CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
天才が いいコーチ、指導者 とは限らないのは?

一流のプレイヤーが一流のコーチと限らないのは………

 

一流のプレイヤー、または天才は、

 

人に習ったりしなくてもそれができちゃう!人です。

 

苦労してない………とは言いませんが、それらを習おう!としている方々よりは、すんなりできているんです。

 

最近、TVのクイズ番組やそれ自体!の番組もやっているようですが、東大や超一流大学を出ている人々、また芸人さんの話を聞いていると………

 

『それって最初から頭良かったんじゃ?!』

『勉強好きな人っているんだな!』

『え?一度見たら忘れないの???』

 

って感じることってありませんか?(笑)

 

はい、頭がいい(学校の試験を突破することに特化している)人っていわゆる一般の一生懸命暗記しようと頑張っている人が苦労しているようには苦労しないんです。

 

勉強は苦ではなくて、むしろ楽しかったり好きなものなんです。

 

また、勉強ができて褒められたり、いい思いをたくさんしますので、ほっといても

 

『もっと勉強したい!』

『知りたい!』

『理解したい!』

 

ってなるんです。

 

勉強すること自体、頑張りや苦しい努力ではなく、楽しいこと、effortlessなこと、なんです。

そういう人々にとっては。スポーツ好きな人がスポーツを楽しむのと同じなんです。

 

ではそんな天才な人が、勉強で悩んでいる、うまく暗記などができない人に指導をしたとします………

 

そうするとそんな方々はこう思うのです

 

『え?これくらいのことが覚えられないの?』

『バカなの?』(バカ?だから教えてもらってる、汗)

『こんなこともできないんじゃ話にならない…』

 

って(汗)

 

バカにしているのでもなんでもなく

 

『なんでこんなこともできない?』

 

って感じになります。

 

自分にできることって当たり前に他の人もできるんじゃ?くらい思うので。現実そうでなかったとしても(ここ人生ではとても重要なポイントだけど、それは別の機会に)

 

彼らのやり方は天才のやり方なので、一般人には難しいのです。

長嶋監督が言ってることが???なように。

 

ここで、

 

『ではどうやったらわかってもらえるのか?』

『自分のやってることって改めて説明するならどうなんだろう?』

 

って研究した天才は、教えることも上手になりますが、そうでない天才は

 

『ダメだこりゃ』

 

で終わりです。

 

そもそもできない人の気持ちもあんまりわからないので(イケてるコーチであれば自分の苦手分野を思い出して想像できるんだけど)匙を投げてしまうこともあります。

 

天才がさらっとできること……

 

これは言語化されていないところが沢山あります。

 

教えるには、もちろん態度や背中で伝える!ってこともできますが、やっぱり説明や具体的な指示が必要です。

 

教える側がいくら天才でも、言語化などに工夫がないと再現性がなかったり、他の人が結果を出すのは難しい…ということになります。

 

それよりは、天才じゃなかった人々の方が色々工夫したり、教えてもらったり、本読んだりして………言語化がうまくいっていて、他の人に教えることができます。

 

自分ができる!

 

のと

 

人に教える!

 

っていうのは違うんです。

 

自分ができて、人に教えられる!

これ完璧!です(笑)

 

自分はできないけど、教えられるのはプロ!

これいいコーチ、指導者です。見落とされがちですが。

 

自分はできるけど、人に教えられない…

天才、プレイヤーとしては一流かもですが、コーチは指導者としては?がつきます。

 

自分もできないし、人に教えられない…

これ当たり前っちゃ当たり前(汗)

 

別に分けなくてもいいのですが〜、分けてみました〜

 

そして、いいコーチっていうのは勉強の場合は

 

勉強自体を教える

 

のではなく

 

勉強のやり方を教えたり

勉強に関しての目標に気づかせたり

勉強する上での気持ちの持ちよう

 

などを教え、伝えていくことができるんです。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
クリエイティビティ:天才じゃなくても大丈夫

ものづくり、表現などのいわゆる

 

