CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
責任ってただのレスポンスだから素敵なものなのよ〜♪

セッション→スーツケース新調→セッション

そして空いている時間に某作業。

 

相変わらず方位試してまして………

いつもはお散歩、お茶、休憩などで方位とってるのですが、人に会うのはもちろんのこと

 

 お買い物

 

にも方位は使えるのです。

使えるというか使った方がいい!!!んです。

 

お金持ちの人からもらったお財布には金運がつく!なんていう説もありますが、

 

 いい方位で買ったものにはパワーがつく!

 

とも言えるのです。

 

人からのご縁やパワーに助けられるのか?

自分で動いて、その気から助けられるのか?

 

どちらにしてもパワーアイテム、お守り的アイテムになるのです。

 

方位は時間も気にしなきゃなので、まずそこに予定を入れて(本気でやるとこうなる。ある意味面倒、汗)

決め打ちしとかないと、いい方位なんぞ取れません(笑)

 

欲しいなと思ってた色もあったし、ときめいた色もあって、選ぶの超困った!!!

どちらも私にとってはラッキーカラーだし………

 

悩んだ結果、欲しいなと思ってた色にしました。理由は汚れが目立たないから!

 

店員さんから『荷物預けるのであれば、一発で汚れが目立っちゃうこともなくはない』と速攻アドバイスいただきました〜

 

まあ色が違ったって汚いのは汚い(笑、マクベスは綺麗は汚い、汚いは綺麗、笑)ですけれども、目立たないのは大切!

 

レジのところに明らかに東京の緯度経度のかっこいい表示付きのカラフルボードがあったので、お店の方に聞いたところ、お店のある場所の緯度経度だそうで、当たり前だけどお店によって違うんだそうな。

旅好きにはたまらない演出です!東京の緯度経度とすぐにわかるのは西洋占星術やるから〜^^

 

画像とっとけばよかった(笑)

 

セッションは………

 

選択の問題ややりすぎ問題などを主にみていきました。

やり過ぎることがある方は、自分でやりたいことがあって幸せ!だと思うのですが………

 

やることを選べない段階が存在します。

 

「大人なのに選べないとかあるの?」

 

って感じるかもしれませんが、まあこれよくあるし、この段階だとスピリチュアルの超初歩の初歩なのでずっとだと、困ったことになります。

 

スピリチュアルでは

 

何かを人のせいにしないで、自分の責任だと捉える

 

という考えがあります。

 

「明らかに人のせいなのに、自分の責任とかおかしい!」っていうやはり超初歩の初歩レベルの人も置いておいて(苦笑)

 

そういう風に捉えてみたらどうなの?そして実際どう人生変わるの?ってところが大切になります。

 

責任っていうと義務と同様に捉えられて、ネガティブに考えられることが多いですが、実はそうではないです。

 

責任と密接に結びついている概念は 自由 です。

 

自由を追い求めているのに、責任をとりたがらなかったり、責任の概念を理解しない人々もいますが、これではずっと自由にはなれません。

 

責任は英語ではresponsibilityですが、これはresponce,反応とも語源を同じくしています。

語源はラテン語のrespondeoで、(応答的に)約束する、保証する、言い返す、応答する、答えるなどで、約束を履行する、支払う、償うという意味も見られます。

 

責任=背負い込むというイメージかもしれませんが、一旦背負いこむでしょうけれども、反応として返せばいいわけです。

 

賠償責任が発生したとしましょう。

すぐに賠償できなければ、それこそ背負い込むことになりますが、賠償してしまえば(心情的なものなどは脇に置いといて)

責任を果たしたことになり、背負いこむものはもうないのです。

 

何かを人のせいにしないで、自分の責任だと捉える

 

というのを言い換えると

 

何かを人のせいにしないで、自分で反応して人生を変えていく

 

という姿勢になります。

 

責任取れない、反応できない人は自由になれないってことです。

 

責任取りたくない、反応したくない(行動でもいいです)人は不自由でいるしかない、とも言えます。

 

そもそもスピリチュアルは身体を超えた存在として自身を捉えるやり方です。

身体ではなく意識に重きをおいているので、その意識にフォーカスしていくと真の自己や高次の自己や魂などの概念が現れます。

 

自分=身体ではなく自分=魂だったらどうなのか?

というエゴを超えた段階からのアプローチがスピリチュアルになります。

エゴを超えたはエゴを無視するのではなくて、エゴも包括しているけれども、エゴ=自分やエゴ=絶対とはならないという枠組みです。

 

何かを人のせいにする っていうのはまさしくエゴのやり方です。

 

人生の中で 自分で選択していけない というのは一見慎ましやかで謙虚に見えますが、実はエゴのやり方です。

 

何かがいいこと起こらないかな〜?

白馬の王子さま現れないかな〜?

