ただ、自分のビジョンがそもそも???な場合、会社の理念に惹かれたり、会社のビジョン=自分のビジョンとなることもあるでしょう。

会社人間、社畜?で違和感ないのは、自分のビジョンとかよくわかんない場合、またはかな〜り柔軟性がある場合、の可能性があります。

 

最初は合っていたのだけど、月日が経って、なんだか合わないなぁ〜、って感じることもあります。

すぐに転職!

というわけにはいかないので、じっくり時間をかけて合っているところを探してみてもいいと思います。

 

ビジョンというレベルまでいかなくても、自分自身の季節が変わった的な感じで(具体的には結婚した、子供が生まれた、子供がいくつになった、配偶者の仕事が変わった、親の面倒をみなくては………などなど)しっくりこなくなることもあります。

そんな時も、改めて会社の理念や、会社独特の文化、考え方を見直してみるのもいいでしょう。

 

職業的なビジョンというのもあれば(聖人君子ビジョン、いい人ビジョン)、会社的ビジョン(同業でも会社によって違う)もあるのです。

自分のビジョンとの整合性があれば、特に無理なく続けていけるでしょう。

しかし、整合性がなく、矛盾、葛藤を感じるのであれば、どこか厳しくなっていきます。

 

ホリスティック(全体性)なものに目覚めてしまい、対症療法に疑問を感じてしまったお医者さんがいれば、ただ、西洋医学の対症療法だけやっていても、矛盾や葛藤が出てきてしまう、ってことです。

最近では、お医者さんでも漢方をすすめる方が出てきて、保険がきく場合もありますが、それは対症療法だけでなく、症状が出ていなくても病気の起源となりやすい(未病)ものにアプローチしていく、というやり方をとっていらっしゃる方もいます。

また、単純に薬を出すだけでなく、カウンセリングやセラピーを重要視する精神科医の方もいらっしゃいます。

 

何も、矛盾、葛藤を感じたからやめる!

ってことはする必要はなくて、矛盾、葛藤がなくなる方向にすすむといいんですよ〜

学校の先生やってても、聖人君子でいるのが嫌になれば、予備校や塾や家庭教師の方向に進めば矛盾、葛藤が少なくなっていくでしょう。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
スキルよりもビジョンに合っているものがうまくいく

 医者の不養生

 

という言葉がありますが、これは昨日の記事にあげた職業的に葛藤、矛盾を抱えている例ともとれます(汗)

 

TVでダイエット特集などを見るとお医者さんがこうおっしゃいます

 

「自分が太っていたら患者さんに対して何言っても説得力ないから、いろいろ痩せるやり方を取り入れた」

 

こういう考えを持って実行できる方は、職業的な葛藤、矛盾が少なく、むしろ職業的なものを自分の人生や生活をよりよくするために役立っていると言えます。

 

そもそも、

 

 自分の人生や生活に役に立つ!よくなった〜!助かった〜!

 

という体験があってから、その職業につけるといいんですけれどね(汗)

 

 親が医者だから医者になる

 

じゃなくて

 

 親が医者で健康的な生活や病気とは縁がない生活だったから医者になりたい!

 

って方がいいんです。

 

職業と自分の本当の考え、思い、気持ち、ビジョンを分けちゃう方っていらっしゃいますが、これは昨日あげた通り、葛藤、矛盾、抑圧を作り出すことになってしまう傾向があります。

 

そんなこんな?で今日から募集させていただいたワークの人数も………

 

なんとタロットで確認しちゃったんだなぁ〜(笑)

 

 サシのリーディングで組んでもらいたい、

 

と考えていたからか?何なのか???