クリエイティブ

 

をしようとする際に、2パターンに分けることができます。

 

一つは 天才 タイプ。

 

誰に言われなくても、いや「やめろ!」と言ったとしてもひたすらやり続けるタイプ。

 

昔の画家によくみられます。当時は全く売れなかったけれども、没後売れちゃう!という。

まあ、売る側が付加価値をつけているという賜物なのかもしれませんが、その天才は売れなくても、続けることをしていったわけです。

 

純粋にそれに取り組んでいたのだけれど、たまたま報われなかったパターン。

いや、時代が合わなかった、早すぎたのかもしれません。

 

もう一つは 秀才 タイプ。

 

もちろん自分の取り組んでいるものは大好きだけども、さすがに全く見向きもされなければ心が折れて一時的にやめちゃったりする。

だけれども、時代や周りが求めているものを察知でき、なんとなく合わせることもできるので、器用にやっていく場合も。

 

ただ、このタイプは 天才タイプ と比べた場合、オリジナリティで悩むことがあります。

 

『果たして、自分には本当に表現したいことがあるのだろうか?』

『どれをやっても何かの影響を受けてしまっているような気がする…』

 

これら、天才タイプと秀才タイプ、いわゆるプロフェッショナルとして活躍していても、天才はごく一握りです。ほとんど秀才タイプばかりでしょう。

 

このことを知らずに、

 

『自分が天才でないから!』

『オリジナリティがないから!』

 

という理由で、ものづくり、表現を諦めたり、諦めるまでいかなくても滞ってしまう場合が多くあります。

 

そもそも天才と比べちゃうのが問題なのです(汗)

 

これって

 

・本当にやりたいことかどうかわからないからやれない

・やったとしても成功する保証があるかどうかわからないからやらない

 

的な問題とほぼ同じだったりします。

 

うまくいくかどうかわかりませんし、ものすっごく天才!!!であっても全く見向きもされないこともあるわけですから。

 

もしも、

『自分には才能が足りない』とか

『アイデアが足りない』とか

『オリジナリティが無い』とか

で悩んでらっしゃる場合、まず天才と比べるのはやめましょう〜

 

ものを作ったり、表現したり、実際に身体を使ってやっていく、そうすると………

 

出来上がったもの自体の中にあなたなりのオリジナリティ

あなたにしかできない切り口

 

を見出すことができます。

 

天才のすごいところは、とにかく身体を使って、衝動にまかせるままやり遂げる!

 

ということそのものだったりもします。

 

クリエイティブに限らず、天才じゃ無いからといって諦める必要はありません。

天才じゃない方がほとんどですから〜

 

そして、本質的なことを言えば人と比べても(それが天才だったとしても、優越感を持つために自分より下の才能無い?感じだったとしても)仕方ありません。

 

自分が自分を表現する!ということに他者は一切関係無いんです。

 

もちろん他者の影響やつながりがあってあなたが存在しているわけですが、

 

表現する!という純粋な衝動や欲求はあなた自身のものですから!

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
好きと言いつつ○○つきは………叶わない儚い夢やロマンと化す

本当に好きを仕事に!を計画的、確信犯でなく叶えてしまう場合というのはそもそも

 

 『好きを仕事に!』って考えてなかった〜 

 

という話を昨日しました。

 

厳しいかもですが、好きを仕事に!って思ってる時点で、夢もロマンも霞んでしまうんです(汗)

 

「ただ好きなだけじゃダメで、加えて金もくれ!!!」

「生活保障してくれ!!!」

「幸せにしてくれ!!!」

 

って言ってるのと同じです。

 

これってねぇ………

 

「彼のことは好きなんだけど、もっとお金を稼いで欲しいんです!」

「彼女のことは好きなんだけれど、もっと痩せてくれないかなぁ〜」

「子供のことはもちろん愛しているんだけれど、もっと勉強頑張ってくれないかなぁ〜」

「この仕事は好きなんだけど、収入微妙なんで………景気よくなってくれないかなぁ〜」

「好きかどうかワカンねぇけど、頑張ってるんだから終身雇用で頼むよ!」

「お金は好きだし欲しいんだけど、お金持ちは嫌いなんだよ、なんか悪いことやずるいことしてるんでしょ〜」

 

みたいな感じ?ちょっとズレてるのもあるか???