 

っていうのもふわっとしていて可愛らしい感じがしますが、 めっちゃエゴ! です(汗)

 

スピリチュアルであれば、いいことが起こせるように日々工夫、行動しますし、王子さまに会うのもシンデレラのようにお金なくとも魔法使いに頼んでドレスアップして王子さまの元に向かいます。

 

そして日々の工夫行動や、シンデレラの頑張りも、こうなりたいからこうする!って選択してるのです。

 

選択しないという姿勢だと、選択せずに機会を失っていってしまっている、貴重な時間、すなわち命を無駄にしているということにも気づかないのです(汗)

 

ほんとなんだかスピリチュアルが誤解されてるのが残念だけど、めげないぞ〜(笑)

誤解なくして、本来のやり方で楽しめる方が増えるよう、色々やるからな〜!待ってろよ〜!(って誰に言ってるの?私に言ってます)

 

渋谷の街でピクセルアート開催中〜ビジョンからも大好きなピコピコ音(ゲーム)が流れていて、

パックマンぽい映像で可愛かった〜もっと見たかったけど、今日は暇なし!

もっと見たいなぁ〜6/30まで!

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
知識や情報があるから………望みが叶えられない?

ここのところ休みがないので今日は休みにしようと思っていたら、フォーム更新の際の第一希望のところだけ今日の日付消せていなくて、本日もセッションすることに(汗)

 

お客様の不得意?なかなかうまくいかない分野があって、

 

その分野は一般的には なかなか学ぶのが難しい?そもそも学べるの?

 

って思われている分野なのですが………

 

私はその道のいい本も知っているし、もっと幸運なことにいい先生も知っているので

 

「じゃ今から学んでいけばいいでしょう〜!私も学んでいることまだまだあるし!」

 

とお伝えしたのですが、

 

「いまさらですか………」

 

と力なくつぶやかれたのです………

 

そのかたは、ご自分の年齢を考えてそうおっしゃっただけでなく、そもそもその分野のことが学べることも知らなかったし、知ってしまった今では後悔?(厳密にいうと違う、この後悔っていうのはエゴが感じているものだから)、そしてご自身を恥じている感覚などが混じってしまってがっくりときてらっしゃるようでした。

 

私から言わせれば、知っていたのにできなかったことや同じ過ちを繰り返していれば後悔したり恥じたりするのは仕方ないですが、知らなかったことに対して後悔したり恥じたりするのは違うと思うのです。

 

なんとかしたいのであれば知識、理解、経験していけばいいし、なんとかする気がないのならまあそのままほっとけばいいわけで。

 

知ってるつもりだったり、聞きかじったこと読みかじったことでなんとなく満足していて(知ってるつもり)、本当のところは全然わかってなかったし、知ってるつもりのように行動できなかったり、結果も出せないことにがっかりするのであればわかるのですけれど。

 

現代は情報が溢れている、多すぎるので、頭やエゴレベルで「知ってる!」ってだけで、実際には全然わかっていなくて取り組めたり結果出せないことの方が多いです。

 

ずっと昔にソクラテスがソフィストに対して言ったことがあります。

(ちなみにソフィストは知識が多く家庭教師をしたり弁護士のようなことが生業でした。コーヒーこぼして火傷して訴えて勝ってしまうような弁護士とも言える。要するにプロのいちゃもんつける人です)

 

「私は君たちと違って自分は知らないということを知っているんだ!」

ってソクラテス言っちゃって死罪にさせられちゃったことがあるのですが………

 

今の人たち、もちろん私も含めて当時のソフィストと同じ感じ?いやそれ以上です。

 

知識だけはあるし、調べればなんでもある程度はわかってしまう(検索)ので、ソフィスト以上に知ってるつもりの人々です(汗)

 

ソフィストはそれこそエゴに満ちている人々なのですが、それ以上にエゴに満ちている、満ちやすい環境にいるのが私たちです。

 

知らない ということがほとんどありません。

知識としては知ってることだらけです。

 

エゴは知ってることが多い方が安心しますし、知らないことを認めたくありません。

 

なので、大体のことは知ってたことになるし、実は全然知らなかったことでも聞きかじったり読みかじったことはあるので、知らなかったことにならないのです。

 

しかし、私からみたら

 

「それってもちろん知識としては知っていたかもしれないけれど、誰からもしっかり教わらなかったのではないですか?」

 

ってだけなのです。

 

誰でもエゴがあるので、本当に知らなかったことでも知った瞬間?に後悔したり恥じたり落ち込んだりするのですが、そもそも知らなかったことって自分が悪いわけじゃないと思うのですが………?

 

悪い部分があるとしたら、自分で知識や理解できるように動かなかったことや、興味がある分野や成し遂げたいことがあるのにそこに到達するための手段があるのか?ないのか?というところに疑問を持たなかったことだとは言えます。

要するに知ってるつもりだったということ。

 

学校教育、家庭教育、周りの大人や先輩たち、社会が教えてくれることが貧弱であるということはとても問題だとは思います。

TV番組のタイトルにもなってますけれど、学校で教えてくれないことでもとても有用だったり好奇心をそそることが多いです。

 

特に お金、人間関係(家族、コミュニケーション、恋愛、パートナーシップも含む) は全然手が回っていない様子。

 

まあ教えることになっても、お勉強ができるだけの先生では無理だしなぁ(苦笑)

 

ソクラテスが「知らないということを私は知っている」と言ったのは2000年以上前の話です。

 

しかし、今の社会の方がず〜〜〜〜〜〜〜っと

知らないことがあるってことを知っているかいないか?が重要になります。

 

そもそも『知らないことなんてない!』っていう環境ですから(苦笑)

 

知らないことを知らないことでの一番の弊害は、

 

