CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
やりたいことやれちゃう!のは 社会や親を○○できる人?

 

社会は個人ではないので、人格はありませんが、その社会、時代における

 

いいとされる基準

 

というのは存在します。

 

ゆとり世代

がありますが、これは社会(文科省主導?)がのびのびと個性のある子供に育てよう!ということでゆとり教育を行った結果、その教育を受けてきた世代にゆとりと呼ぶにふさわしい(?ゴメンネ)特徴が生まれてきました。

 

個性が育ったら育ったで文句を言うのも社会(滝汗)

勝手に『いい!』としてそっちに誘導したくせにね!

 

でも、ゆとり教育を受けた世代であっても

 

「個性も何も、何が何でも○○になるぞ!頑張るぞ!」

「○○大学に!」

「○○に就職!」

 

って頑張った人たちだっているわけです。

 

反対にバブルだからといって浮かれずに、景気云々のせいにせず、着実に頑張ってきたバブル世代!っていうのもいるわけです。

 

そもそも親も社会の影響を受けています。

時代による子供の夢、なりたいものというのがありますが、それは子供がそういう風なんじゃなくて

 

社会→親→子供

 

っていう感じの刷り込みでそうなっちゃうんです。

 

なりたいものに公務員や専業主婦の安定志向が(専業主婦は安定と思わないが、汗。公務員の嫁ならいいのか?)出てきたり、反対にユーチューバーだったり夜の蝶(キャバ嬢)が出てきたり!

夢というよりは、超現実的なもの。超現実的な(でも今となっては難しい)夢。

社会や親が『昔ほど景気良くないし、食ってくのも大変!安定が一番!』って言いすぎてる証拠でしょう〜。

 

子供のなりたいものと、社会や親の意向が一致していればいいですが、そうでない場合も相当あるので、

 

 子供の才能を伸ばす!

 

なんて上から目線はやめて

 

 子供のやることの邪魔をせず、やりたそうなことがあったら手助け(これも先まわりは×)する〜

 

くらいでいいのです。

 

むしろ社会や親の意向と一致していても、子供が大きくなった頃には何十年も経ってるので、時代が変わっています。今の子供達がユーチューバーで食ってけるかは疑問ですし、公務員も外部委託などがあるかもしれません。過去を振り返っても郵貯や社会保険庁は組織全体で変化しました。

 

親や社会の意向と一致しなかったとしても、

 

その子が大人になった頃はその子がやりたかったことがまさに時代が求めるものだった!!!

 

なんてこともよくあるのです。

 

以上を踏まえると純粋にやりたいことを見つける!と言っても

 

社会(時代)

 

の影響が大なので、本人がやりたいこと見つけるのが容易じゃないんですよね〜

 

反対に、やりたいこと見つけちゃった!って人は

 

親や社会の意向や要請は………無視できる子!!!

 

ってことにもなるんですね〜

 

はい、タイトルの○○は 無視 でした〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
自分のビジョン?夢?と思っても…もともとは刷り込まれた所からはじまってる

人の望みをかなえていると自分のやりたいことがわからなくなることを昨日あげました。

 

ただ………

 

 いきなり自分のやりたいことわかっちゃった!!!

 

っていう場合の方が少なく、

 

最初は親や社会の意向に沿うことをやっていくのが当たり前だったりします。

 

そもそも『自分は○○を信じている!』『○○が好きだ!』とか強烈に思っていたとしても………

それすら周りから与えられた、情報、価値観がベースになっています。

 

 純粋に自分自身だけの考え!アイデア!

 

というのは厳密に言うと存在していません。

 

誰しもそうなので、親がよかれと思ってであっても、本人の意向ではなく、親の意向(見栄や親にとって得する、いい親と思われるような子供の進路や選択肢)を優先させてしまうと………

 

本当に何がなんだかわからなくなりやすいです。

やりたいことがわかんなくなっちゃっても当然(!)になっちゃいます。

 

親が子供の邪魔をせず、子供の好きなようにさせれば………もともとそれがその子のやりたい方向なので、その子は自分で悩みながら(本当にやりたいことでも悩んだり、現実の問題にぶつかったりはするので)前に進んでいくことができるんです。

 

これは親だけでなく、社会にも言えることです。

 

社会が邪魔?してくる?はたまた影響を受けちゃうってどんな感じなんでしょうか?

続きは明日〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
こうしたい!というビジョンだけでやり方はついてくる。そうじゃないなら…それホントに自分のビジョン?