 

まあ、なんにせよ、条件付きの好き!なんですよね(汗)

 

お金もらえなきゃ好きじゃない、やらないんだったら、それって好きなことでもなんでもないんですよねぇ(汗)

今のままの相手じゃなきゃこまるんだったら、本当にそのままのその人を好きなわけじゃないんですよねぇ

好きと言いつつ景気や他の状況や社会のせいにするのなら、やっぱりそんなに好きじゃないんですよねぇ

なんだかわからないけど、頑張ってるんだから生活保障しろ!っていうのは雑すぎる、自分の人生に愛がないんですよねぇ〜

お金は好きだけどお金持ち嫌いなら、そりゃお金はやってこないんですよね〜。なぜならお金持ちの方がお金を愛していたり、大切にしているんですからね〜

 

みたいな(汗)

 

好きを仕事に!って考えてる時点で100%純粋とは言えないんです。

純粋じゃないんだから、不純で、確信犯で行くしかないわけです。

 

『好きを仕事にしたら幸せだろうな〜!』

『好きを仕事にするために頑張ってる自分えらい!』

って純粋に夢を追いかけてる自分を好き(本当に純粋ではない、汗)って場合よくあります。

 

自分探しが好きだったり自分探しに酔ってる場合と同じです。

 

でもね………

 

もう好きを仕事に!って時点で純粋じゃない!んだから………

 

目覚ましてくれ〜!!!

 

って感じです。

 

好きなことに力が入ってない、大して好きでも何でもない、逃避で好きを仕事に!って言ってる場合は本当にそうです。

 

自分探しをしてる場合も同様で、自分が見つかったら何かある!幸せ!って想像してるだけです。

覚醒も然り。

 

好きを仕事に!

自分見つけたい!

覚醒!

 

に夢やロマンを感じるかもしれませんけど、その夢やロマンって

 

叶わない、儚い夢やロマン

すなわち

妄想

 

になっちゃうことがほとんどなんですよ〜(汗)

 

夢があるようにみえて、実は!!!条件つき(気づきにくいかもだけど)の好き!にはお気をつけあそばせくださいませ〜

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
シンデレラストーリーへの夢や憧れ&その本質はいかに?

今まで散々………

 

好きを仕事には計画的犯行!確信犯っきゃない!(古い?笑)

 

って言ってきてますけど、そうじゃないパターンが通常目に留まりやすく、それが幸せに見えやすいので、多分ロマンのあることと一般的に捉えられがちなのだと思います。

 

いわゆる

 

シンデレラストーリー

 

ってやつです。

 

ただ、これ、ずっと前にもここのブログであげましたが、

 

シンデレラこそ確信犯なのでは?

 

ってことなんですが〜(汗)

 

継母や継子(実はもともとは実母です、汗)にいじめられても文句も言わず、灰をかぶって埃だらけでもお掃除をしていたのですが、舞踏会には行く気満々で、魔法使いとも知り合い?で、いざ魔法かけてもらったら一発で王子様に見初められるだけじゃなく、靴まで落っことして探させるという(笑)

 

ただ、一般的には

 

シンデレラって確信犯!

 

って見方すらしないんですよね〜(汗)

 

シンデレラストーリーっていうのは

 

 報われてなかったり目立たなかった人が、急にスポットライトを浴びて大出世!