 本当に知りたいこと、望みを叶えるのに必要なことがわからない、学べないということなんです。

 

だって全部知ってるつもり!な訳ですからねぇ………(汗)

 

これはどなたにも言えることですが、

 

「ガーン!!!知らなかった〜」

 

ってことで落ち込まないで欲しいんですよね。

 

落ち込んじゃうとより前に進めなくなっちゃうので。

 

そうじゃなくてずっとは困るけどその時くらいは

 

『教育や社会で教えてくれてないのが問題なのか〜………確かにそうだよな〜』

 

くらいに思ってください。

 

周りの大人たち、先輩たちもまだお金やら人間関係やら人生について迷っているし、そもそもそういうことを問うことをやめてしまって生きているので(汗)

 

人生においては答えがわかってることが重要なのではなくて、常に自分に問い続けること自体が重要です。

 

自分に問うと、エゴが辛いのでほとんどの〔大人〕がやめちゃってるんんですよね〜………

 

自分に問うとか面倒な人は目の前に現れたことをしっかりとやっていく、行動として表していけばオッケーです。

 

どっちでもいいけれど、知ってるつもり、が一番危険ですよ!ってことです。

 

知らなかったのを知れたことは落ち込むことじゃなくて、喜ばしいことだ!って思ってもらえるといいんですよ〜

 

 

ピンクの部分は花じゃなくてガクで、花は点のところという豆知識

 

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
人生での行き止まりは、他の道があるだけ!

物事がぱたっと上手くいかない、進まなくなる時というのがあります。

 

小さいものでいえば

 

・仕事のオファーが途切れる

・親しい人に会いたいけどなぜか会えない

・お金の流れ(臨時収入など)がいつもあるのにない

・調子が微妙によくなく、低調

・なんだかしーんとしてる

 

大きいものでいえば

 

・次の仕事探してるのに全く見つからない

・頼みの綱な人にどうしても会えない

・収入が断たれる

・大きな病気や、事故に見舞われる

・超孤独

 

後者はちょっと大きすぎるのもあるけれど………

 

どちらもスピリチュアルな視点や、人生の青写真という視点から見ると単純に

 

「そっちじゃないから!行き止まりだよ!」

 

ってことが多いです。

 

小さいものの例でいえば、行き止まりってほど大きくは感じられないかもですが、小さくても他に重要ごとがある場合ということもよくあります。

 

フリーランスや自分でやってる人であれば、

 

・仕事のオファーが途切れる

 

なんていうのはちょっとでもビクビクしたり、最終的には死活問題だったりしますが、途切れた?って時点で

 

・他に緊急ではないにしてもやった方がいい自分にとっての重要ごとがある

(受け身でなく能動的にやった方がいい仕事。作品づくりなど。普段は忙しくてできないもの)

・身体や心のメンテナンスやリフレッシュが必要

・他の流れや展開があるかも?

 

と気づくだけで、いきなり仕事のオファーがやってきたり、通常通り?というか、好調になる時もあります。

気づいただけでは特に何も起こらなかったとしても、これらの点をクリアすると………

 

「あの途切れていたおかげで○○ができた〜!」

 

ってわかるくらい、また通常通りに戻ります。

 

自分で仕事してて、イケてる人は、この行き止まった時にどうするか?っていうのがよく理解できていて、

 

「あ!これはいい加減アレをやらなきゃいけないんだ!」

「あ!これは休まないと!休むのも仕事のうちか!」

 

って当たり前のようにやっていたりするのです。

 

行き止まりになったり、流れが止まったとしても、自分で新たな道や、課題に気づいたり、また流れを良くするようなきっかけを作ることもできるのです。

 

「行き止まりになったから、引き返そう〜」とか、「さっきの別の道を行こう〜」とか………

 

「ああ、自分の課題やってないから片付けないと先の道が開けないんだな!さては!」

 

って落ち込んだりせずにニュートラルに受け取ります。

 

とはいっても、後者の大きめの問題と思えることだとなかなかニュートラル!ってわけにはいかないでしょうけれども………

 

そうだったとしても

 

「あれ?これ私行き止まりか袋小路にでもいるの?」

 

ってまず気づく必要があります。

 

ここで「私は何か失敗した」「運に見放された」「選ぶ道を間違った!」って大ごとにしたり落ち込んでしまう方というのも多くいらっしゃるのですが………

 

ここで質問です。

 

「道を歩いていて、たまたま行き止まりになってしまった場合って落ち込みますか?」

 

ただ、「ああ、間違っちゃったな。一つ前だったな」って思って引き返して道がある方にいくだけではないですか?

 

人生の重要ごとでも同じことです。

 

何かちょっとしたことで行き止まりになっただけなんです。

 

もちろんあらかじめちょっとしたことに気づいていれば、行き止まりにもなりませんけれど、ちょっとしたことすぎて気づけないことだって往々にしてあります。

 

ちょっとしたことは、その今いる道でない、他の脇道や曲がり角ってことが多いので………

 

その道でないことに目を向ける機会と捉えることが大切になります。

 

・次の仕事探してるのに全く見つからない  →  別の仕事はどう?
・頼みの綱な人にどうしても会えない  →  別の人はどう?または人に頼らないのもいいかも。
・収入が断たれる  →  別の収入は?それこそ失業保険もらってゆっくりしてみるのもアリかも?
・大きな病気や、事故に見舞われる  →  立ち止まるしかないから、立ち止まって回復を待つ。または今まで無理してなかったかな?
・超孤独  →  一人でしか決められないことってあるかな?一人で決めてみてもいいかな?