 

全部(いくつかあげたのね)偶数の答えでした(笑)

 

ワークで偶数にならない時って自分が入ったりするんだけど………

 

タロットで

『私(ミラ)のこと見て〜』

ってお願いしても、対等に見るのが難しいらしいんですよね〜(汗)

ワークとして不完全になりやすいんです。

 

確かに、私も過去に自分の先生や師匠にタロットお願いされてリーディングしたことあるけど………

ほんと冷や汗ものなんですよね〜。

普通にできないんです(汗)

 

ま、今日もタロットの結果を役立てて?しまいました。

 

一般的には、営業やってる方(モノ、サービス売ってる人は誰でもそうだけど)は

 

自分がその商品を買うのか?自信を持ってオススメできるのか?

 

ってことでうまくいき具合が違ってきます。

 

最終的には自分のビジョンにあっているものやサービスを売ることで大成功します。

自分のビジョンにあっていなければ営業スキルがいくらあっても難しい、と言えます。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
無駄?役に立たないことに取り組めないなら………魂的にまだまだ!

サバイバル真っ最中であれば、効率を重視するのは全く問題ありません。

 

 結果が出ないことしかやらない、

言い換えれば

 誰がやっても結果が出るであろう物事、

または

 多くの人が認めるであろう結果が得られそうなこと

 

をするのは当然と言えます。

 

サバイバル=生き残ることでは重要なことです。

 

役に立たないことや夢?ばかり追いかけていても、誰からも認めてもらえませんし、わかりやすい結果が出ないことで、本人も自分のことをなかなか認められません。

 

が、いい歳して(ゴメンネ)サバイバルのことしか考えられない、効率のみを重視するのであれば………

 

それって全然意識が拡大していないというか、魂のこと置いてけぼりにしちゃってるよ!!!

 

ってことなんです。

 

一般的な考えでは

 大人は大人らしくする。要するに無駄なことはしない。

 

ということが信じられているようですが、魂やビジョンや大いなる目的………という観点から考えると………

 

 歳をとればとるほど、サバイバル面では劣ってくる(老化など)ので………より魂からくる、発想ややりたいことは自由に!

 サバイバルは学んでしまっているから、サバイバル学び中よりも食べていくことの心配がないから、それ以外の遊びを増やす!

 

ということになるんです。

 

周りも認めているし、自分でも『これが求めてたもののような気がするけど………』と感じているのに、なんだか幸せじゃないのは、無駄なことをしないからです。

 

魂の閃き(ひらめき)を無視してしまっては ただ生きているだけ になるからです。

 

動物を差別するわけではないですが、ただ生きるだけなら、動物でもできます。昆虫でもできます。植物でもできます。

 

自分が思い描いたもの、想像したもの、夢見たものがどうなるかわからなくても………それを自分で信じて取り組むということが人間には備わっています。

 

効率重視、役に立たないことはやらない!

 

ってなってしまうと………人間としてはまだ半人前なのです(汗、ゴメンネ)

 

絵描きで言えば、人の絵を真似ている段階です。自分の描きたい、表現しているものが描けて一人前の絵描きを言えます。

 

『なんだか楽しくない』『幸せだと思えない…』

 

のであれば、

 

ムダなことをやれてるか?

人生に遊びがあるか?

夢や希望に向かって素直に進んでいけてるか?

 

を確認してみてください。

 

きっと効率やお金や役に立つか立たないか?というサバイバル基準の方が強くて、なかなかムダなこと、遊び、夢や希望に関することに手を出しづらくなっている可能性が高いんですよ。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
ビジョン、目標があるのに先に進めなくなったら…? 

日々のやるべきことに一生懸命になってしまって、

 

ビジョン

究極のゴール

やりたいこと

 

がわからないというパターンの場合、

 

やりたいことをやり(なかなか慣れないと難しいけど)やるべきことを後回しにする

 

ことをお勧めしています。

 

が、今日はそれとはちょっと違う(真反対とは言えない)例に出会いました。

 

すでにビジョン、ゴール、やりたいこともわかっていますし、やるべきこともやれるだけ(タイミングなど完璧とは言えない部分もあるけれど)やってきました。

 

なのに………現実的な問題にぶち当たり、どうしていったらいいか………わかるんだけど、何かすっきりしない…見通しが立たない…という状況になってしまった、とのことでした。

 

出るカードも結構ハードではあるのですが………出ているカードは現実的な問題というよりは、本人のものの見方と、周りの環境の問題とでてきました。

 

乗り越えようと思えば乗り越えられますが、黙々と行かないと………的な出方だったのです。

 

また別の側面では………

そんな考えててもしょーがないっすよ〜!的な The Fool 愚者 のカードが連発!