 

みたいにとられてるので、夢やロマンのあるものと捉えられるんです。

 

が、もしも、シンデレラが本当に心が清らかで、全部たまたま………例えば

 

・お掃除を一生懸命やるくらい清らか

・清らかさが外面にも出ているので美しい

・純粋すぎて舞踏会に行きたい!とただ思った

・純粋すぎて12時すぎるのを忘れてて、慌てて靴を落とした

・純粋で控えめすぎて、靴を落としたのが自分だと言えなかった

 

だったのだとしたら、それこそ一般的に思われているシンデレラストーリーといえるでしょう。

 

これが好きを仕事に!ということであれば

 

・好きと言うだけでただ一生懸命取り組んでいた

・好き好きオーラが周りにも出ている

・好きな物事を実現したくて一度はみなさんの前で披露しようかな?ってただ思った

・ただただ好きすぎて、お金もらうことも忘れてみんなに与えていた

・ただただ好きすぎて、仕事にしたい!と思いつかなかった

 

なんて感じになりますかね〜。ちょっとこじつけっぽいけど(笑)

 

要するに

 

ただただ好きな物事を夢(と言っても稼ぎたいとかいう夢ではない、笑)やロマンを持って純粋に取り組んでいたら………

 

どこからか

 

「それを仕事にしないんですか?」

「そこまでできるならプロでいける!やりましょうよ!」

「素晴らしいですね?本当にただご趣味でやってたんですか?」

「お金払うので、それお願いします!」

 

ってなるんです。

 

だから、好きを仕事にが本当に夢やロマンに溢れている場合というのは、

 

【当の本人は好きを仕事に!なんて考えもしなかった】

【ただ純粋に好きなだけ】

【ただの○○馬鹿】(褒めてます)

 

なんです。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
夢やロマンだけでは 好きは仕事にならない?!

今の仕事を続けたり、今までの収入源(それで離婚を先延ばし、なんてのはよくある話、汗)はそのままに、好きを仕事にしていくというのが二足のわらじになります。

 

二足のわらじは

 

・徐々に変化できる
・好きな方がうまくいかなくてもダメージは少ない 
・安定している 
・最終的に好きを仕事にしなくてもよく、好きは趣味で!もアリ

 

というメリットもあり、何より、今現在の状態を変えなくてもいいのでオススメです。

 

しかし、

 

『今の仕事に行き詰まりを感じ、とっとと(汗)今の仕事なんかやめちゃいたい!』

 

って思っている場合には、

 

『とてもじゃないけど両方なんてやってらんねぇ!』

 

的になってしまって、やっぱり二足のわらじを避けるでしょう。

 

しか〜〜〜し!

 

二足のわらじという方法をとらなけれれば、

 

『今の仕事を辞めてとっとと好きなことで稼ぐぜ〜〜〜!!!』

 

ってなるんですけれども、これは万人にはオススメできません(汗)

 

なぜか?

 

そもそも、好きに邁進できるのであれば、いやいや目の前の仕事をこなしていくという状況になりえないからです。

 

好きかどうかはさておき

 

『自分か決めたことに対して、ほとんど成果を出せて、成果が出たから次に進んできた!』

 

というものすごく有能な人にとっては

 

『今まで好きとかじゃない基準で、やり遂げる!ってことで色々やり遂げてきたけれども、今度は好きなことで成果を出すぞ!』

 

という気持ちで、好きなことに邁進し、成果を出す!という道筋はおすすめできます。

 

が、ほっとんど(ゴメンネ)の場合はおすすめできません。

 

わざわざあげなくてもお分かりだと思いますが

 

・目の前のことがいやいや=目の前のことに成果を出すことにもこだわっていない

・目の前のことが本当にうんざりになるまでうんざりに気づかなかった=好き!の程度がなかなか本人的にもわからない

・目の前のことが嫌になるまで、安定が大事

・目の前のことが嫌になるまで、自分はそこそこ大丈夫、我慢できると思っていた見込み違い

 

なんていうことがあげられるからです。

 

別の言い方をすれば

 

 見通しが甘くて行き当たりばったり

 

なので目の前のことが嫌になってしまったor嫌になるまで気づかなかった

 

ってことなんです。

 

そういう場合、好きに邁進!!!ってなったとしても、その

 

見通しがバッチリ

計画性がある

 

ってわけでもないからです。

 

好きを仕事に邁進!