自分のやりたいことがわからない

 

という場合、そもそも人の意向に沿ったことばかりやってきた、ということがほとんどだったりします。

 

『親がいいと言ったから』

『先生がいいと言ったから』

『旦那さんがいいと言ったから』

『奥さんがいいと言ったから』

 

自分の意向ややりたいことやビジョンがあったとしても、周りにも認めてもらうために、自分の意向ややりたいことをちょっと曲げていたり、変えていたりするパターンです。

 

親が子供の意思を尊重せずに、自分の見栄や意向を混ぜさせたり、優先させたりする………それが子供にとって邪魔!になりやすいってことです。

完全に邪魔してるわけでもないのですが(親と子供の意向の折衷案になるから)、ある種の洗脳パターンとも言えます。洗脳とまでいかなくても取引パターンかな?(汗)

 

ちなみに、今回のお話の場合その方が叶えてきたことで周りに何度も聞いたか?ということを伺ったら『一応○○には聞いたけど、変な感じで対応されたので、あとは自分でなんとかしよう!』となって叶えた!とのことでした。要するに『そうする!』って決めてたことには聞きまわったりなんかしなかった!!!ってことです。

 

『ただやりたい!』ってことに理由はいらないですが『本当にやる!』ってなった段階で具体的に考えるようになります。手段が思いついていきます。ちなみに本来の思考の使い方はただアレコレ考えるためにあるのではなく、心に浮かんだことの道筋を見つけるのが思考のやることです。思考がやりたいことを見つけはしなくて、心がやりたいことを見つけるのです。

 

『決めたのに、具体的に考えられない…』

『なんだかモヤモヤするけどモヤモヤ点が明らか(具体的)にならない…』

 

って場合はもしかしたら

 

エゴちゃんレベルで『やりたい!』

 

ってなってるけど、

 

心、魂レベルで『心底やりたい!』

 

じゃないのかもしれません(汗)

 

『どうするのか?』っていうやり方がわからなくても、『どうしたい!』がわかれば、やり方って後から出てくるものです。なんとかなっちゃうものです。

 

『どうしたい!』がわかってる?はずなのに、やり方すらでてこない………

 

それって本当は自分の望みじゃないことをしようとしてるのかもしれませんよ!

 

ってことです(汗)

 

よくある例を一応あげておきますね〜

 

・お金欲しいはずなのに手段がわからない→『宝くじ当たらないかなぁ〜』

・結婚したいはずなのに出会いがない→『運命の人がそろそろでてこないと困るなぁ〜』

・もっと仕事で成果あげたいはずなのにどうしたらいいかわからない→『資格取っておいた方がいいのかな?』

・痩せたいのだけれどどうしたらいいのかわからない→『短期間でなんとかなる簡単なダイエットないかな?』

 

以上あるあるパターンです!(汗)

大丈夫でしたか〜?自分の望みじゃないこと叶えようとしてませんか〜?

 

自分の望みの方が取り組んでても楽しいし、ずっと叶いやすい(かなって当然?)でなんですよ〜^^

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
専門家でないいろんな人に聞いちゃうのは………ちょっとおかしな感じ?(洗脳?)

昨日の話の続き。

 

周りが怪訝な顔をしたり、反対?に近いようなこと言ったり、素直に応援してもらえなかったり………

 

が起こったのは別に本人の意向を邪魔しようとしているのではなくて………

 

それこそ本人のキャラというか今まで大切にしてきたことと合っていない、違うことだった

ので

周りの方々が面食らったり、どうしたの?って反応したってことだったんです。

 

そして振り返ってみると…

 

とにかく沢山の方々に同じ質問をしたそうです。

 

「私はやるって決めてるんだけど、どう?」

 

って。

 

昨日の家を買うって決めてる例で考えると分かりやすいですが………

 

『本気で買う!』って決めてたら、万全でいくためプロのサポートを受けるだけでオッケーでしょう。

 

転勤等の可能性があるのであれば、貸したり売ったりがしやすいか?

ローンの計画に無理がないか?

耐震性や火災に対しては大丈夫か?

地震がきになるのなら地盤はどうか?

昔の地図はどうだったか?

