CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
うらない
うらない (JUGEMレビュー »)
銀色 夏生
銀色さんとの対談。エイジ君とのセッションも。
MOBILE
qrcode
いいコーチは夢、目標、ゴールに気づかせ導いていく存在 指導者に関しての誤解も

お子さんの教育に熱心でいい親!

お子さんの(?実は親)の目標を達成させていい親!

 

っていうのはいい親、いいコーチに見えて、実はそうでもないのでは?ただの鬼コーチでは?最悪子供の人生を燃え尽きさせてしまうこともあるんですよ〜

 

ってことを昨日の記事でお伝えしました。

 

では、いいコーチ、監督、指導者っていうのはどういうものを言うのでしょうか?

 

それは非常に単純明快で

 

本人、親子であれば子供のやりたいことに気づかせ、そちらに導いていく存在

 

ということになります。

 

コーチ、監督、指導者側の望みや都合を押し付けるのではなく

 

【本人の望みを気づかせ伸ばしていく】

 

のがいいコーチです。

 

もしも本人の目標がクリアでない場合は、その目標がクリアになるようお手伝い、導くのがいいコーチでもあります。

 

 ただ指導側の専門のことを教える

 

ってだけではいいコーチとはいえないんです。

 

ちょっと信じられないかもしれませんが、

 

コーチ、指導者自身がが経験してないことであってもうまく導いていける!

 

のがいいコーチです。

 

例をあげます。

 

いいプレイヤーであればいいコーチ!………

 

球界の長嶋茂雄さん。超天才の一流プレイヤーです。

が、独特の言語感覚、または本人は当たり前のようにやってしまうことなので、指導を受けた側が???となってしまうことも多かったとのこと。

ま、かなりのカリスマなので、言ったこと云々ではなく、いるだけでの影響力は否定できませんが、万人にとってわかり易い、いい指導者という評を受けているわけではないようです。

 

王監督や野村監督、もちろん現役の時も活躍なさっていましたが、指導者としての評価も高いです。特に野村監督は再生工場との異名を持ち、指導力に定評があります。

 

演出家、映画監督は芝居についてあれこれ指導しますが、演じること自体が得意かというと………そんなことはありません。演じるのが得意なのは俳優さんです。演じることが得意でなくても、演出家、映画監督として大成している方はたくさんいらっしゃいます。

 

俳優さんの中には『突如、映画撮りたい!監督やりたい!』と言い出して映画を撮ることがありますが………俳優としてうまくいっているのと同じくらい、またはそれを超えて監督として評価される人は稀です。

 

俳優も監督もやってどちらも上手くいっている!という方のほうが少数です。

球界の一流プレイヤー=一流監督、と必ずしもなるわけではないことと同じです。

 

ただし、どういうわけだか一般的にはいいコーチ、指導者、監督というのはその分野でも一流である!またはあるべきた!という風に誤解されているんです。

 

で、そういう誤解が問題を引き起こしていることも多いんですよ〜

 

いいプレイヤーがいい指導者とは限らない、っていうことがわかるのも、コーチやメンターを必要としている人たち(親子で言えば、子供。または子供を真にサポートしようとしている親)にとって大切なことなんですよ〜

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
一見熱意のある親。しかし子供の人生は…鬼コーチパターン(汗)

よかれと思ってお子さんに色々やらせすぎる、古い言い方だと教育ママ的な親御さんというのがいます。

 

そういう親御さんはその親御さんにとっての至上命題、目標に子供を従わせます。

 

「東大に入れ!」

「医者になれ!」

「東証一部上場企業に就職しろ!」

「公務員になれ!」

 

ま、パターンは様々です。

 

親にとっての目標なんですが、子供を洗脳して、さも子供の夢、目標、ゴールのように思わせます。

 

子供は親がダメコーチだろうがなんだろうが、親に嫌われたいわけでもないので、親の言うことを信じ、頑張ってやっていきます。

 

そして、子供は親の目標をかなえます!

 

めでたしめでたし!