って仕事をやめてみたものの、

 

好きなことがはっきりと確信できない

好きなことがモノにならない

好きなことがある程度できてきても食べてくほどにはならない

好きなことが食べていく程度にできても、それはそれでこだわり通せなくて嫌

 

っていう見通しが甘くて行き当たりばったりな結果になりやすからです。

 

なんだか厳しい話になっちゃって………スミマセン(汗)

 

昨日と重複しますが、好きを仕事に!には

 

計画的犯行、確信犯!

 

が重要ってことです。

 

好きを仕事に!ってだけだとなんだかロマン、夢があるのですが、手段は全然ロマンも夢もなかったりするんですよ〜って話(汗)

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
好きを仕事に!は計画的犯行(笑)

 

好きを仕事に、の流れを昨日1〜5の段階に分けて書きました。

 

1、仕事にしたい好きなことを探す
2、仕事にしてもいい好きなことを学ぶ
3、徐々に仕事にしていく
4、元の仕事を好きなことが追い抜いていく
5、好きな仕事で食べていける。好き=仕事に

 

1〜5の流れだと、二足のわらじが前提となります。

が、別パターン(順序が変わる?)パターンもあります。先に元の仕事を辞め、1〜5のパターンを高速化するというやり方になります。

もともとの仕事である程度資金を作っておいて、やめちゃってから一気に好きなこと=仕事にしていく!無理やりであったとしても(!)というやり方。

(ちなみに『好きを仕事にしたら悩みないよね!』と逃避になってる時に真っ先に思いつくやり方でもあります。すぐに仕事やめられるので、汗)

 

好きを仕事への道筋がちょっと違いますが

 

二足のわらじだとしても、好きを仕事に邁進したとしても………

 

両方ともうまくいく場合というのは計画性のあるやり方なんです。

 

二足のわらじは石橋を叩くやり方で、好きを仕事に邁進は期間が限られてる突貫工事?だけど見事やり遂げる!ってことです。

 

利点は

 

二足のわらじ 

・徐々に変化できる

・好きな方がうまくいかなくてもダメージは少ない 

・安定している 

・最終的に好きを仕事にしなくてもよく、好きは趣味で!もアリ

 

好きを仕事に邁進 

・好きへの学びや仕事化に集中できる 

・追い込まれている?ので時間の短縮になる

 

デメリットは

 

二足のわらじ 

・仕事しながら学び。時間が経つと仕事が二つ!となるので大変。

・時間がかかる。

 

好きを仕事に邁進 

・好きが仕事にならなかった場合ダメージ大 

・収入源の確保が難しいのでお金への不安が出やすい 

・好きを趣味としたくなった場合に面倒

 

になります。

 

どちらを選ぶか?っていうのは難しいところでもありますが、どちらにせよ大切なのは

計画性

確信犯(笑)

です。

 

そして、好きをずっと仕事にするかどうかはわからないけれども

 

仕事のレベルにもってく!

 

ということはどちらの場合でもしっかりと決まっているんです

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
好きが仕事になる流れ☆

 

好きを仕事に!って思っても、行き当たりばったりじゃあなかなか厳しいっすよ〜

 

という話をしてきましたが、これだけでは

『どうしたらいいの?』

って感じなので、うまくいくパターンを!

 

計画的にやって上手くいくパターン

大人だったら、このパターンが一番多いかと思います。

 

『生活のための仕事をしているけれども、これは一生モノではないな………』

『これはいつまでも続けられるものでもないな………』

 

と感じ、

 

1、仕事にしたい好きなことを探す
2、仕事にしてもいい好きなことを学ぶ
3、徐々に仕事にしていく
4、元の仕事を好きなことが追い抜いていく
5、好きな仕事で食べていける。好き=仕事に

 

という順番で進みます。

 

1からだと結構骨が折れます。1の時点でなかなか見つからない場合もありますし、2の段階にいってもモノにならない場合も多々あります(汗)3の段階に入れないというか(汗)