 

これらは自分が調べるのが難しいので、それをお金払ってでも専門家に聞くでしょう。本気であればあるほど不安要因を潰したり、潰せない場合は対処できるようにしておきます。

 

医者で言えば、セカンドオピニオン、サードオピニオンをするってことと同じです。

 

しかし、専門家でもない人々に

 

「私家買おうと思うんだけど、どう?」

「私こういう治療受けようと思うんだけど、どう?」

 

と聞くのってなんだか不思議なわけです。

 

専門家じゃない人に聞いたところで答えられないんですけれどね(経験者なら多少は何か言えるが)

 

この場合どういうわけだか専門家じゃない人ばかりに聞いて回ってたそうです。

 

「この服似合うと思う?」

 

って誰かが聞いて回ってるとしたらこんな意味があるでしょう………

 

「この服って着てもイタくないよね?変じゃないよね?アウトじゃないよね?」

 

っていう(汗)

 

『絶対似合う!』って思ってたらそんな聞き方しませんもんね。

まあ、自慢したくて?見せたくてその服ばっかり着て人に会うかもしれませんが(笑)、いちいち聞いて回ったりはしません。

 

背中押して欲しくて、誰かに聞く!ってことはありますが、どんなに背中を押してもらったとしても不安が拭えなかったり、どういうわけだか同じことをいろんな人に聞きまくっているのであれば………

 

『そもそもそれって本当にやりたいことなのかな?』

『自分から湧き上がってきていることなのかな?』

(自分からじゃない、ってことは他の人の望みや意向)

 

って話です。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
やるって決めてるのに…具体的じゃない?モヤっと? はなぜだ???

自分的にはもう『やろう』と決めているのだけれども、周りの人が怪訝な顔をしたり、反対?に近いようなこと言ったり、素直に応援してもらえなかったり………最近のこのブログも読んで特にそう感じたけど、やる!って決めてるわけだから聞くのも変なんだけど………

 

的なご相談。

 

何かをやろう!ってすでに決めてらっしゃる時もご質問として多いのは

 

「念のため………」

「お金も時間もかかることだし確認で!」

「どうせやるならいい!結果出したいので!」

 

って感じの枕詞がつくのですが………

 

どういうわけだか「なんかこれを聞くのは変だと思うのだけど………」と何回も、繰り返しおっしゃるのです。

 

『ま、何かやろう!』って決めてても、『気になる箇所があって確認したい!』ってことはよくあるので、

 

「どの辺が引っかかったり、気になったり、不安だったりってありますか?」

 

って伺ったのですが、その答えがまるで出てこず、

 

「聞くのは変だと思うのだけど………」

 

の繰り返しなのです(汗)

 

例えば『もう家を買う!』と決めてるとします。その家というのも『この家!』と決まってるとします。

 

決めたんだけれども

 

「大黒柱の転勤はないかどうか?」

「子供の教育に大丈夫か?」

「地震は?」

「使い勝手は?」

「この場所で大丈夫?」

「このタイミングで大丈夫?」

「お金大丈夫かな?」

 

とか色々あります。ただ、主にどこが気になるのか?っていうのは割合すぐに出てきます。

 

反対に『家を買う!』って決めてるのに『具体的にここが気になる………』ってでてこないってことがない、ってことです。どこか気になるから…すでに気になるところはないけれども確認のため!占いやリーディング目線で大丈夫か?(要するに太鼓判?または自分に許可を下ろしやすくするという意味合いも多いにあるでしょう)っていう感じになります。

 

で、タロットで見てみたら………

 

『え?これもともとホントにやりたいことなの???相手の意向が入っているし、取り組んだとしてもめんどくさくなってきたり、かなりの頑張りが必要だったり、途中で何のためにやってるかわからなくなる』

なんていう風に出たのです。

 

まあ、言われた方は

『え!でもやる方向だし、あとは背中押してもらえるもんだと思ってたのに!最近のブログにも反対されたり応援されなかったとしてもそれは相手の問題もあるし!ってことなんじゃ………』

と相当戸惑ってらっしゃいました。

 

ここ最近書いたのは………

 

本当に本人がやりたい!あとはやるだけ!って決めてることでも、我が物顔で反対したり、ネガティブ要因を教えてくれたり、邪魔してくる人がいるというパターンについてなんです。

 

あくまで

 

 本人がどうしてもやりたいこと

 

のことを挙げているんです。

 

『どうしてもやりたいんだったら人に反対されたくらいで引っ込めないでしょ?』

 

って思える私(ミラ)みたいな人なら全くない!パターンではあるのですが、割と人の意見を尊重して、自分の意向ややりたいことを引っ込めちゃう人もいらっしゃるので、それについて書いているんです。

 

じゃ、このご質問いただいた件に関しては何なのか???