 

だったらいいのですが………

 

東大に入ろうが、医者になろうが、一部上場企業に就職しようが、公務員になろうが………

当の本人の子供は幸せ、やり甲斐を感じず………

 

東大に行ったのに就職しない?できない?

医者になったのに辞めちゃう

一部上場企業に入ったのにウツになる。過労死ラインや最悪自殺。

公務員になったのに早くやめたい!と言ってる

(あくまで例、色々ありますね)

 

そんなことも結構起こります。

 

ここでこんな疑問がある方もいらっしゃると思います。

 

『え?でもその親って子供に目標達成させることできたわけだからダメじゃないくいいコーチ、監督なんじゃないの?』

『子供がそれをやりたくなかったとしても、子供にいい立場を与えてあげたわけだからいいことじゃないの?』

 

こんな疑問です。

 

目標を達成させることのできた鬼コーチではありますが………

いいコーチではありません(汗)

 

いいコーチは本人の希望にかなった方向へ導いていくものです。

 

そしてこんなダメコーチ、鬼コーチの一番ダメなところは、

単純に子供をダメにしてしまうところです。

 

親の目標は達成でき、メンツが保て、他の親や大人たちにも自慢できることでしょう。

 

しかし、子ども自身はその目標に達することだけにエネルギーを注いできました。

親が言うからには、それを達成すれば親が褒めてくれるだけでなく、自分自身も幸せになれると信じてやってきました。

 

信じてやってきたのに………結果を手にしても幸せになりません

 

マラソンや何らかの競技でゴールテープを切った!

 

なのに達成感がありません。

 

周りからは歓声や拍手喝采ですが………

 

自分自身は周りが喜んでいるほど嬉しくありません。

 

むしろ、その落差に余計落ち込んだり

 

『自分はおかしな人間なんだろうか?』

『何のために頑張ってきたのだろうか?』

 

と感じます。

 

親の夢、目標、ゴールを達成したのに、本人は幸せじゃありません。

 

もちろん、親と自分の夢、目標、ゴールが一致し、究極にハッピー!という方もいらっしゃいます。

 

が、全部が全部そうなるわけではないです。

 

むしろ、親の夢、目標、ゴールを達成するのに全精力を注いでしまったので、自分の夢、目標、ゴールにたどり着く力や意欲がなくなってしまって………

 

子供が燃え尽きちゃうんです(涙)

 

結果だけを言うと、親が鬼コーチだったおかげで、人生台無しになります。

 

そして、鬼コーチ的な親ほど

 

「私がこれだけしてあげた!」

「私の子供に生まれて恵まれてて幸せでしょ!」

 

って本当に思ってるので………

 

子供にとっては大変です!!!

燃え尽きるだけならまだしも、最悪死を選ぶ子供もいます。

 

『親に顔向けできない』

『仕事辞めたいなんて言えない』

 

あんまりです。

 

燃え尽きたら燃え尽きたで、その後の人生もうなかなか頑張れない大人(年齢的には)が完成!

 

という虚しい感じ(立ち直ってくれればいいけど)になります。

 

ま、これはあんまりよくない例、なので、いいコーチというのはどういうものか?というのを明日以降書いていきたいと思います。

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
子供の邪魔をせず、信頼して見守るには?

とはいえ、進路を決める際に

 

『いや、まだ学校出てから何になる!なんて決めてないよ』

『ゴール云々言われても、今進路決めなきゃいけないんだよ!』

 

ということもほとんどだと思います。

 

そういった場合は、

 

後で色々なものを選びやすい進路

 

をとるといいでしょう。

 

もちろん、本人の夢、ゴール、目標がはっきりすればそれに越したことはないですが、お子さんのことに限らず、

 

自分の夢、ゴール、目標がみえない、わからない………

 

ということは珍しくありません。

 

自分がわからないのに、子供には夢、ゴール、目標をはっきりさせようとする親御さんは結構多いです(汗)

もしもご自身の夢、ゴール、目標がはっきりしていた、いるとしても、お子さんの年齢の時にそこまで考えられていたでしょうか?