モノになったとしても………仕事(お金)にならない!って場合は3で頓挫します(涙)

1から3の段階が結構しんどいわけですよ〜

 

それはやらなくてもわかるから、

『わざわざ好きを仕事にしなくても…』

『好きなことを仕事にするなんてひとにぎりだしなぁ』

というのが一般的な考えでもあります。

 

もともと好きなことがある程度回っている(仕事、お金レベルでなくても)場合はもうちょっと楽ではあります。2の学びをもっと深めることをしたり、3に具体的に仕事にするにはどうするか?を理解し、行動に移していけばいいので。

かなり腕がある!場合は3の徐々に仕事というのもそんなに難しくないですし。難しいとしたらもともとやっている仕事との両立、ってことでしょうし。

 

そして、4の段階になると考えるのが

『さてもともとの仕事を続けるのか?』

『好きなことを仕事にしちゃうのか?』

というところ。

 

なんにもしてない(ゴメンネ)のに、

 

『好きなこと=仕事の方がいいのだろうか?それとも趣味にしておいた方がいいのか?』

 

っていうのは厳密に言うとこの4の段階までいかないとわからないことでもあります。

 

1の段階でこの悩み?を持ってる場合はどちらかというと

『好きなこと=仕事にしちゃうと好きなようにできなくなっちゃうかもだから、そんなに好きなこと頑張らなくていいよね〜』

と自分に言い聞かせるためだったりします。

 

ちなみに5の段階になっても

『果たしてよかったのか?』

と感じてる人はいなくもないんですけれどもね(笑)

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
目の前のことだけ考えてるモードは………好き=仕事になりづらい

好きを仕事に!と痛切に思う場合は、実は行き詰まっている時の逃げ?的発想かも?

 

ということを昨日の記事で書きました。

 

これって、

 

お金に困っている?足りない時の

『宝くじ当たったらなぁ〜』

 

 

不調を抱えている時の

『健康は大切!お金に代えられないもの!』

 

とほとんど同じです。

 

困っている時だけ

『○○があれば………こんなんじゃないないのになぁ〜』

って感じで、

 

大して困ってない時は

 

・○○のことを一切考えない

・○○のことをあまり気にしない

・○○自体や○○の大切さを忘れてしまっている

 

という感じになるのです。

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる

病治りて医師忘る

 

ということです(汗)

 

追い詰められた時に、好きを仕事に!って考えちゃうのは仕方ないですが、その時だけ(!)好きを仕事にを考えるのではなくて、調子いい時に考える必要があるわけです。

 

調子いい時、困ってない時の方がどういうわけだか好きを仕事に!って考えても、

 

『それはそれで難しいことだよな』

 

と冷静に判断(でも努力しない方向だけど、汗)してしまったり、

 

『ま、でも別に今困ってないし、今のことがそこそこ大丈夫そうだからいいか!』

 

って目の前のことしか考えなかったり(苦笑)

 

お金も、健康も同様です。

 

困ってない時こそ、貯金や資産運用が余裕を持ってできます。

ある程度健康な時こそ、より健康になることができます。予防もできるでしょう。

(調子悪い時は治すので精一杯ですよね)

 

厳しいこと言っちゃうと(汗)好きを仕事に!って一時的に騒ぐ人は、普段は全然好きに取り組めてないことが多いんです。

 

要するに目の前のことしか考えてないから、すぐに結果が出る方向だけにいっちゃうので………

夢や大きなビジョンに到達することが難しいのです。

 

目の前のことを考えるだけだったら、動物でも虫でもできます。一生懸命生きるために餌をとったり食べたりしています。

 

しかし、人間は未来を見据える能力があるので、今現在結果が出ない(まあそれは表面的なことですが)ことでもコツコツと頑張ることもできます。それができる場合は夢やビジョンが叶っていきますし、好きを仕事にっていうのも可能になります。

 

なので………目の前のことしか考えられない場合は、希望的観測?宝くじだのみのように

好きを仕事に!