 

これは

 

本人がやりたいと思っていることがあったのだけど、それをちょっと捻じ曲げて、相手がやらせたいことをかぶせて(関連付けて)、そっちに誘導されたパターン

 

だったのです。

 

最悪なパターンの場合は洗脳パターンとも言えるパターンだったのです(汗)

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
自分の夢、ビジョン、やりたいこと の分野で【自分を大切にする】ということ

 

自分を大切にする

 

という考えがありますが、

 

自分がただ望むことを『年齢が』などと理由をつけて否定したり…

自分が望むことを無視したり…

望むことがわかっているのに延々と先延ばしにしたり…

望むことをできなかったことを過去の出来事や人々のせいにしたり…

 

っていうのは自分を全く大切にしてません。

 

『望んでいることが与えられなかったんだもん!』

 

って言って親や環境のせいにして堂々とそれを大人になってもおっしゃる方もいますが、それって全然大人じゃないです(汗)

本人からしてみれば、ちゃんと親やら環境に合わせた道を歩んできていて、大人らしく妥協?現実にすり合わせてきているという思いや自負があって、妥協、我慢することこそが大人だ!と結論づけているのですが………

 

自分自身に責任を持つことが大人という観点からすると、全然大人じゃないよ〜ってことです。

 

誰かに与えてもらえるまで待つとかグダグダ言うのが大人なんですか???

人に与えてもらえなかったら自分で与えればいいじゃないですか〜!

 

ってことです。

 

自分を大切にできない人というのは人のことも大切にできない

 

という概念もありますが、自分のやりたいこと、夢というのはまさしくそれが当てはまるのです。

 

自分の夢を大切にできない人は人の夢も大切にできない…ってことです。言い切るまでいかなくてもほぼほぼそういう傾向です。子供に夢をあきらめさせたり、どうせ無理とか言っちゃうケチつける大人たちがいい例(苦笑)

 

自分の夢を大切にできる人は人の夢も当然大切なので、応援したり見守ったりできるのです。

 

じゃ、まだ自分の夢を大切にできない、わからない場合はどうしたらいいのか?

すでにそれを見つけてる人を応援する!ということです。

 

『え?自分の夢を大切にできなければ人の夢も大切にできないんって言ったばっかりでしょ?』

 

っていう当然のツッコミはあると思いますが………(笑)

 

自分がわからないこと、まだ体験していない?ことをただ応援するってなかなか難しいですし、無意識だとあんまり応援できなかったりするでしょう(汗)

 

でも、だからこそ!応援するっていう姿勢は大切です。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
誰かや環境に邪魔されてしまったら? 自分に与えるというやり方

昨日の才能や夢にまつわることの続き。私の場合親が邪魔しなかったことはまだあります。

 

大学進学でもそうです。

心理学か哲学!って言ってもそれはそのままオッケー?な感じでした。

本当のところどう思ってたかわからないけど(笑)

ま、あれだけ占いやらオカルトやってたら、当たり前?仕方ない?ってなるのかもですが…

いまどきの親御さんなら「理系行け!」とか「就職に強い大学行け!」ってことになるのでしょうけど(汗)

 

親としてはよかれと思ってやってるんだけれども、子供のやりたいことの邪魔をするパターンは非常に多いです。

 

かなり大きくなられて(とっくに就職して)から

 

「やっぱりアレやっておけばよかったような………」

 

っていうお話をうかがうこともあります。

 

ちなみに、やりたかったことがある場合は、やっぱりやることをおすすめします。

 

『もう歳だし、いまさら…』

『時間もお金もかかることだし… 』

 

っておっしゃる方も多いですが、それでもやってみた方が早い!です(汗)

 

子供じゃなくて、そこそこ人生経験積んできて、現実もわかるので(ま、わかんなくてスピリチュアルオケラの場合は置いとく、汗)

 

違ったらすぐ 違った!