 

もしも、お子さんの年齢の時には自分の夢は決まってた!という親御さんでもどうか、お子さんにご自身の同じタイミングでわかる!というようには考えないであげてください。タイミングというのは占いやリーディング(アカシック)目線からいうと人それぞれ!なんです。

または、そうやってご自身で夢を見つけられたくらいですから、お子さんの夢、ゴール目標はお子さん自身に任せる!って思ってらっしゃることでしょう。

 

最初から夢が決まっているお子さんの場合は、小さい頃からそれに邁進していたり、中学を卒業した時点でその道に進んでいくことでしょう。

 

大多数のお子さんがそうなのですが、決まってない、という場合、何かを押しつける必要もありませんし、慌てて専門的なものを学んでもらう、ということもしないほうがいいでしょう。

 

こういった場合、親御さんが早まって

 

『手に職を!』

『うちは○○の家系だから○○になるのが当然!』

 

みたいな感じで専門的なことを学ばせる場合もあるのですが、

 

本人がやりたがっていないのに、ただ親の意向だけで進ませるのはおすすめしない

 

ということです。

 

親の意向でやったことであっても後々は本人の役に立つ!ということがよくありますが、そうであったとしても本人の夢、ゴール、目標から遠ざけることにはなります。回り道しちゃう感じです。

 

親として、どう子供を導いたらいいわからない場合、確信がない場合

 

『導けるも何も、自分がわからないのだから導けないのかも?』

『導けるかどうかわからないのだから、邪魔しないようにしよう』

『邪魔にならないよう見守ろう』

 

という心構えでいるといいでしょう。

 

お子さん自身が何かを見出せるようなサポートや見守りをすればいいんです。

 

親はただ年齢が上なだけであって、人生の先輩ではありますが、お子さんよりすぐれている、とも限りません。残念ながら(汗)お子さんから学ばせてもらっている、という方も多いとおもいます。

 

お子さんの興味、好奇心に任せて、信頼していけば邪魔にはなりません。

 

『子供のために!』

『自分はそういう機会なかったから!』

 

という お子さんのために! と思って何かをすることの方が現実問題

 

お子さんにとっては邪魔

お子さんの夢を曇らせたり見えなくさせる

 

ということの方が多いんですよ〜(汗)

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
業務連絡〜&パワーありそうなのに…パワーダウンスポット?

まずは業務連絡から〜

 

少し前にちらっと

 

出張できそうだけれども、まだ決まってないのですみません問題!

 

なんとか結論を出すことができました。

 

1カ所だけですが、出張いたしま〜す。

1泊だけだとお時間が十分とは言えなさそうなので、前乗り(笑)して、夕方以降のセッションもする予定です。

近いうちに ミラ通信 でまずお知らせいたしますので、よろしくお願いします〜

 

GWスタート!ということで………

 

セッションは通常営業(笑)で私にはGWはない!のですが(汗)

 

5/3,4,5 は銀行もやってませんし、郵便の配達もなし!

 

ってことなので、私は作業できても、フラワーエッセンスのお振込みの確認と、発送ができなくなります〜

 

私はいつでも大丈夫なのですが、公共機関やってないので仕方ないですね〜

 

そういうわけで、5/2(火)までは普通に作業、お振込みの確認、発送ができますので、なるべく早くフラワーエッセンスを受け取りたい場合は、5/2(火)までのご注文でしたらば5/2(火)のうちに発送できますのでよろしくお願い致します。

 

そんなGW初日の今日は、午後からお出かけしてきました〜

友人とお話ししたり、ライブ見たり、また夜ご飯食べたり(笑)

 

駅の近くはGW初日!ってことで混んでましたが、穴場?の某公園のあるあたりは………空いてました!