と切実に願いますが、好きなことをただする、続けるということもできなかったりすることが多いんです。

 

好きを仕事に!

を本当にしたいのであれば、日々そのことに取り組む、関わる、計画的に進める必要があります。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
「好きを仕事に」の動機が………行き詰まりということも(汗)

安定やお金のためにやりたいことよりもそちらを選ぶ

 

っていうのは別に悪いことでもなんでもありません。

 

資本主義の国(ボーダーなくなってるけど。社会主義、共産主義は資本主義に淘汰されてきてるし)に生きている以上、お金や安定が目的になるのは真っ当なことと言えます。

 

が、本当にお金や安定が自分を幸せにしてくれるものであれば………

 

『どんな仕事であってもある程度お金をもらえれば、空いた時間で好きなことできれば幸せ〜』(自分にとっての程度を知らない場合は多いけど)

『安定してる仕事につけたし、転職や仕事上の進路の悩みから解放されてるから幸せ〜』

 

ってなりますし、悩むとしたら仕事以外のことでの悩みに限定されてくるでしょう〜

 

しかし、

「やっぱり、好きを仕事にできた方がいいんですよね〜」

「どうせ趣味をするにしても仕事につながった方がいいなぁ〜って」

というご相談は後を絶ちません。

 

今現在、お金や安定があっても、そんなに幸せを感じない………

というだけではなくて、

『とにかく今やってることに全然興味ない』

『もうやめたい』

『苦手な上司や人がいるし異動もなさそうだし無理!』

みたいな場合に、

 

『もしこれが好きな仕事だったら、こんな悩み持たないんだろうなぁ〜』

『好きな仕事してる人だったら今の自分のような悩みないんだろうなぁ〜』

と感じ、追い詰められてしまった際に

 

 好きを仕事に

 天職=適職なら!

 

みたいな考えになるってことです。

 

これは昨日あげた、好きを仕事にしたり趣味=収入にたどり着かない場合の

 

・自分の人生に本当に重要なことを選ぶ勇気がなくて、お金や安定を選んじゃう
・軽挙妄動
・行き当たりばったり

 

のパターンになります。

積極的な逃げ(行動)には結びつかず、単純な現実逃避や逃げのパターンとも言えます。

 

好きを仕事に!

天職=適職なら!

 

って唱えてる場合ほど、計画性がなくて、目の前のことにあんまり向き合ってこなかった………(涙)

ってことだったりします。

 

目の前の仕事に向き合わない、というのをちょっと視点を変えてみると

 

自分にとってその仕事がどうなのか?

自分はこれをやり続けたいのか?

お金や安定をもらえればこれをやり続けることにオッケーを出せているのか?

 

仕事に取り組むたびに、感じたり、考えたり、結論を出す機会はいくらでもあるにかかわらず、これらのことを考えずに

『まあ、頑張ってるんだからなんとかなるだろう』

『嫌いでも、我慢できるだろう』

ってやり過ごしてきている、ということです。目の前のことに向き合わないというのは。

 

計画性がなく、行き当たりばったりなのであるときは

『お金や安定が大事!』

と思い、

あるときは

『やっぱり好きなことをやっていきたいなぁ』

とウロウロしてしまうんです。

 

もしも

『私はこのパターンかも?』

と感じたら、同じアプローチだと解決をみることはないので、どこかでしっかりと仕事自体についてや、自分自身の人生での優先順位をハッキリさせることが必要になります。

| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
好きを仕事や収入にするのが当たり前(!)という考え方

昨日の記事で

 

>資本主義的生き方に浸かってしまっている場合には
>『そんなん無理でしょ?』的生き方かもしれませんが、著者はそうしたとのこと。

 

とあげましたが、本の中でジョーゼフキャンベルが語っているのはこんなこととです。

 

「お金のために仕事をする人は、自分を奴隷にしてしまっているのです」

 

ええっ?って思いませんか?(笑)

 