 

セッションを通してわかっていったのは………

 

・本人の感じていることに間違いはない(できる手もあるけれど、それには心が動かない)けれども、他にも抜け道があることに気づいていない?いや、気づいているんだけど本当にそれでいいのか?という戸惑いがある。

 

・カードが言うには、散々ビジョンやらやり方にも慎重にしているので、そこの問題でもない。

 

・どちらかというとビジョンややり方云々を言う時ではなく、ただその場でできることをするだけ。

 

・究極的には1日1日ベストを尽くすだけでいい!

 

といったことでした。

 

この状態は、山登りで言えば、地図は持ってるし、準備も万端。

でも進んでみたらまあまあ予想と違ったこともあるんだけどどうしよう?

下山しなければいけないほどひどくはないけれども、なんだか登る気持ちも薄くはなっている………

 

的なことです。

 

まあ、山登りやマラソンやそういうアクティブなものでなくても、何かに取り組んでいる時って起こる状態です。

見通しがつけばいいのですが、今いる地点からの見通しや、本当にできるかどうか?なんていうことはわからないし、考えれば考えるほど足が進まない、前に進めないような状態です。

 

こういう時は、本当に目の前のことに集中、対処していくしかない!という対策になります。

山登りで言えば、一歩一歩踏み出す。進むのをやめない。無理しすぎず、淡々と進む、登る……

ということです。

 

マインドや思考が絡んでくると、ただ進む!というのは難しくなります。

 

 ですが、もう絵が描けている、ビジョンがある、目標があるなら………

 ただ進まなきゃ!な時もあるんです。

 

これ、気持ち的にも、考え的にも、とっても苦しいです。

でも、今まで生きている、生き残れているということは、毎日そうしていることだったりします。

 

目標が大きくなると、一歩一歩進んでいても本当にたどり着けるんだろうか?と本当に叶えたいことであっても疑問に思うことがあります。

 

が、目標が大きくても一歩一歩進んでいれば、一歩一歩近づくし、たどり着けはするんです。

進まなければ、ずっと遠くの目標のままになってしまいます。

 

目の前のこと、その日のベストを尽くせばいい!ということはシンプルですが難しいことでもあります。人間すぐ考えちゃいますから………

考えないでただやっていくというのは、難しいです。

この方の場合は、人生の上での修行というか瞑想にもなり、意識の進化や目覚めにもつながっていくとも出ていましたので、是非自信を持って、信頼てできる方々と前に進んでいって夢を叶えて欲しいなぁ〜と心底感じました!

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
遠くから見るより、近くで感じる…体感が夢への近道

ツアー2日目。

昨日よりもいい席すぎてドキドキ。

 

とはいえ、前におっきい人来るかもだからな〜と思っていたけれど、いやいやよく見えました。

 

音楽ですから、音的な理想はPA席あたりですが、一体感となると、やっぱり前がいいんですよね〜

 

もしも舞台でも音楽でも将来ステージに立ちたい!というのであれば、絶対的に前で見ることをおすすめします。

 

後ろからであってもすごいです。でも前だと………もっとすごいんです。存在感が!