 

行き止まり、行き詰まりを問題!としてフォーカスして落ち込む方が多いですが、それはそれとして、他に目を向けてみると、つるっと道が見つかることが多いです。

そして見つかった道というのは、今までの道よりもご自身のビジョンにつながっていて、そちらを歩んだ方がよりハッピー!ということがほとんどです。

 

自分で仕事やってる人はこの考えが上手なので、お手本にしてみたり、普段流れがよくないと感じているときにどうしているのか?実際に聞いてみたり、参考にしてみるといいですよ〜

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
女性or男性全般に恨みがあるタイプは………難しいねぇ(汗)

月一タロット講座。

 

長年やってるので見るテーマは自由で、それにどういうスプレッドを使ったらいいか?をアドバイスしつつ、リーディングしていっています。

 

で、タロットとは関係ないのだけど現役占い師Nちゃんからこんな話が出ました。

 

女性全般に恨みがある男性

 

というテーマ………

 

女性受けは悪くなく、まあモテる。なんだけれども、表立ってやる場合もあるし、裏でやる場合もあるけれど、実はとんでもないことをしでかしている。

 

Nちゃんはそういう言葉は使わなかったですが、女性をとことん試す?といってもいいでしょう。

 

この手のタイプの男性がどうしてそういう風になってしまったのかというと、もともと母親との関係に大きな問題を抱えているから。

 

そして、母親との間で解決できればいいのだけれども、それは大ボス?ラスボス?だから解決できずに、パートナー間でそれをやっちゃう………

 

というのがNちゃんの解釈でした。

 

私もそういう問題はよく見ますし、Nちゃんのおっしゃる通りだと思います。

 

よくある例として、母親が母親らしくなく(母性に欠ける?)子供を置いてっちゃったり、振り回してしまって、子供としては大いに傷つくパターン。

お母さんが実のお父さんを捨てて、新しい男に走るパターン。

大人になったら都合のいい時だけ甘えたり頼ってきたりする母親。

 

まあ、これ母親って言っちゃうと、『お母さんいない人はどうなるの?』『女ばっかりが悪いのか?』っていうツッコミあるので、母親的な、本来は子供を養ってくれたり、味方だったりする人が不安定だったり、そういう支えがいないパターン、と本質的には言えます。

 

あるべき支え、サポートがないというのは本当にしんどいです。

飲み水がないとか酸素がうすいとかそういうレベルの問題です。

 

ただ、しんどい本人はしんどいとも言えず(子供は親やサポートしてくれるであろう存在に依存しているので、敵とは捉えません。たとえ虐待されていても………)それでもそういう存在に気に入られようとして生きていきます。

 

だけれども、本来支えてくれるときに支えてくれなかった、傷ついた、というのも抑圧しています………

 

女性全般に恨みがある人はほとんどが、自分が女に恨みがある!なんていうのは気づいていないでしょう。

お母さんに起因して自分が色々抱えているのを女性全般にやっているという自分に。

 

Nちゃんのすごいところは、その問題を抱えている人へ、母親との関係性で残っているエネルギーをヒーリングした!ってところ。

 

根本を見抜いてヒーリングしちゃう………

 

手っ取り早い(笑)核心から癒しちゃうのは。

 

まあ女性全般、男性全般に恨みがあるようなタイプと関わるのは本来おすすめしません(汗)

難易度高すぎるから。

 

お母さん役、お父さん役をやってあげる必要があるかもだし、かといってそれだけやってても満足してくれないし………(苦笑)

 

もしもご自身が異性の親との関係性からそうなっちゃっているのかな?ということに心当たりがある場合は、恋愛やパートナーシップに関しての問題に取り組むよりは、親との問題に取り組んだ方が、恋愛やパートナーシップも上手くいくでしょう〜。

 

NちゃんMちゃんともに主張していたのは

 

「こういうタイプは無理だから、だったらマザコンの方がマシ!!!」

 

とのことでした(笑)

 

マザコンはお母さんを大事にしすぎてる場合もあるけれど、女性全般大切にする傾向にありますからね〜

マザコン嫌がる方も多いですが、いい面もあるので、困ってる人はそちらにも目を向けましょう〜(汗)

 

Nちゃんお誕生日が違いのでお誕生日もちょっとやりました。

Nちゃんお誕生日おめでとう〜

私の誕生日も近いのでプレゼントいただきました〜

いつもありがとう〜

 

 

Mちゃんが買ってきてくれたHenri Charpentierのケーキ。

スポンジのふわっふわで重たくなくて美味しい〜

 

 

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
頑張りすぎちゃう方に気づいて欲しい〜! 自分への価値の問題

スピリチュアルな考え方で

 

問題 を 課題 と捉える

 

というものを昨日お伝えしました。

 

で、大体が課題は自分の人生に繰り返し起こり、自分の生まれてきた目的に関連すること、だったりします。

 

ただ、真面目すぎる?ストイック過ぎる?方には………

 

何でもかんでも課題にしてしまったり、さらにはその課題を『乗り越える、克服しなくてはならない!』

 