 

このあたり、とっても気がいいところでパワースポット!!!と言っても過言ではないのですが………

割と急な坂や段差?があって………上と下では気が全く違うんです(汗)

 

家賃などには変化がなく、めっちゃくちゃ高級!!!なのですが、正直下のあたりは歩きたくないですし、妙なお話しもうかがうことがあります。

 

お家の中の怪奇現象の話

事件の話

急に重病人が出る話

精神的に参ってしまった話

 

そんなお話ばかり聞くのです(汗)

 

セッションでもだし、いわゆる一般的なニュースでもここは多め。

 

『高級だし、お家賃もいいからここは間違いなくいいところなんだろう!』

 

って頭で思ったとしても、必ずしもそうじゃない!ってことです。

 

なので、物件などを決めるときはイメージだけじゃなくて、

 

・実際にそこに行ってみる。感じてみる。

・一応何があったか調べる

・住んでいる方がいるのならお話しを聞いてみる

 

ということが大切になりますよ〜

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
得意なことをやればいいよ!と言われても………今までの苦労は(汗)

昼間から(お勤めの方が少ないとこんな日程になる!)先月行った合宿のグループコンサルへ。

 

人数が多いので、今日明日と、先生宅&先生事務所(お二人がメインなので)で。

 

噂に聞いた先生のお宅………お邪魔できて………ありがたや〜な感じ!

 

隅々まで素敵で優雅なお宅です。ゴテゴテして落ち着かない系ではなくて、超美しいのですが、居心地いい感じの!

 

肝心のコンサルは個々の方に合わせたものだったのですが………

 

一番印象的だったのは

 

「○ちゃんは××向いてないし、しなくてヨシ!」

 

という件。

 

『あれ?そもそも××について教えてくださる講座では?』

 

ということなんだけれども、ご本人にはそれだけ!でやるのは向いてない〜ってことでそういう結論?に(苦笑)

 

例えば歌のレッスンに来た人がいて、歌手になりたいと思っていたとします。

歌のレッスンしているにもかかわらず、

 

先生(いわゆるカリスマ)が

 

「あなた歌手じゃなくて、女優やったら?」

「あなた歌手じゃなくて、モデルやったら?」

 

って言われて、歌手では芽が出なかったけど、女優やモデルになった〜!

なんてことはよくあります(汗)

 

まあ、そんな感じ。

 

確かに戦略やスキルを磨いたり、資格を取ったりすればそれはある程度はできるかもしれません。

 

が!他にもっと本人が得意なことがあるのであれば、

 

【得意な方でやらないの?】

 

【わざわざ向いてないことやる必要ってないでしょ?】

 

っていうことになっちゃうんです。

 

客観的に見れば

 

『なんだ得意な方でいいなら、やりやすいし、よかったね〜』

 

って話なんですけれども、

 

言われた当人にしてみたら………

 

『いやいや、その苦手をなんとかしようとして頑張って(時間、労力、お金など使って)きたのに〜〜〜』

 

ってなるんですよね(汗)

 

○ちゃんの受けた衝撃は半端なかった模様。

 

周りの私たちは爆笑なんだけど(汗)

 

ま、笑ってる場合でもなく、私自身にも課題があるので、やってみよう!ってことです。

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
期待や心配を手放すと 望む方向へ

昨晩は寝たり起きたり、起きても頭が痛い(苦笑)

 

でも………確定申告追い込み(汗)

今日中に終わる予定でしたが全然追い込めてませんね〜(苦笑)

 

お昼には念願の(!)歯医者さん。

根っこの治療なんですが………麻酔かかってても、響くとこは響いてギリギリっと(汗)

 

しか〜し、しっかり痛み止めもらって帰ってきたので、安心。

 

ただ、よくあることですが〜………

準備してある時?に限って………

 

もう痛くならないんだな〜(汗)

 

いや、痛くならないほうがいいんだけど、拍子抜けします。

 

何かを手放すことで望む結果が得られる!

ってことはよくあります。

 

それに似てなくもないけど

備えあれば憂いなし!

な感じで、憂えたことが起こらない!!!

ってこともよくあります(苦笑)

 

手放すことで望む結果が得られるのよくあるパターンは

子供を諦めたら(場合によっては不妊治療をやめたら)子供を授かった!