ってなりますし、

 

違わなかったら

【それこそやりたいこと】だったわけですし。

 

お金になるとか何かになるとかの結果はさておき。

そういう結果云々を言うのであれば純粋にやりたいことなんてできませんしね〜(汗)

 

一番まずいのが『あれやっておけばなぁ〜』っていう後悔やそれを止めた?人のせいにしたり、恨んだりすることです。

 

思い残すことがあると心の中に澱を残したり、何か背負ってるわけでもないのに何だか重苦しい気持ちにもなります。

 

歳のせいにして取り組まない場合は、若さにも欠けてきます。

 

自分が望むことを与えてあげないというのは結構な弊害があります。

誰かが与えてくれなかったとしても、最終的に自分がそれを与えてあげないのであれば、その与えてくれなかった誰かさんよりももっと自分に厳しいことをしているとも言えます。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
才能を育てるには…育てなくてもいいから○○しない!

 

「ただ好きでやってたらこうなっちゃったんですよ〜」

「だからと言ってこれを掛け算的に増やしてどうのこうのっていうのは興味がなくて…」

 

なんていう好きなことをただやってるだけでうまくいっちゃったお話をセッションでうかがうことができました。

 

これ、私も経験してきたことでもあります。

 

「ミラさんは占い師になりたかったんですか?」

 

っていう質問をいただくことがあるのですが………

 

ホントのところ

 

「そうやって考える前に、まずなれてしまったんです〜」

 

っていうのが事実なんです(汗)

 

はじめにタロットカード、次に西洋占星術、四柱推命、姓名判断など占い全般をはじめ、同時にスピリチュアル系というよりはオカルト?(ま、時代で呼び名?くくり?変わっただけだけど)も取り組んでました。最初にオーラを見たのは中学生の時だし、明晰夢を見たのは高校生の時(笑)

 

占い、オカルト、加えて宗教、哲学、思想の本を読み漁ってましたが、これは現実的な目的があってやってたのではありません。

 

その中から、中学二年の時に

 

「大学行くなら心理学か哲学やりたい!」

 

って現実的な(ま、就職考えたら全く非現実的、笑)ものを選んだだけであって、大学で占いの学科あったなら(ある国があるのも当時から知ってた)そっち行きたかったくらい。

 

なれるかどうか?

それで食っていけるかどうか?

 

そういった目標というか具体的なゴールがなかったので、とにかく興味の赴くままやっていきました。

 

『運命とは決まっているのか?いないのか?』

『占いが当たるのだとしたらなぜか?』

『どのくらいまで当たるのか?』

『人間は何のために生きているのか?』

『自分っていうのは本当にいるのか?いないのか?』

 

っていう疑問があったので、目標と言えるのはこれらを知るためでした。

 

今にして思えば、自分の性格を考える限り(どっちかっていうと頑張るの嫌いな方、笑)具体的な目標がなく、ただ純粋に取り組むことができたのがよかったのだと思います。

あと、そういう気持ち悪い(って小学生の時から実際親に言われてたけど)ことを誰も止めなかったのもよかったです(笑)

自分のやりたいことやるのに、誰か(大抵は親ね)に邪魔されなかった、ってことなんです。

これ結構幸運です。

 

この記事のタイトルの○○に入るのは 邪魔 でした。

ちょいちょい取り上げてるのでわかりやすかったかも?です。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
ドリームキラー再び(笑)

今回のドリームキラーは、確かに専門のことだし、いう立場にはあるんだろうけど………

やっぱりドリームキラーはドリームキラーね!という話。

 

前回取り上げたのは、

 

専門でもないし、責任も取ってくれないし、単なる素人、野次馬なドリームキラーなのでほっとけ!

ていうかほっといて当然!

 

というものでしたが………

 

今回はすでに詳しかったり、経験したことがある人から色々言われたけれども、自分的にはちょっと………

 

という話でした。

 

いくら周りの人たちのほうが経験値が高く、専門のことであったとしても………

 

必ずしも、同じやり方を選ぶわけでもないですし、同じ速度で進んでいくわけでもありません。

 

にもかかわらず、やっぱり専門の方や経験者から色々聞いちゃうと、自分の思った、感じた、夢見た通りにするのはどうかな?って躊躇してしまいます。

 

じゃあどっちにしたほうがいいのでしょうか?

 

1、やっぱり経験者の意見は大切なので、自分やり方にこだわらず、経験者の言うようにする

2、経験者といえども、自分と同じではないので、自分の思った通りにする

 

1を選んだ場合………

うまくいったとしたらラッキー!ではあるのですが、自分のおかげ!とは感じづらいかもしれません。

もしも、うまくいかなかった場合どうですか?相手のせいにしてしまいやしませんか?(苦笑)

相手のせいにすることで、自分のせいにはなりませんけれども………

そもそも自分の夢を叶えようとしているわけだから、そういう問題でもないのでは?(汗)

 

2を選んだ場合………

うまくいったら、自分に自信がつきます。

うまくいかなかった場合はしんどいけど、自分の責任です。

そこで改めて、周りの意見を聞いても遅くないのでは?