驚いたり、衝撃を受けたりするということがあれば…

 

資本主義的な考えにどっぷり浸かっている、ってことになります。

 

お金のために働くのが当たり前だし、お金が大事という考え方。

何はなくともまずお金!っていう(苦笑)

 

ちなみに資本主義と真逆と思えることを語っている著者はニューヨーク生まれのアメリカ人で、コロンビア大学、大学院、パリ&ミュンヘン大学、大学院で学んでいるので、資本主義の生まれでお育ちの方です。

 

そして、こう続けます。

 

「自分のやっていることを好きでない時に、それが仕事になるのです」

 

純粋に仕事をするのが好き!(変通星、陽占が金やら土がある)という場合は仕事=好きな訳ですから問題ないですが、好きでないものが仕事として捉えられちゃう、ってことです。仕事と訳されてるけど労働っていう言葉の方が合ってるのかな?(しかし原文がworkという単語なのか何なのかわからないんで、すみません)

 

で、最終的にこうきます(汗)

 

「賢明な教えがありまして、趣味を収入源にしなさいと。そうすれば仕事は存在しないし疲れるということもない。これは私自身の経験から言えることです」

 

好きなことを仕事にできる人っていうのはほんの一握りだ…

 

ってよく言いますね(汗)

 

そして「好きを仕事にしたい!」というご相談を受けた際に

 

「では周りに好きを仕事にしてらっしゃる方いらっしゃいますか?」

 

と伺うと、「いない…」というお返事が返ってくることがほとんどです。

 

だというのに(汗)著者は、そっちの道をすすめています^^

 

『ずいぶん簡単に言ってくれるじゃねぇか?(怒)』

という感じがしなくもないですが、この本の中に限らず、著者ははっきりそう述べてます。

 

ま、簡単じゃない、ってことや、簡潔にどうしたらいいのか?っていうことも教えてくれてますが〜

 

確かに、神話に出てくるような英雄はお金のために頑張る!っていうよりは、どんどんお金やら安定とは関係ない道に行くものですね(汗)普通の人間だったらそんなチャレンジしないでしょ?っていうことをしたり、普通だったら選ばない方選んだりしますよね(汗)

 

ただ、こういう場合(この著者もそうだし、英雄もそうだけど)お金が大事じゃないって言ってるわけではないんです。著者も

 

「若い人が、自分の人生に本当に重要なことを選ぶ勇気を持つことが、とても大切です。お金を稼ぐために職種を選ぶのではなくてね。これを成し遂げるには多少の思慮分別と綿密な計画が必要です。経済的な安定とかゆとりのある暮らしを手にするのが遅れるかもしれませんが、最終的には自分にとって大きな喜びをもたらします」

 

と述べています。

 

好きを仕事にしたり、趣味=収入に結びつけるのに必要なことは

 

・自分の人生に本当に重要なことを選ぶ勇気

・思慮分別

・綿密な計画

 

とおっしゃってます。

 

逆に言えば、好きを仕事にしたり、趣味=収入にたどり着かない場合というのは

 

・自分の人生に本当に重要なことを選ぶ勇気がなくて、お金や安定を選んじゃう

・軽挙妄動

・行き当たりばったり

 

ってことになりますね。

 

確かに、好きを仕事にしてる場合というのは、勇気があるだけじゃなくて、本人的には死ぬほど考えてたり、時間かけてたりします。

 

反対に、好きを仕事になかなかできない場合というのは「そうする!」って決められなくて、本人的には考えてるつもりなんだけれども厳密に言うと悩んでるだけだったり、悩んだり悩まなかったり(目指してみたり、諦めたり)、具体的にやりたいことへの時間を使っていない、日々に落とし込めていない傾向にあります。

 

続きはまた明日?かな?

本読んでたら、原文がどうなってるか気になって、amazonでポチっとしてしまった。中古をイギリスから買ったから、ちょっと時間かかるみたいだけど(汗)やってきたら確認!してみます。
| ことわり 因果 | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/29PAGES | >>