というもの。

 

「え?そんなによくあるパターンですか?」

って思われるかもしれませんが、非常によくあるパターンです。

 

ま、今回の私のパターンは備えあれば憂いなしパターンですけど。

 

どちらにも共通するのは、思い(または思い込み)を手放せている状況になっているということです。

 

願いや望みを手放すのはなかなかできませんが、苦しすぎて諦めてしまうこともあります。

諦める=叶わなくても仕方ない=期待を手放す

ということになります。

 

備えあれば憂いなしパターンは、備えがあることで心配の思いを手放しているということです。

備えや対処法(薬)がある=ま、なんとかなるだろう〜、来るなら来い!=心配を手放す

 

という共通点があります。

 

対して痛くもならなかったので、確定申告の作業はかな〜〜〜りすすみましたとさ(汗)

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
書くと覚える? 書いてるだけで覚えない場合も〜(汗)

確定申告の作業もしつつ、明日に向けての予習〜

 

先日ご紹介した本のことをまとめる(読み終わってからまた一通り見てまとめた。リストアップしたのはどこかに書いていあるんじゃなくて、自分で取り上げたんです〜)のと同様、メモを。

 

ワークショップに出る(自分が参加者、聞く側)時はノートにとるのですが、今回は明日に向けて!なので、使い終わった用紙の裏に書いていきます。

 

ノートの取り方の勉強法があるくらい、重要とされていますが、私自身は書き方にはあんまりこだわりません。

他の人に見せるわけでもなくて、自分が思い出せればいいので。

 

全部話や内容を書かなくても、自分にとって思い出せるポイントをメモったり、明らかに初耳!のことをメモっていきます。

 

ちなみに

・とっても綺麗にノートを取れている

・全ての話をノートにとってあって完璧!

であったとしても、

 

 頭に入っているとは限りません(汗)

 

これ、個別指導の教師のバイトの時に嫌!!!っていうほど体験しました(汗)

 

生徒さんの中に………ノートめちゃくちゃ綺麗だし、きちんと問題までうつしてる子までいるんです。

 

なのに!!!内容さっぱり入ってないの(苦笑)

 

書くことに一生懸命になっちゃってるだけなんです。

 

ノートを書く意味って 綺麗に書くのが目的!

 

ではないはずです(苦笑)

 

勉強の場合は

・要点をまとめるために書く

・覚えるために書く

・思い出すために書く

 

そんな目的があるはずです。

 

ちなみにそんな目的!ってことでしたらば私個人にとっては

 

覚えるために書くわけではありません。

 

書くと覚えられないんだよね〜(苦笑)

脳みそに入れるために書くんじゃなくて、ポイント&思い出すきっかけとして書いてるんです。

 

覚えるときには………ただじ〜〜〜っと

みたり、聞いたり、感じたり

するだけです。

 

本だったらみてるだけ(読むだけでなくてみるの。念写?笑)

話だったら聞いてるだけ(でも思い出したいからちょっとはメモる)

体験(瞑想とかね)だったらただじ〜〜〜っと感じてるだけ

 

身体動かしてるときはインプットしづらいみたい。

だから書いて覚えるとかはない!!!んです。

書くと覚える度合いが減ってしまうんです(笑)

 

書いてるときは脳みそに入れるつもりで書いてるのではなく、むしろ忘れてもいいように書いてます(笑)

 

脳みその容量が小さいので、書きつけるんです。

 

スマホの容量が小さいからクラウドに〜、と同様。

 

だから書いたものを見るのを忘れて『うわ!』ってなることが手帳でよくあります。書いて安心してしまうっていう(苦笑)気をつけよう〜

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
ドリームキラーでも雑魚(笑) 素人、門外漢

やりたいことをやっていくと、なんやかんや言ってくる人がいます。

 

「それって何か意味あるの?」

「何でそんなことするの?」

「それって儲かるの?」

「どうせだったら○○の方がよくない?」

 

全部無視できるのが理想(笑)です。

 