と今度は 課題という名の問題 を増やしてしまう場合もあります。

 

何でもかんでも乗り越えなきゃ病、またはとにかく自分を変えてよくしよう病(汗)なんですけれども、なんでも乗り越えなきゃ!という方々に共通するものがあります。

 

それは

 

 今のままでは十分ではない

 自分は愛されるに値しない

 そのままの自分には価値がない

 

という感覚、感情、気持ちです。

 

何か頑張ったり、働きかけをしっかりしていかないと、自分には何かを受け取る価値がないと感じていたり、

苦労を通してしか物事を達成できないという感覚をお持ちです。

 

もちろん、物事を達成したり、何かを叶えるには適切な働きかけをしていく必要がありますが…

 

こういうパターンの方々は何も頑張らなくてもいいところや、本当に自分が望んでないことでもそれを乗り越えないと!ってなっちゃうんです(汗)

 

例えば、このチャレンジにうまくいくと、車のパジェロ(笑)もらえるよ!

 

っていうのがあるとします。(昔あったなぁ、笑)

 

もちろん、普段車を必要としている人であれば『欲しい!』となるでしょう。

 

しかし、免許はない、駐車場もない、車乗るつもりもないとなると………

 

『それはいらないんだけど。むしろパジェロ買えるお金の方がいいんだけど〜』

 

ってなります。

 

しかし、自分自身を十分でないと感じてる人々はパジェロいらなくても頑張りがちです(汗)

 

まだパジェロの様にもらえる物なら、誰かに譲っても売ってもいいわけだからいいといえばいいのですが………

 

特にどういう成果が出るかわからない物事や、自分が本当に望んでいるかわからないこと、ひいては望んでいない結果が出てしまう可能性がある物事であっても………

 

頑張っちゃうんですねぇ〜

 

自分を成長させる、変える機会として乗り越えようとしちゃうんですよね〜

 

『なんだかわからないけど、いろいろなことを頑張ったり乗り越えなきゃ!』

『自分が成長しきるにはもしかしたら時間が足りないかも?』

 

って感じてる方々。

 

『自分の価値を感じられるようになりたくて………』

『いつか成長した理想の自分でありたくて………』

 

色々頑張っちゃってる方々………!

 

自分自身の十分でない感じや無価値観、無価値までいかなくても価値が軽い感じ、愛される存在ではないという感じ………

 

まずそれらに気づく必要があるかもしれません。

 

結論言っちゃうと、頑張ったところでそのご自身の根底に抱えている感覚は癒されません。手放せません。

 

何かする(doing)で存在自体やありよう(being)が埋められる訳ではないからです。

 

もちろん何かしたことによる結果というきっかけがあって、自分の存在自体を認められることもない訳ではないですが………

 

どちらかというとこういうパターンをお持ちの場合は頑張り自体に価値を認めてしまっている傾向が強いので、

 

 何かを成し遂げれば成し遂げるほど、自分の足りなさ、十分でなさ、価値のなさを奥底で痛切に感じる

 

となることも多いのです。

 

人から見たらものすご〜く恵まれているし、才能もあるし、人にも囲まれているのに、いきなり自殺しちゃう人っているじゃないですか?

 

それは成し遂げたからこそ感じる無価値観や絶望にやられちゃったパターンといえます。

 

 

価値がない自分が、価値がない!と自分のことを決めつけてるのもなんだかおかしな話、

と気づけるといいかも〜。瞑想や内観でも気づけますね〜

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
自然と記憶がよみがえるのは………トラウマ解放の一歩前、または解放&統合のとき

抑圧してしまったトラウマや衝撃的な出来事、処理できなかった出来事に対しての記憶は、何も全部出し!をしなければ出てこない、という訳でもないです。

 

今現在の出来事に取り組んでいたり、思いを巡らせているときに

 

『あれ?なんで今更こんなこと思い出すんだ?』

 

ってことがよくあると思います。

 

その場しのぎだけで対応している場合は気にも留めないかもしれませんが、真剣に取り組んでいるとまあまああることで。

 

そのふと思い出した記憶は、今の出来事と関連する記憶で、その周辺にもしかしたらヒント?や抑圧してしまった記憶や思いが埋もれている可能性があります。

 

その抑圧していたものがよくわからなくても『なんとな〜く、こんな感じかな?』などと感じつつ、目の前の出来事や課題にしっかり取り組み、それがとても上手くいく、いい結果を出すと………

 

過去の思い出した記憶の周辺、すなわち抑圧してしまった記憶や思いが出てくることがあります。

 

最初おぼろげに思い出した時よりも、よりすんなりと思い出せる、記憶が再生される?そんなことが起こることがあります。

 

これは目の前の出来事、課題をクリアしたことで、過去に抑圧した記憶や思いが自動的に解放された!ということになります。

 

ヒプノセラピー(自己ヒプノでも)でも、瞑想でも、ホロトロピックブリージング(これは過呼吸などになることもあるので、最初は指導受けてください)などでも、ワーク中やワーク後にふと一連の記憶が出てくることがあります。

 

そして、体験した時よりも、つるっとニュートラルにその記憶が蘇ります。

 

それがもしも、ものすごく嫌で苦しく辛い記憶だっとしても、なぜかニュートラルにただ起こったことを思い出したり、眺められることがあります。

 