 

極端な言い方ですが、同じようなアーティストを後ろから10回じっくり見るのと、最前列で1回見るのだったら………

やっぱり最前列をおすすめします。

 

将来ステージに立つ気があるのなら、何が違うのかはっきりと【体感】できますから。

 

なりたいものになる時に、この

【体感】

は非常に重要になります。

 

何かを夢見て、自分なりビジョンが浮かんだとしましょう。

それだけでも夢に邁進できるかもしれませんし、叶えられるかもしれません。

 

ただちょっと雲をつかむような感じ(ビジョンのみだと)なので、実際にどんな感じなのかがわからない、なんてこともあります。

 

そんな時に身体で感じる体感が重要になります。

 

言葉でうまく表現できなくても…身体で感じてわかる感覚があります。

もしも自分がなりたいであろう存在に会うことができたら、そのあった時の感覚があるおかげで、自分が何をどんな感じで取り組んでいっていったらいいのか?というのが身体でわかるのです。

 

格闘技や武道などで、相手と組んだ瞬間にわかる何か?というのがあります。

『強いな!』

『イケる!』

これも体感です。

 

何度もなんども闘ったり、組むことで体感が磨かれていくのです。

 

ちなみに、憧れている存在にあったけど………なんか違った!

って言うのも体感です。

それはそれでがっかりしちゃうかもしれませんが、そっちじゃないんだ!とわかっただけよかった〜(ホッ)

という経験になるでしょう。

 

帰りは………海辺の公園(今日はちゃんと公園、笑)に寄り道し、激辛麻婆も食べ満足しました。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
月一の自分ブラッシュアップ〜

昨日のことですが(汗)夕方から月一で開催される某セミナーレクチャーへ。

 

自分とつながる、自分自身のビジョンややりたいことを叶えていくことのできる魔法の質問

マズロー(とはセミナー中おっしゃってなかったけど)の基本的欲求に基づくタイプ分け

 

の話でした。

 

どちらもカウンセリング、コーチングには大切な要素です。

 

私自身は基本は占い&リーディングなのですが、ある程度はカウンセリング、コーチング的な概要も学びます。

ただ学ぶだけじゃなくて、自分に振り返って(自分自身をコーチングする)それを使ってみて、新たなビジョンや目標ともつながっていったりします。

 

誰でもそうなのですが、いつもと同じように生活しているとつい………

 

・やるべきことに追われちゃう

・やるべきことばかりなので退屈したり不満に思う

・やりたいことができなくて不満や葛藤に感じる

・やるべきことをした後でやりたいことをやろうと思う

・そうこうしているうちに何がやりたかったか?なんて分からなくなる

・要するに自分とつながれない、自分を見失う

 

という感じになっていきます。

 

やりたいことをやっている人とは、

やるべきことからやっているのではなく

やりたいことをやる時間やエネルギー(労力、お金)をあらかじめ作っているんです。

 

場合によっては、

『昔の自分にとってはやりたいことだったけど、今の自分にとっては単なるやるべきことになってしまった』

何てこともあるでしょう。

 

夢がかなっているので、それは喜ばしいことですが、今現在の自分が面白くない、ワクワクしないのであれば、取り組むことをアップデートする必要があります。

 

大枠のビジョンは変わっていなくても、大枠のビジョンを構成するビジョンがいくつかあった場合、一つかなっちゃったから、今度は次!ってこともよくあります。

 

こういう時エゴは

『これさえあれば、やっていれば幸せだと思ったのに………』

とブツブツ文句を言って、自分に批判的になります。

 

が、そこで次!に行くこと、ワクワクする、面白い方に行くことで、より大きなビジョンが達成していき、なおかつ今までにやっていたこともとても大切なものだったと気づき、リフレッシュすることもあります。

 

月一で、自分を見直すレクチャーが受けられるのはありがたいですし、いつもブラッシュアップするのは大切だなと身にしみます。

 

帰りは懇親会。まー飲むわ飲むわ(笑)久々にビール飲みました。

最近飲んでも糖質ゼロだったり、そういえば家飲みをやめてみてもいるので、ビールおいしくて飲みすぎちゃいました(汗)

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/3PAGES | >>