なぜなら、

【自分がやりたいと感じている。ワクワクしている。やる気がある。情熱がある】

ってことの方が大切だからです。

 

いくら大義名分があったり、みんなが認めてくれたり、それこそ収入が高かったり(お金=認められ具合、貢献度合い、と考えるとかなりわかりやすい)しても………

 

自分的に無理

ダメ

ワクワクしない

何とも思わない、ていうかむしろ嫌

 

だったら、長続きしなかったり、続いたとしても我慢が続いて、やりたいことから遠ざかっていく、最終的には自分の感覚が麻痺してやりたいことがわからなくなる………

 

なんて流れになります。

 

人に何か言われて、

「全部が全部無視できないんですけど〜」

っていうのもわからなくはないですが、完全に無視してもいい!ことがあります。

 

それは、言ってきている本人が………

 

その事柄、あなたが取り組んでいることに何の関わり、責任もない。単にあなたの知り合いというだけ(笑)

全くの門外漢、素人

 

の場合です。

 

気になってしまうのはわかります。

 

しかし、あなたが本気で時間や労力やもしかしたらお金をかけて、熱意をもってやっている、やっていこうとしている 何かをかけているのに………

 

その言ってきている人はな〜〜〜んにもかけてないんです。これっぽっちも!ゼロ!!!

 

言いたいから言ってるだけ。

 

一番質(タチ)悪いのは、

『あなたのためを思って』

で言ってくれてるんだけど、全然関係ない、っていうか意味ないっていうか、言ってみただけ系(苦笑)

 

言うのは簡単だけど………

行動する、やるのは難しいじゃないですか?

 

ただ言ってくるだけ………なんて相手にする必要がないんです。

しかも、全然関係なかったり、素人だったら尚更だと思いませんか???

 

こういうの、コーチングではドリームキラーと言います。

夢を破壊する人です(苦笑)

 

ドリームキラー的には心底よかれと思って言ってくれてるんだけど、言われた方にしてみれば凹みます。

 

ドリームキラーは今までどおりのあなたでいて欲しいので、無意識にそう言っちゃうんですよね(汗)

 

今日はそんなドリームキラーにやられちゃってる方もいらっしゃったのでした。

相手に悪気はないんだけど、

そんなの気にしちゃイカン!

ってことです。

 

悪気がないから余計ダメ!不用意に発言しちゃうんだろうなぁ〜、素人のくせに!!!

ってことです(笑)

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
いい結果を出すには…いつものパターンになってるのに気づく!が大切

リアクション(無意識な反応)からレスポンス(意識的反応)に変わっていくために、リアクションをしてしまっていることにまず気づくことが大切ということをお伝えしました。

 

ちなみに、なぜレスポンスをするのか?っていうと、いつものパターンにハマらずに、新たな行動や結果をもたらすために必要だからです。同じことをしてれば同じ結果、同じパターンであれば同じ結果しか出ないので。

 

わかりやすい例を挙げます。

 

首が痛い、肩がこる、腰が痛い、はたまた便秘、呼吸が浅い、お腹や二の腕の肉

 

などなどの症状を持ってる場合、こんなことを言われることがあります。

 

「ねこ背になっちゃってるのが影響してますね〜。もっと姿勢よくしてくださいね〜」と。

 

ねこ背になっていて、不調が出るパターンというのは、その人にとって無意識でそうなってしまっています。

 

それこそ、そうやって言われて、

 

『え?ねこ背?そんなに姿勢悪い?』

 

って思って確認して、ねこ背にはじめて気づく、といったところでしょう。

 

で、その方が

 

『そっか、不調がねこ背から来てるんであれば、いい姿勢にしよう!』

 

と意識します。

 

いい姿勢、という新たなレスポンスをしよう!

 

といったところです。

 

が、いつもいつも

 

『いい姿勢………いい姿勢………』

 

と意識している、お題目のように考えているにも関わらず………ねこ背のままで、不調も治りません。

 

なぜか?