これで、そのトラウマ的な出来事が解放され、自分自身に統合された、ということになります。

 

欠けてパズルのピースが見つかって、すっとあるべき場所にはまって、全体の絵が見える感じになります。

 

もちろん、自分自身の過去やインナーチャイルドにアプローチするワークで統合していくことができるのですが、扱う量?や重さ?に耐えかねて、まるで片付けしてたのに余計に散らかってしまったかのように、手をつけられなくなってしまうこともあります。

 

目の前の出来事を、ただ目の前に起こっているものとして捉えるのではなく、時間を超えて、すべての自分の側面に働きかけることができるものとして捉えると………

 

何も一定期間山にこもったり修行したりするようなことをしなくても、一つ一つ、いや芋づる式なので、場合によっては一気にトラウマ的なこと、抑圧してしまったこと、を解放し、統合することができます。

 

今現在直面している出来事や課題が、ものすごく苦手だったりトラウマにまつわることであればなおさら………

 

それを乗り越えた時は、過去のものも含めて一気にクリアにしていくことができます。

 

スピリチュアルなものの考え方で、

 

 今目の前に起こっていることを【問題】として捉えるのではなく、【課題】として捉える

 

というものがあります。

 

【問題】はその場でやり過ごしたり、とりあえず解決を見ればそれでオッケーです。

 

【課題】として捉えた場合は、単に問題、困りごとではなく、自己認識を深めたり、新たにする物事として取り組んでいきます。

 

何もスピリチュアルなことをしなくても、自己認識や、過去の抑圧した記憶やトラウマの解放、自己の統合というのはやっていける仕組みにはなっています。

 

なんだけれども〜………目の前の出来事から学ぶのが苦手だったり、自己認識とは?というのがはっきりわからない場合は、自己認識のワークや様々な質問に答えるワークをしていくというやり方もあります。

 

ちなみに、せっかく自己認識のワークなどをやっても、普段の生活や今起こっている物事とどういうわけだか結びつけていない勿体ないパターンが多いのも実情です(汗)

 

なんでスピリチュアルはスピリチュアルで分けちゃうのか疑問なんですけれども〜

なんだろうなぁ〜スピリチュアルって観賞用とか保存用のレアグッズみたいな関わり方にどうしてなっちゃうのかな?

 

レアグッズのように古くなったりなくなっちゃうものじゃないし、そもそも魂の永続性だとか、時間と空間が幻だとかの世界なわけだから、どんどん使ってもらったって、輝いていくだけなのに〜、スピリチュアルは〜!(笑)

 

なので、どんなワークや教えややり方にしても、自分の生活にためらいなく!取り入れていってくださいね〜

 

そして、取り入れなかったとしても、目の前物事に向き合っている(自己認識を深めるやり方で)だけでも、統合に自然と向かっていくので、ワークしてないからといって落ち込んだり、いつかやらなきゃ!って思う必要もないですよ。

 

一番危ないのは、ワークしているから、といって全然自分の人生と結びつけていない場合、レアグッズ観賞用、保存用的な形でスピリチュアルや自己啓発やセラピーに関わっている場合なので(汗)ずっとやっちゃうとスピリチュアルオケラさんになりますのでお気をつけくださいませ〜

 

 

今現在ある出来事から自分を理解することができます。

これは乗ってる飛行機が雲に写ったもの〜こんな風に見えるとは〜

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
あと一歩が足りない、諦めやすいタイプはどうしたら?

 コツコツやれるタイプ

 

 全然ムラがあってコツコツやれないタイプ

 

 コツコツはいいのだけど、実はコツコツを逃げに使っている場合

 

などのタイプをあげました。

 

これ先日の某合宿でも話題になってました(そういうメッセージをもらっていた!)し、今日もそう言ったお話を伺ったのですが………

 

 あと一歩!のところで諦めてしまうタイプ

 

というのがあります。

 

それが、

 

 どうしても欲しい!

 

っていう物事が目の前にあっても………途中でやめちゃう?諦めちゃうんですね(汗)

 

私はムラはありますけれど、そもそもコレ!と思ったり、納得したことしか力を入れないので………

 

あと一歩でやめちゃう〜ってことは少ないです(汗)

 

『ま、やったところで意味あるかわからないけど、ちょっとの手間だし………』

『なんだか気になるか…………確認してみるか!』

 

と職業柄、何かひらめいた場合はほんのちょっとの手間をかけることにしています。

 

そしたらどうでしょう!

 

特に友人が欲しがっているもの、もちろん私も自分の分があればそれがいい!!!

 

というものを発見してしまいました(汗)

 

前々から、『これあとで何とかなるんじゃないのかな?』

 

とは思っていたのですが、そういうタイミングでも何とかならなかったので………

 

友人は諦めてしまっていました。

 

そう、友人は押しの一歩が足りない、タイプの模様(汗)

 

発見して、普通だったら?諦めそうなこともありましたが………

 

見事ゲットに成功!