うまくいってないし、はじめに言うこと聞かなかったからもう助けてくれない、って人もいるかもしれませんが、本当に味方であれば、うまくいかなかったらよりサポートしてくれるでしょう。

 

周りの意見を重視してしまう時って、自分に自信がなかったり、自分で責任を取りたくなかったり………なんて側面があります。

 

ドリームキラーにやられてしまう、参ってしまうのは、自信が持てなかったり(本当は自信の問題じゃないから、確信といったほうが正しいけど)自分で責任をとるのが怖いから………といった要因もあります。

ドリームキラーの意見に甘えちゃう?ドリームキラーのせいにしちゃう………ってことです。

 

今日お話しさせていただいた方の場合は、周りのせいにしたいっていうのではなくて、自分のビジョンに確信は持っているのだけれども、いざ現実でやろうとすると無理があるのでは?といった葛藤から起因していました。

 

現実 VS ビジョン

 

といったもの。

 

でも、こういう場合、現実ばっかりとってても、ビジョンが叶うことはないので、ビジョンに現実を従えることをおすすめしています。特にビジョンがバッチリある場合は〜。

ビジョンも何もなければ現実に即してやっていってもいいのですけれどもね〜

 

反対にビジョンがなければ、現実に即してやっていくしかない………とも言えます。

 

ドリームキラーの話に戻りますが、ドリームキラーの言うことを聞いていては、ビジョンや夢を最悪諦めてしまいます。そうでなくても、叶わなかったり、叶ったとしても遅くなる傾向にあるので気をつけましょ〜。

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
苦労した後に幸せがやってくるという…大きな幻想

♪人生〜楽ありゃ、苦〜もあ〜るさ〜 by水戸黄門(笑)

 

という歌があります。

 

苦 がある、と考えるとあんまり楽しくないかもしれませんが、この場合(?)

 

楽 を体験できてるわけだからいいんじゃないかと思います。

楽があったから、苦があってもしょうがない的っていうところでしょうか?

 

しか〜し!

セッションで結構うかがう話の中に、これの逆を考えて、一生懸命やっちゃってる場合があります。

 

苦労をしておけば、いつかいいことあるんじゃないか?

 

♪人生〜苦あるから、楽く〜るさ〜

 

と言った考えです。

 

先に答え言っちゃいますけど………

 

自己認識すればするほど楽になる!!!

 

のです!!!!!

 

苦労すれば楽になる、は因果関係がありません(汗)

 

むしろ、ここのところのビジョンの話と関連させると………

 

苦労を選ぶ=ワクワク

 

がありません。得られません。

 

最悪の場合、苦労を選ぶことに慣れてしまう、当たり前となってしまうと………

 

「ワクワクって何?」

「やりたいことって何?」

 

ってなってしまいます。

 

こうなると、ビジョンからは………遥か彼方にいるんです(汗)

 

自分の内側に自然と湧くはずの、ビジョンにつながる感覚がわからなくなってしまっているんですから。

 

確かに、苦労をかって出れば、周りの人やお堅い人、つまらなく生きてる人、あなたに活躍して欲しくない、目覚めて欲しくない人からは認めてもらえるかもしれせん。

 

しかし、自分のビジョンにつながって、自分が楽に、または楽しく生きる、頑張りが頑張りじゃなく生きる

 

ということにはたどり着けなくなっちゃいます。

 

すでにビジョンがある分野で様々な経験をしたいという動機があって、すすんで苦労を買う!ということであれば問題ないですが、

 

「何やりたいかわからない…」

「ワクワクって何?」

って場合は苦労を増やすのはお勧めしません。

 

むしろ、苦労や重荷をおろして(全部じゃなくてもいいので)少しでも、自分が楽しめたり、喜べたりするものに積極的になれたり、

頑張ろう!と変なスイッチ(やる気スイッチ、実はやる気スイッチやりたいことにはいらない、苦笑)を入れずともすすんで取り組めるような

 

心の余裕

時間的余裕

空間的余裕

 

を持てるようにするといいでしょう。

 

何かの余裕、自由な心、時間、空間を持てるように自分を許してみることがとっても重要になりますよ〜

| ビジョン | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/4PAGES | >>