 

・そもそもいい姿勢になったことがない。(ま、これは極端すぎる、汗)

・いい姿勢はわかるんだけれども、いつもその状態でいられない。考えちゃいるんだけど、身体がそれに慣れない。

・無意識のうちにねこ背でいるパターンにならざるえない。

 

という感じ。

 

何がねこ背改善していい姿勢のきっかけになるのかというと………

 

『あれ?今ねこ背じゃない?』

 

って無意識にねこ背になっちゃってることに気づくこと なんです。

 

気づく、っていうのは意識できた!って時に起こることです。

 

姿勢をよくしたければ、悪い姿勢してることに日々気づく必要があります。そしてもちろん修正していくんです。その都度。

 

レスポンス(意識的反応)をしたければ、リアクション(無意識的反応)をしてしまっている自分に気づく(意識した!)必要があるんです。そしてレスポンスにつなげていくんです。

 

考えてはいるから(本当はつもりレベル)

意識はしてるから(本当はつもりレベル)

 

で、姿勢がよくなったり、レスポンスにつながったりするわけじゃないんです。

 

考えてるつもりとか意識してるつもりっていうのは、それこそ無意識でいる状態です。

 

そうじゃなくて、

 

 気づき(意識した!)

 

が必要なんです。

 

『あれ?変な姿勢してる………』

って。

 

『いい姿勢………いい姿勢………』

ってだけでいい姿勢になれません。それだけでいい姿勢になれれば楽なんですけどね〜(汗)

 

当たり前のことなんだけど、このちっちゃい、微妙なことに気づかないと、レスポンス(意識的反応)をすることは難しいですし、レスポンスが難しいってことは、より望む結果を出すことも難しい………ってことになります。

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
平和の裏には戦争 期待の裏には………失望

昨日も、今日も同じ場所でライブ鑑賞。

同じ場所なんだけれども、出てるユニット?バンドは違うっていうあんまりないパターン。

 

昨日はふつ〜にあったのに

今日は全くなくてお客さんがか〜な〜り〜ザワついたもの………

 

それは アンコール ♪

 

お客さんからは、もちろんアンコールが起こった(結構大きく!)のですが………

 

やらなかった(笑)

 

私はライブを見ている時から

 

『むむむ………このセットリストは………アンコールでやるようなのがやっちゃってるし………新曲アンコールに持ってくるパターンか?』

 

なんとな〜くよぎっていたのですが、新曲も本編で演奏なさったので………

 

『これはもしや?』

『喋らずにクールにかっこよく終わるパターン?』

 

と思ってたのと、終わった時間を確認したらいつもと同じくらいの所要時間(笑)だったので………終わったんだろうなぁ〜と感じて、笑ってました。

 

中には結構なブーイング?をされてる方も。

 

『アンコールは絶対にあるもの!』

『ライブにアンコールは欠かせない!』

 

という考え、思い、があるのでしょう。

 

そういう

 

当たり前の期待 

 

があるのでしょう。

 

確かに、どのバンドやユニットでもセットリストを見ると本編とは別のところは

EN 1

EN 2

とあらかじめアンコールの曲も書いてあります。

 

だいたいあるのが当たり前なんだけど、そもそもアンコールなわけだからあって当たり前!ってわけじゃないんです。

いつもの間にかあって当たり前のものとされるようになったというか。

 

アンコールがある!という期待があるんです。

 

期待の裏には、実は失望があります。

平和の裏に戦争があるように。

 

あって当たり前、期待しちゃってるから、失望も大きいんです。

ライブが悪いわけでも全然ない(むしろいい!)のに、失望が大きくなっちゃっったんですよね。

 

いい風にとればそれだけ期待されてるというか、みんな楽しみにしてる!ってことでもあるのですが。

 

しかしまあ、だからってブーイングはないんだけど、やっちゃうんですよね(私はしてない、笑)

 

じゃあそんな風に期待が裏切られた!失望した!って感じちゃった時に、どうしたらいいんでしょう?

それはまた明日〜

| 日常の気付き | 23:59 | - | - | pookmark |
| 1/40PAGES | >>