 

これはかなりの奇跡です(笑)

 

今日のパターン以外にもどうやって押すか?欲しいものをゲットしたか?的な話を友人にもしましたが………

 

私はまあまあ欲しいものなら諦めない方のようです。

 

そもそも占いとかスピリチュアル………あっさりしてたら身につきませんものね(汗)

 

先日お話しした学習曲線とも関連する話で………

 

『もうちょっとやっておけば、もっともっと楽になるのに!』

 

でやめちゃったり、馬力出せなかったり、諦めちゃったりする方は多いですね。

はたから見てるとよくわかります。

 

だから、諦める前にちょっとこういう風に考えてみることをおすすめします。

 

『あと一歩で叶うのだとしても、ここでやめてしまうのか?』

『もうちょっと先に進むことは(休んででも)できないのか?』

 

と。

 

ちなみに、やめちゃえ!諦めちゃった!というのも思考停止の一つのパターンと言えます。

 

欲しいものが手に入らない状態でいるのって苦しいじゃないですか?

 

苦しまないために諦めちゃうんですよね(汗)

 

傷つきたくないから、何もしない方を選ぶのと似ていて、極端な場合は破滅的になっちゃうんです。

 

ちなみに、根性努力云々ではなく、物事を諦めない秘訣があるのをご存知ですか?

 

それは欲しいものや目標を一つ!にするのではなく、様々な分野で欲しいものや目標を持つことです。

自分の人生のバランスを全体的に見て、それぞれの分野で目標を持つと………

一つうまくいかないから、もうダメ!っていうのはなくなります。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
占い記事だとアクセス↓(笑)そんなスピリチュアル好き!さんにこそ知ってほしいこと

身体あっためればいいじゃん!と言っても、占い的に見るとあっためるのがそんなに向いてない人の話をしました。

 

例えば身体に痛みがあるときは温めるのが常識ですが、冷やしたほうがいい時もあるのもご存知でしょうか?

 

常識なのは火傷の時に冷やす!ですが、打撲した時に冷やしたりもしますね。

 

要するに、

 

温めればいい! 冷やせばいい!

 

というどっちが正しいか?という話をしているのではなくて、

 

 こういうときは………温める  ああいうときは………冷やす

 

という話をしています。

 

占いに限ったことではないですが(占い、スピリチュアルを学んでいればわかってくるはずですが…)

 

全体を見て判断する

 

またその全体というのが 人 の場合………

 

その人全体もそうだし、

その人が『こうありたい』『こうなりたい』『これを得たい』などのビジョンをみて判断する、

 

ということが重要になります。

 

『私はスピリチュアルなことに興味があるんであって、占いとか関係ないし〜』

 

と思っている方も多いようで、占いの記事になるとアクセスが下がる!のですが(苦笑)

 

私自身は占いのことでもスピリチュアルな要素を盛り込んで書いています。自分の中で占いもスピリチュアルも切っても切れないことなので(笑)

 

むしろスピリチュアル好きな人こそ占いを学んだ方がよりスピリチュアルが理解できるし………

占い好きな人こそ、スピリチュアル学んだ方が占いに活かせるし………

 

って思ってるんですよね〜。

 

『スピリチュアルだったり生まれつきのサイキックの方がすごくて、占いに頼るなんてダメだなぁ〜』

というスピリチュアル派

 

『勉強もロクにしなくて何かが見えるとか引き寄せ!とか言ってるのってダメだなぁ〜』

という占い派

 

など極端なことを感じている方もいらっしゃると思いますが、これってその人の中の分離なんですよね(汗)

 

スピリチュアルわかればわかるほど

『占いすごいなぁ〜。ちゃんと出てるじゃん!』

 

占い勉強すれば勉強するほど

『ああ、運命とか目に見えない世界ってこうなってるから、こういう見方(占いの)をすればいいんだ!』

 

といった体験をします。

 

先ほどの全体!ということを考えた時に、別に占いだからどう、スピリチュアルだからどう………っていう必要もないですし、それやっちゃうと全体からの理解が離れるわけです。

 

占いとスピリチュアルは近いのですけれど、占いと科学、スピリチュアルと科学も別に矛盾をはらんでいるものではありません。

本人の中に矛盾なり、信じたいものがある場合………

 

「科学で証明されてないからダメ!」

 

みたいに科学至上主義みたいになっちゃうんです(汗)科学は科学でとても大切で役に立つのですが。

 

たまに「どの占いが当たるんですか?」「どのリーディングがすごいんですか?」

って聞かれることありますけれども………

 

どの種類がすごいか!ってことではなく、扱っている人による!ってことになります。

 

占い的に見てそんなに難しくなく、素人さんでも1日でわかるようなもの

(ここでは言わない、ミラ通信では今後言います)を扱っている占い師さんでも

 

ものすご〜〜〜く精度が高かったり、相手の人生をいい方向に変えてしまうような人もいます。

 

反対に『自分はものすごくスピリチュアルな体験をした!』『すっごい視えるんです!』だったり

『私の学んだ占いは学ぶのに何十年もかかるんですよ!』っていうことをうたっていても…………

 

中身がただの説教?一般論?でさっぱりな場合もよく(!)あります。

 

「温め最高!」と盲信するのではなく、

 

「なぜこの場合温めるのがいいのか?」

「どうして冷やした方がいいのか?」

 

と全体やそのつながりをわかっておくといいってことです。

 

占いは割と簡単に自己認識につなげることができるんです。

自己認識すなわち自分の全体像もだし、細かいところも知ることができるツールである、ってことです。

 

スピリチュアルの領域は広大で普遍的すぎる!ので、ちょっとぼんやりとしちゃいますし、迷いやすいとも言えます。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
相反するもの………どちらも正しい

少し前にあげたバレットジャーナル、ちゃんと続いてるだけでなく………

使い勝手いいし、やり残しないし(先送りや単にスケジューリングしただけでもOKなので)、やった感(これ大事)もあるので続いています〜

 

物事を片付けるのには2つの考え方があります。

 

・今日できることは今日やったほうがいい

 

・明日できることを今日するな

 

これ真反対の考え方です。

 

前者はわかりやすくて、人生の終わりの日はいつかなんかわからない(いや、アカシックに書いてあることもあるが、汗)ので、後悔がないようにできることややっとこう!という考え。

 

後者は、前者が当たり前!いいこと!だと思っているとわかりづらいのですが、

 

今日じゃなくてもいいことは他の時にやればいいのであって、今日できることをしよう!

 

ってことです。

 

明らかに前者の方がメリットがあると思われがちですが、そうでもないです。

変に真面目?だと、やるべきことをず〜〜〜っとすることで日々が過ぎていってしまうからです。

 

後者の考えのメリットは今日やりたいことができる!ということで、やるべきことばかりに追われるということがなくなります。

 

怠け者?ほっといてもやりたいことやっちゃう方は、今日できることは今日やった方がいいですし(私!笑)

 

真面目すぎる?やりたいことあと回しになっちゃう方は、後者の考えを採用し、こう自分に問いかけるといいでしょう。

 

『これって本当に今日やらなきゃいけないことなのか?自分が本当に今やりたいことなのか?』

 

私は、ちょっと怠け者から、すこ〜し真面目方面にシフトさせている、ということです。

やりたいことがコツコツやらなきゃ!なことなので。

 

自分のペースや、時期(占いであらかじめわかる)に応じて、自分との付き合い方をベストなものにしていけます。

 

そして、これはこの件だけではないですけれども、正反対に思えるような格言、意見、考え方というのに

 

どちらが正しい?

 

というのはありません。どちらにもいいところがあり、そうでもないところがあるってことです。

 

今の自分にどっちがあってるのか?必要そうなのか?ってことで向き合ってみることをおすすめします。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
短所は………長所?

何事にも疑ってかかってしまう………もちろん自分のことも自信がない………

 

そういったお悩みもよくうかがいます。

 

わたしの周りには疑い深い人がまあいます。

わかるだけで………3人は。

これはみんな算命学(推命でも同じ)だと同じ日干支(にっかんし)を持っています。

ちなみに干支は60あるので、60分の1ということ。

 

表面明るいんですけれど………考えが独特で、物事の裏をよ〜〜〜くみていますし、気にします。

悪い方いくとかなり疑心暗鬼なタイプ。ひがんだり、すねたり、根に持ったり(笑)

そういえば、今この方々月の天冲殺だから余計にそうなのかも(汗)

でも、今日で月の天冲殺は終わるのでよかったね?なのかな?(笑)

 

占い的なものの見方をすると、その人の本質というのは変えられないし、変える必要もありません。

もしも変えようとした場合は………その人のよさ、その人らしさが失われ、かえって悪い方にいきます。

 

疑い深い人が、自分の疑い深さに嫌気がさして

 

『よし、この疑い深さをなくそう!払拭しよう!純粋にただ信じられる人になろう!』

 

っていっても………うまくいきません。先ほど挙げたように、その人らしくなくなってしまいます。

 

そもそも疑い深いのに、疑っている自分をごまかして?騙して? 信じやすい自分! なんて演じれば演じるほど………

めちゃくちゃ苦しくなります。

 

だって本当は疑ってるわけですから(汗)

 

「でもね、疑い深さなんて、自分のことも信じられないし、もうどうにもならない!」

 

って言われたりもしますけれども………

 

疑い深い人に共通するのは、独特の目線だったり、センスだったりします。

身近な分野でいえば おしゃれ です。

 

この疑い深い方々、服にこだわりあったり、人によっては服をアレンジしたりあつらえたりしています(!)

 

『本当にこれでいいのか?もっといいのはないのか?』

 

って疑って?批判的なまなざしで見ているから、かなりおしゃれになります。男性でも。

自分の欠点(見た目的な)もわかっていて、おしゃれできています。

 

着たい服を着る!ってだけじゃなくて、自分を客観視できているわけです。疑い深いから(汗)

 

疑い深い、ってだけでなくて用心深い性質もあります。

 

この生まれ(今日いらした方にもいらっしゃいました〜)だけじゃなくて、誰にでも当てはまることですが………

 

自分にとって欠点や短所と思えるところでも、それを直す!のはやめて………(占い的にはそうよ〜スピリチュアル的にも他の何かになろうとするのは意味ないのよ〜)

 

いっその事、一生なおらないし、変わらないもの!と受け入れて、いい方向に活かすことを考えてみてください。

 

例えば攻撃的な人であれば、戦いの世界、スポーツ、身体を使った物事をするのがいい!

 

という風に変換できます。

 

スピリチュアル的に言えば

 

 短所は長所

 (実は長所も短所)

 

 裏と表は一緒!

 

なんですよ〜。ちょっと時間使ってイメージしてみてくださいね〜。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/32PAGES | >>